« エコハウスの謎・・その1 | トップページ | お知らせ »

2010年8月 5日 (木)

木材見学会「山の話・木の話」がありました

8月4日に、木材見学会がありました。

Img_1277

水俣の宝川内地方の市有林で、実際に木を伐採する体験と、講習会が開催されました。

建築業に関わる方やいろんな人に、もっと木と山のことを知ってもらおうという趣旨のイベントです。

今回は、水俣工業高校の建築家の生徒さんも参加されました。

Img_1290_2

聴診器で木が水を吸い上げる音を聞いています↑

「ゴー」という音がするそうです!

 

木を実際に伐る体験も。

水俣で林業を営んでらっしゃる吉井さんの指導の下、高校生に切ってもらいました。

今回は、チェーンソーではなく、昔ながらのやり方のノコギリで切ります。

Img_1296_2

倒れる方向に「受け口」をつくり、反対から切っていきます。

Img_1311_3

Img_1317_2

Img_1322_2

切った木は、水俣エコハウスの物置を建てるときに使います。

梢の細い部分は、ちゃんと捨てずにエコハウスの薪ストーブの燃料にします。

 

Img_1325_2

この後、愛林館で講習会があり、水俣エコハウスの設計者の古川さんと、吉井さんに、いろんな木の話をしていただきました。

木を育てる側と、木で家を建てる側の、興味深いお話が聞けました。

Img_1341

 

参加者みなさんにとって、とても貴重な体験となりました。

 

 

|

« エコハウスの謎・・その1 | トップページ | お知らせ »

エコハウス普及イベント」カテゴリの記事

コメント

森のなかでの木材見学会。参加したかったです。様子がよくわかります。これからのイベントの案内を事前にブログでご紹介ください。

投稿: エコうさぎ | 2010年8月 5日 (木) 17時20分

人は何に感動するかわかりません。木は生きていることを理解するには聴診器で木が水を吸い上げる音を聴くことが一番です。
全員がびっくりしていました。
高校生に感想を聞いたら、切った木が40年も育てたのに。大根と同じく1本200円しかしないということでした。みんなが安すぎると思うのにどうしてそうなるのでしょうか。

投稿: せっけい士 | 2010年8月 6日 (金) 12時38分

>エコうさぎさん
そうですね!
一般の方向けのイベントは今後お知らせしていこうと思います。

>せっけい士さん
一本200円は安すぎますね(´・ω・`)
外材に関税をかければまだいいのでしょうか。。。
国産材100%になることを願うばかりです。

投稿: 管理人 | 2010年8月 7日 (土) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木材見学会「山の話・木の話」がありました:

« エコハウスの謎・・その1 | トップページ | お知らせ »