2020年6月27日 (土)

市報連載「水俣エコハウス通信-職人さんに聞く-」③

水俣市の広報誌に連載中の「水俣エコハウス通信」の第3回です!

今号ではQ&A型式で、見学者からよくある質問に田口さんに答えて頂きました。

6_

質問の1つ目について・・・

一般的に「木は傷みやすい」「弱い」というイメージがあるようです。

Cimg3952

設計士の古川さんも「木材は濡れても乾けば長持ちする」と言われています。

骨組みが見えること自体も大事だそう。傷みを初期に発見でき、手入しれながら長く住む住まい方です。

質問2つ目・・・

Cimg3958

エコハウスの室内の柱や梁のヒビを見て「大丈夫なの?」と反応されることも多いですが、答えは「大丈夫」◎

Cimg3962

節についても、「明治世代と(仕事を)やりよったで」という田口さんらしいお答えがいいですよね。

質問3つ目・・・

Cimg3950

エコハウスでは週に1度、手作りのはたきとぬか雑巾がけをしています。その自然なつやが光の加減で美しく現れる時はふと見入ってしまいます。こうやって愛着って育っていくんですね。

Img_2035

(写真は、エコハウスの倉庫の竹製の雨樋を一緒に作り直した時の田口さん)

「色んな意見や見方があるから」と、他と比べたり「これがいいんだ」という言い方はされず、でも「オレはこれが好き」と迷いなく言い切る田口さん。

それが田口さん(のお仕事)の根っこと解かる語りには感じ入ること大でした。

水俣エコハウスを来館者に案内する際に、これがいいと押しつけることなく、ただ自分の内に芯を持って見ていただくことで、伝わる何かが生まれるかもしれない、と思いました。

 

| | コメント (0)

市報連載「水俣エコハウス通信-職人さんに聞くー①②」

 4月から水俣市の広報誌に「水俣エコハウス通信-職人さんに聞くー」と題して連載を行っています!

 タイトルの通り、水俣エコハウスの建設に関わった職人さん達にお話を伺い、エコハウスの特徴を紹介していきます。

20052202

 5月、6月号では、建設時の大工棟梁田口幸男さんにお話を聞きました。

20052201

 ブログでは、短い紙面では掲載できなかったお話を紹介したいと思います😃

 皆さんは「墨付け」って何のことかわかりますか?

 記事にあるように「昔ながらの建て方」では、現場で家を建てる前段階の、木材に寸法などを印してカット・加工する作業も大工さんが行います。現在は「プレカット」といって工場で機械化されてる工程ですね。

00000154

 で!その際に、棟梁が一本一本の木材に寸法を印すことを「墨付け」と言うそうです。鉛筆でもインクでもなく言葉通り、昔から墨を使っているから「墨付け」!

 エコハウスの梁には今も墨の文字や記号が残ってますよ。

Img_4277ed

 棟梁が指図板(設計図に基づいた大工さん用の図面)を見ながら寸法などを墨付けした木材を、のこやのみを使って手で加工していくんですね。そのことを田口さんは「手刻み」「手で刻む」と表現されるのが印象的でした。その数数百本!

00000273

 現場で家を建てる前にこんな大事な仕事があって、機械化される前は大工さん達が腕をふるっていたのですね。

 水俣エコハウスは昔ながらの「木組み」の家だから、この人の手が成す技術が用いられています。

Img_2930

 

 聞いたこともない言葉(田口さんには日常語!)がポンポン出てくる田口さんのお話を伺いながら、受け継ぐというのは単に技術のことではないんだなあ。その技術を生んできた言葉やものの見方や価値観などを含めた1つの世界を生きる姿、そのものなんだなあと感じ入りました。

Img_2119

Img_2107

 

 「よかっじゃが(いいんだよ)、それで」といつも背中を押して下さる田口さん。

 手と経験の世界を生きる田口さん達、職人さんとの時間は、頭人間になりやすいゲンダイ人の私の風通しをよくしてくれます。

Img_4248

 そんな職人さん達の手による水俣エコハウスだからこそ、今日も気持ちの良い風が流れています。

 来月以降の連載もお楽しみに!

 

 

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

あくまき作りのまき②

さあ、今日は本番です。

Img_3868

朝イチでもち米を灰汁(あく)に浸けます。

普通はその前にいったん水に浸けておくのですが、今回は無洗米を使ったのでそこは省略。

先日ここで作った灰汁と、試しに市販の灰汁と、2種類作ってみることにしました。

約5時間浸けます。灰汁が違うと色も吸水ぐあいも違ってておもしろい。

Img_3869

ザルにあけます。

次に竹の皮を準備します。

Img_3865

この竹皮も田畑さんにいただきました。

1年前に孟宗竹の皮を採って洗って干しておいたものだそうです。

Img_3938

前日に水で戻して、ちょうど良い大きさに切って使います。

Img_3926

広げた中にもち米を入れて包みます。

片方に寄らないように、はみださないように。

Img_3929

竹皮を割いた紐で結わえます。

Img_3915

「きつすぎると、炊きあがった時赤ちゃんの腕みたいになるから、やさしくね。」

「なるほどね~」「これくらいかな?」

Img_3937

包み終わりました。

Img_3939

ここから、本当は外のかまどで4時間くらいかけて炊くそうですが、

あいにくの雨模様のため室内で圧力鍋で炊くことにしました。

Img_3950

約1時間。

Img_4030

あくまきだ!

Img_4034

切るときは竹の皮の紐で縛るようにすると、気持ち良く切れるんですね。

(今まで包丁で切っていました💦)

Img_4042

きな粉とお砂糖をかけていただきました。美味しい~~。

 

それにしても、今回はすべて田畑さんに教えてもらって作りました。

灰汁の濃さも浸けかげんも炊き方も、経験による勘が大事で、即席で上手にできるものではなさそうです。

だからこそ、伝えられていってほしいなと思いました。

Img_4045

田畑千代子さん、何日もかけてていねいに教えてくださって本当にありがとうございました。

お隣は息子さんの田畑課長です。段取りから荷物運びからお鍋の番まで、大変お世話になりました。

Img_3916

またエコハウスで、みんなで作りたいな。

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

あくまき作りのまき①

先日いただいたあくまきがとても美味しくて、

作り方を教えていただくことになりました。

Img_3561

「あくまき」は、南九州地域の郷土の保存食です。

もち米を、木灰からつくった灰汁(あく)に浸けて、竹皮で包んで炊いたもので、独特の風味と食感が特徴です。

端午の節句に各家庭で作られていて、この辺りでは「あくだご」、「ちまき」とも言われています。(ちなみに私は水俣に来るまで知りませんでした。)

Img_3823

教えてくださるのは、神川にお住まいの田畑千代子さん。

くまもとふるさと食の名人として県の認定も受けておられます。

あくまきは、もう50年以上毎年欠かさず(しかもとてもたくさん!)作っておられるそうです。

ではよろしくお願い致します。

Img_3604

まず、灰汁を作ります。

水俣エコハウスには薪ストーブで出た灰がたくさんあるので、これを利用します。

Img_3612

ふるいにかけてさらさらの粉に。

そこへお湯を注いで

Img_3642

ゆるく固めて

布巾を敷いたザルに入れます。

Img_3659

ぺたぺた。

大きな山を作ります。

Img_3668

Img_3671

てっぺんを窪ませて、噴火口みたいですね。

そこへ少しずつ水を注いで

灰の中に染みわたって滲み出るのをじっと待ちます。

Img_3700 Img_3703

全部染み出たらまた継ぎ足して、を繰り返して約5時間。

Img_3770

下のボールに灰汁がとれました。

なめてみたら、飛び上がるほどの刺激!

Img_3814

このままではアルカリが強すぎるので、味見をしながらちょうどいい加減に水で薄めます。

Img_3854

もち米を浸ける灰汁の完成です。

今日はここまで。ありがとうございました😃

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

5月です

5月です。

Img_3590

この前までストーブをつけていたのが嘘みたいな陽気で

Img_3571

Img_3467

Img_3425

エコハウスのまわりは次々に花が咲いてにぎやかです。

Img_3583

メダカの赤ちゃんも生まれました。つーいつい。

Img_3565

今日は端午の節句で、あくまきをいただきました💓

わーいわーい。

Img_3573

| | コメント (0)

«水俣エコハウスの看板(磨いて彫って補修中)