« 水俣エコハウスの『エコ』 | トップページ | モスラ襲来! »

2010年8月18日 (水)

水俣エコハウスの秘密・・その1

Imgp0563 棟木を風雨から守り、柱が露出して見えるのを隠すために破風板(はふいた)という板をつけます。この破風板が、水俣エコハウスでは二重になっています。何故でしょうか?                          

破風板・・・その名の通り、風雨にさらされてとっても痛みやすいところなのです。外側を取り替えることは容易なので、二重にしているらしいのです。。。なるほど~  

  

 

 

てっぺんでハの字に合わさる部分を拝みと呼びます。 余談ですが、『手を合わせて拝む』の『拝む』の語源はここからきているそうですよ。Imgp0564_5

メンテナンスをしながら、親から子へ、子から孫へ・・残したい家。。。

Imgp0566_5 「あなた達がおばあちゃんになってここへ来た時に、変わらず水俣エコハウスがあったら、すごく嬉しいだろうね!それが出来るお家なんだから・・。」とお客様に言われた事を思い出しました。

何十年後、おばあちゃんになった私達が水俣エコハウスに向かって拝んでいる姿がそこにあったら・・・なんて想像して、ほくほくと温かい気持ちになります。(´▽`)

|

« 水俣エコハウスの『エコ』 | トップページ | モスラ襲来! »

水俣エコハウスの秘密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水俣エコハウスの秘密・・その1:

« 水俣エコハウスの『エコ』 | トップページ | モスラ襲来! »