2021年11月21日 (日)

嬉しい水俣エコハウス

秋の水俣エコハウスです。

Img_6047

Img_5953_20211121123501

干し柿、今年は子どもたちも手伝ってくれました。

Img_5770

コロナが少し落ち着いて、昨日は久し振りに団体見学のお客さんが来られました!

Img_5991

↑ 福岡女子大の皆さん。熱心に見学して下さいました。

Img_6017

Img_6018

↑ 熊本県立大の皆さん。楽しく見ていただき、質問もたくさんしてくれました。

Img_5778

お客さんで賑わうと、管理人もエコハウスも、とても嬉しいのです。

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

[漆喰]左官工事の見学レポ

 

11月12日(金)は、漆喰塗りの現場にお邪魔しました!

「漆喰(しっくい)」は昔ながらの壁塗り材です。

Img_5930

(↑)下地の漆喰と、上塗用と呼ばれている漆喰

高い耐久性を持ち、日本の風土に適した素材であることから、伝統的な城や蔵でも活躍しています。

もちろん文化財だけでなく、学校や病院、社屋などにも多く使用されてきました。

_sdi2458

今日はその漆喰を塗る現場を見学させていただきました。

水俣エコハウスでも使われている漆喰です。

7月のイベント(漆喰塗り体験)が開催できたことと重ねて、実際の様子を伺いながら嬉しくなりました。

Img_5922

Img_5850

Img_5833

(↑)今回の現場にお声がけ下さった溝口さん。水俣エコハウスの漆喰土壁も手掛けました。

_sdi2476

(↑)スタッフのTさん。素早く丁寧な左官の仕事は、眺めていて気持ちがよいです。

 

今回塗られているのは福岡県で製造されている漆喰です。

白い壁なのに眩しすぎない、落ち着いた空間を体感できました。これが伝統的な風合いなのかもしれません。

Img_5894

漆喰をよく練り(この作業は7月の漆喰塗りイベントでも経験)

_sdi2490

Img_5881

コテ板に漆喰を盛る。

Img_5952

デン。何とも言えない存在感です。

Img_5872

スイスイ塗られています。何だか自分にもできそうだ。しかし見るは易し。

Img_5863

(おおーっ)と壁塗りを眺めていると、塗ってみませんか?と溝口さん。

塗ってみたい気持ちと、職人さんの現場に素人が手を出すのは・・・と悩んだ末、

Img_5900

スイスイ

少し塗っただけで、職人さんの技術の高さを思い知ることができました。

でも塗る作業はとても楽しく、いつまでも塗りつづけられそうです。

自分で塗った!という壁が持てることも醍醐味になると思いました。

Img_5928

(↑)左官職人さんは様々なコテを用います。L字型のコテで角を仕上げる等。

Img_5912

(↑)上塗漆喰を塗り終えて約3日目の壁。ここはお手洗いでした。良さそうなトイレですね。

Img_5897

漆喰が完全に乾く前に、「押さえ仕上げ」と呼ばれている最終的な仕上げをします。

上塗漆喰の表面の、微妙な凹凸をコテでならすことで修正していくという作業です。

Img_5921

_sdi2504

溝口さんありがとうございました!

_sdi2445_20211113114801

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年10月30日 (土)

「畳干しにチャレンジ!」しました

前回のブログでは畳の展示を紹介しました。

今回はその畳のお手入れ編の「畳干し」のイベントを紹介します。

 

少し前までは畳干しの風景は当たり前だったようですが、今はめったに見かけなくなりました。

でも、自然素材の畳は湿気を吸収しやすいので、時々換気をしてあげることが大事に長持ちさせる秘訣です。

「畳干し」は、畳のためにも家全体のためにも、とても効果的なお手入れなんです。

 

というわけで・・・畳干しにチャレンジ!

 

講師は渕上畳店の渕上学さんです。

Img_5579

素人でも畳を傷めず簡単に上げられるように、S字フックを改良した「特製畳上げフック」を作ってきてくださいました。

Img_5772

早速このフックを使って畳を上げます。

Img_5598

畳の裏には、畳屋さんの暗号が書いてあります。これは畳の住所です。

畳は全部同じに見えても、実は部屋に合わせて1枚1枚少しずつ形が違うので、

住所通りの場所へ戻さないと、きれいにはまらないんだそうです。

Img_5592

みんなで運んで濡れ縁に干します。藁床畳なので、けっこう重いです。

Img_5605

風に当たった畳、気持ちよさそう。

Img_5610

Img_5617

次は2階の畳にチャレンジ。

ここは畳の上に本棚が置いてあるので、これをどかさないといけません。

下のように筒状にした新聞紙を片側ずつ咬ませてスライドさせると、簡単に移動させることができました。

Img_5668

Img_5673

でも普通のお家では家具を移動させるスペースもない場合が多いのでは?

そういうときは家具はそのままにして、畳の一部をめくって、缶ジュース(しっかりしたもの)や板きれを咬ませてやるだけでも、畳と床下の湿気をとる効果があるそうです。

これなら簡単にできそうですね。

Img_5663_20211030164401

畳が上がったら、普段は見ることのない床下のチェック(痛みがないか、白蟻がきてないかなど)をしましょう。

Img_5687

せっかくだから、掃除をします。

濡らしてちぎった新聞紙やお茶ガラをまくと、ほこりを吸着してすっきり掃けました。

みなさん、ありがとう~。

Img_5714

干した畳を戻しますが、人が良く通る場所はどうしても畳がへこんで段差ができています。

その部分には、畳の下に新聞紙をはさんで高さ調整。

Img_5744_20211030164401

湿気もほこりも段差もなくなって、すっかり気持ち良くなりました。

渕上さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。

Img_5777

皆さんもぜひお家で畳干しにチャレンジしてみてください。

特製畳上げフックはお貸しできますので、必要な方は水俣エコハウスまでご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年10月 1日 (金)

藁床畳(わらどこたたみ)の展示をしています

濡れ縁の木漏れ日が

ずいぶん優しくなりました。

Img_5406

綿の実が実って

Img_5400

コナラの木の下はどんぐり拾い放題。

Img_5403

こんな秋の一日、畳のうえに寝っころがって

本でも読んで過ごしたいですね。

Img_5428

前段が長くなりましたが

今日から畳を紹介する展示を行なっています。

Img_5419

水俣エコハウスの畳は昔ながらの藁床畳です。

Img_5420

この畳の構造や特徴、お手入れの仕方などを紹介しています。

Img_5418

畳屋さんにお借りした実物の道具や

Img_5417

畳クイズもあります。

 

見学された方にはミニミニい草をプレゼント。

Img_5430_20211001173601

12月末まで展示しています。

どうぞ、見にいらしてください。

 

| | コメント (0)

2021年9月 4日 (土)

9月のある日

9月になりました

Img_5190

綿の花が咲いて

Img_5177

玄関では鈴虫が鳴いています

Img_5090

今日、午前中は

お話し合いの会場として使っていただきました

Img_5197

お話のあと庭のいちじくをとって

みんなでにっこり~💓

Img_5199

午後、親子で遊びに来て下さった方は

Img_5200

「ここは涼しいね」と

濡れ縁で竹の水鉄砲を楽しんで行かれました

Img_5202

皆さんに来ていただけると嬉しいです

また来てくださいね

 

Img_5182

Img_5147

| | コメント (0)

«漆喰(しっくい)塗り体験を開催しました