« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月11日 (木)

百姓塾に参加しました\(^o^)/

こんにちは(o^-^o)

 

朝晩涼しくなり秋を感じるこの頃ですがいかがお過ごしですか?

先日9月29日土曜日、エコハウスを休館にして百姓塾に参加しました

講師は自然栽培 天草育組の代表である馬場照昭さんです

Cimg0668

天草で牛飼いでの農業を行っていましたが、無肥料・無農薬栽培の農産物の大切さを気づき野菜作りへ転換して5年目。現在は栽培技術普及、食育活動を各地で行っていらっしゃいます

馬場さんのブログはこちらです

「へんなおじさん」http://ameblo.jp/nanda-kanda-oioi/entry-11356038107.html?frm_src=thumb_module

講習会には、家庭菜園から本格的な野菜作りを目指す方々、15名ほどが参加されました

Cimg0664

今回、馬場さんのお話の中で、ポイントとなっていたのは「土づくり」でした

肥料は、早く、たくさんの量を採ろうという人間の都合によって使われるようになったもので、本来植物が持っている成長しようとする力を妨げているそうです

結果、植物が弱っているとのこと

人間と同じように、植物が元気な時は、虫や病気にかかりにくいそうで、

虫は健康な野菜を食べると体を壊すので、弱った野菜を好んで食べるそうです

土の中にいる微生物を増やし、その働きを利用することで、植物はエネルギーを発揮できるのです

植物は、「光」「水」「空気」があれば自らエネルギーを作ることが出来ます

虫についても、馬場さんは「害虫はいない」とおっしゃっていました

小さな虫は大きな虫に食べられ、それを繰り返し、食物連鎖で成り立っているということ

また、土の様子を表すために、「荒れ地」(痩せた土地)と「メタボ」(肥えた土地)と名前をつけて、それぞれに必要な栄養分を教えて下さいました

「荒れ地」の場合は、夏はソルゴーとクロタラリア、冬は麦とベッチを蒔くといいそうです

クロタラリアやベッチのようなマメ科には、根粒菌といって土に栄養素を与える役割があります

身近なところでは、大豆・枝豆を作るといいそうです

反対に、「メタボ」の場合には、マメ科を植えるのを避けた方がいいそうです

良い状態の土は、触ってみるとフワッと柔らかく、微生物の働きによって暖かいということ

他のポイントとしては、野菜の近くの草は抜かないで、根元から切り取る

草の根は、広くはっているため、野菜の根まで切ってしまうからです

途中で、馬場さんが作られた無肥料・無農薬の玉ねぎとオクラを試食しました

玉ねぎもオクラもとても甘く、野菜本来の優しい味がじわ~っとしてきて、美味しかったです

Cimg0669

最後に、参加者のみなさんはたくさん質問していらっしゃいました

今まで、肥料や農薬を使っていたけど、今後方向転換していきたいという方など、とても熱心に聞いていました

私たちは、ド素人なので専門的な話はわからなかったのですが・・・

野菜作りに対する根本的な考え方が、少し変わったような気がします

Cimg0670

講習の後は、生憎の雨でしたが、場所を移して坂田建設さんの畑を見学に行きました

Cimg0675

ここでは、今年の春からアボカド栽培に挑戦しているとのこと

でも、枯れてしまったり上手く育たないということで、馬場さんにアドバイスをもらっていました

これが、アボカドの木です

Cimg0683

水俣でも、アボカドが食べられるようになるといいですね

Cimg0684

今回の百姓塾はこれで終了しましたが、次回は3月に開講予定です

興味のある方は、是非参加してみてはいかかでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

ピカピカ泥だんごを作りました♪

みなさん、こんにちは

9月28日(金)に、溝口工業さんご指導の下、水俣第一小学校学童クラブの子供たちが

土壁塗り体験&泥だんご作りを行いました

当日は、朝から天気が良く真夏のような陽射しでした

校庭にテントを張り、準備完了

子供たちは暑さに関係なく、元気いっぱいにやって来ました

今回お世話になった、溝口工業の方です

どうもありがとうございました

Img_0508

まずは、土壁づくりの基本を見せて頂き、

竹を組んだ『小舞』と呼ばれる基礎部分に、赤土と藁を混ぜ込んだものを塗りつけました

今回使用された赤土は、八代から持ってこられたということでした

Img_0423

Img_0440_2

Img_0451_2

1年生の子が、「この中ミミズいるんですか~!?」という質問をしていました

女の子たちは、最初「え~!きたなーい!」と言って、なかなか触ろうとしませんでしたが、

一度触ると土の感触が気に入ったらしく、何度も繰り返し塗っていました

Img_0473

Img_0484_2

子供たちが塗りつけたあと、コテを使って左官さんが均一に伸ばし、きれいに仕上げました

次に、左官さんが丸く固めてくださった泥だんごを、子供たちに配りました

それに、漆喰と石灰を混ぜた白いものを薄く均一に伸ばしていきます

この作業がなかなか難しく、みんな苦戦していました

でも、この作業をきれいにすることで、最後の出来がつるつるピカピカになるポイントです

Img_0493

Cimg0609_2

Img_0517

次は、色付け作業です

今回は「赤・青・黄色・緑」の4色を使用しました

その中から、好きな色を選びそれぞれ塗っていきます

上塗りしてから、小さなコップやおちょこでピカピカになるまで磨きました

子供たちは、だんだんピカピカになっていく様子に感動して、一生懸命磨いていて

「きゅっきゅっ」という音がすると、興奮していました

Img_0527

Img_0535_2

きれいな泥だんごに仕上がると、みんな「見てみてー!」と言って、自分の泥だんごを自慢していました

中には、「1日中やっていたい!」と言っていた子もいました

Img_0537_2

とても楽しい時間になったようです

みんな、素敵な宝物ができてよかったねヽ(´▽`)/

Img_0540

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

豆腐づくり体験募集締め切りのお知らせ

みなさん、こんにちは

先日ブログにてお知らせした、豆腐づくり体験の募集は

ご好評につき定員に達したため、締め切らせていただきます

たくさんのご応募ありがとうございました

残念ながら今回参加できなかった方は、次回のイベントに是非ご参加くださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

イベント告知

こんにちは

今日は皆さんにお知らせがあります

水俣エコハウスでは秋のイベントを開催し致します

    『豆腐作り体験会』

Cimg0585_102_2


    日 時:平成24年10月27日(土)

          10時~13時30分

     場 所:水俣エコハウス

     持ち物:マイ箸、マイお茶、エプロン、三角巾、ご飯茶碗、汁碗、お皿

地元産の大豆を使った豆腐を作ります

省エネを意識して電気・ガスではなくかまどを使って調理します

また食材を無駄にしないために、おからを使用した料理にも挑戦します

昼食に大豆のフルコースを味わってみませんか?

Cimg0552_102_3


Cimg0553_102_2

Cimg0574_102

 

今回のイベントは先着10名となっておりますので、参加を希望される方は

水俣エコハウス  0966-84-9006にお電話ください

開館:10:00~16:00(休館日 月曜)土・日も受け付けます

ご参加お待ちしております

Cimg0594_102_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »