« 大雪 | トップページ | 鳥から学んだエコロジー »

2011年1月15日 (土)

「リサイクル石けんと手作りブルーベリージャム教室」がありました

ご報告が遅くなりましたが、去る12月5日(日)に、水俣エコハウスにて「リサイクル石けんと手作りブルーベリージャム教室」がありました。

 

参加者は18名。お子さん連れも多く、お子さんを合わせると25名は集まりました。

 Imgp1611

リサイクル石けん作りは、「エコネットみなまた」の石けん工場から、永野隆文さんに来ていただき、指導してもらいました。

 Imgp1613

Imgp1615

Imgp1621

Imgp1623

今回作った石けんは、廃油を使って石けんを作るエコロジーな石けんです。

合成界面活性剤を入れていないので、川や海に流しても、魚や有用微生物を殺すことはなく、環境にやさしい石けんになっています。

海を汚したことから水俣病は発生しました。しかし、家庭で普段使っている石けんや洗剤が海や川を汚しているということを意識している人は、結構少ないと思います。永野さんは、そういった知識を広めるためにも、石けん作り教室をしているそうです。

水俣エコハウスでは、環境にやさしい石けんや洗剤(合成界面活性剤を不使用なもの)を使っています。

今回の教室を通じて、多くの人にもっと環境意識を持ってもらえたら…と思います。

Imgp1626

無農薬ブルーベリージャム作り教室は、こちらも「エコネットみなまた」のはんのうれん(農水産加工部門)の大澤菜穂子さんに来ていただき、指導してもらいました。

Imgp1633

Imgp1634

ジャムに使うブルーベリーは、水俣・石飛産の、果実に農薬をかけていないブルーベリーと、水俣産の黒砂糖、水俣産のはちみつを使いました。

無農薬で土壌を汚染しないことと、地元産で輸送に無駄なエネルギーを使っておらず、更に無添加なので、環境にも人にもやさしい美味しいジャムを作りました。

Imgp1650

Imgp1651


Imgp1653

当日は、市職員の方々も子守助っ人に入り、わいわい賑やかに子どもたちと教室を楽しみました。

指導に来ていただいたエコネットみなまたのお二方をはじめ、参加されたお母さん方に、掃除まで手伝っていただき、みなさんに助けられながら、無事イベントを終えることができました。

 

みなさんありがとうございました!!

|

« 大雪 | トップページ | 鳥から学んだエコロジー »

エコハウス普及イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「リサイクル石けんと手作りブルーベリージャム教室」がありました:

« 大雪 | トップページ | 鳥から学んだエコロジー »