« 一足早い芸術の秋? | トップページ | 雨のカーテン »

2010年8月31日 (火)

水俣エコハウスの秘密・・その2

この写真の中のある方にスポットライトを当てます。
今回の主役はだぁ~れ?Imgp0666


 

今回の主役は・・桁(けた)です!(パチパチパチ)外に出ている部分です。
Imgp0668 Q.桁の小口が斜めに切り込んであるのは?下側の溝にはどういう理由があるの?
                        ・
                        ・
                        ・
A.桁の小口にかかった雨が水引して、梁の割れから壁の中に水が入るのを防ぐ為です。つまり梁にはヒビが入ることを前提に考えているのです。

 
 

Imgp0671 同じ理由から桁だけでなく、梁や垂木(写真には写っていませんが・・)や腕木も斜めにカットされています。深い!深いよ!水俣エコハウス。

 

Imgp0679 これは北側にある、梁材の外に出た部分です。他の梁は庇の下などにあって雨に濡れる心配は殆どないのですが、北側は吹きさらし状態なので雨風から守るために、屋根(梁カバー)付きなのです。全体を囲まなかったのは、木が蒸れるのを防ぐ為だそう。

 

Imgp0672_2

沢山並ぶと風情があって素敵でしょう?

 

「百聞は一見に如かず」の言葉どおり、ぜひご自分の目で見て、体感しにいらして下さい。私達管理人ズもご案内しますが、ご自分で謎を探して考えてみるのもまた一興かもしれません。

|

« 一足早い芸術の秋? | トップページ | 雨のカーテン »

水俣エコハウスの秘密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水俣エコハウスの秘密・・その2:

« 一足早い芸術の秋? | トップページ | 雨のカーテン »