« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月23日 (金)

☆イベント告知☆

こんにちは

11月も後半になりましたが、今日は皆さんにお知らせがあります

水俣エコハウスでは、冬のイベントを開催いたします

「身近な材料が生まれ変わる!クリスマスオーナメント作り」

Img_0794_01

自然の素材や本来ゴミになる材料を使ってなるべくお金をかけずに自分だけのクリスマスオーナメント(装飾品)を作りませんか?また作業中には、薪ストーブの熱を利用して普段味わうことのできないどんぐりクッキーづくりも行います

日時   12月1日 土曜日 13時~16時まで

場所   水俣エコハウス

持参品  オーナメント(装飾品)作りで使いたい材料

      {お菓子の空き箱、包装紙、リボンなど}

      はさみ、のり、ボンド

     ※刃物を扱いますので小学生以下は、保護者同伴でご参加お願い致します

定員    16名程度

申し込み・問い合わせ先 水俣エコハウス ☎0966-84-9006

開館時間 10時~16時まで

休館日   月曜日(土曜、日曜も受け付けます

Cimg1011_01


みなさんのご参加、お待ちしております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

☆お知らせ☆

こんにちは

皆さまいかがお過ごしでしょうか

    11月24日 土曜日

 

                 講習会参加の為

                    臨時休館致します

翌日11月25日曜日からは、通常通りです

Cimg0477_412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

2012薪ストーブ火入れ式

みなさん、こんにちは( ^ω^ )

気がつけば水俣でも色づく木々が増え、一気に季節の変わり目を感じております

同時に、一段と冷え込む日も多くなってきました

という訳で、今年もエコハウスでは薪ストーブを使い始めました

Cimg0889

そして、11月6日に恒例の薪ストーブ火入れ式を行いました

また火入れ式に合わせ、お馴染みの篠計画工房 篠節子さんに、今年の夏に視察に行かれたというデンマーク、ドイツ、スイスの報告会を行っていただきました

Img_0742


写真も見せていただき、日本では見ることのできない家や建築物がたくさんあって、非常に興味深かったです

Img_0734


篠さんも、薪ストーブに火がつくか気になっている様子です

火をつけるということは、簡単なようでとても難しいのです・・・

Img_0733

現代の生活では、火をつけるといえばキャンプで料理をする時くらいかなと思いますが、

普段から日常的に火を使っている地元の方々は、葉っぱや木を集めてあっという間に火をつけてしまいます

同じようにやっているつもりでも、いざ自分でつけるとなるとなかなか上手くいきません

きっと長年の経験なのでしょう・・・

日頃当たり前のように、スイッチ一つで火がつけられる生活に慣れてしまっていることを考えたら、改めて火の大切さを実感しました

Img_0744_3

夜のエコハウスは、昼間の雰囲気とまた変わって、木の温もりと優しい光に包まれて素敵な空間になります

管理人も、なかなか夜のエコハウスを体験することはないので、とても楽しい時間となりました

私たちも、早く薪ストーブの火を扱えるようになって、暖かいエコハウスにして皆さんをお待ちしております

是非、冬支度をしたエコハウスに一度遊びに来てくださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

豆腐づくり体験イベント

こんにちは

最近朝晩冷え込みますが、いかがお過ごしでしょうか

そろそろストーブが恋しい季節になりました

やっと絨毯を出して冬支度をしました

10月27日にエコハウスでは池田先生にご指導いただき

豆腐づくりイベントが行われました

大変な人気で定員にすぐ達した為残念ながら参加できなかった方もいらっしゃいました

今回は地元産の材料を使ってなるべく電気やガスも使わずに昔ながらの調理器具を利用して豆腐をつくり、その時出来たおからも無駄にせず料理を作りました

早速豆腐づくりのスタートです

Cimg0815_1030_2

まずは一晩水につけて置いた大豆をすり鉢を使って潰します

Cimg0819_1030_6

すり潰した大豆を沸騰したお湯の中へ入れます

Img_0612_1030_6

再び沸騰するまで焦げないようによく混ぜます

Cimg0835_1030_2

こし袋でこします

Img_0632_1030

木べらで押しながら豆乳を絞ります

Cimg0861_1030

絞って出来たおからです

 

Cimg0842_1030

豆乳を再び鍋に移して、沸騰寸前まで煮て80度まで冷ましてにがりを加えます

鍋肌から優しく混ぜ、しばらく置きます

Cimg0844_1030

うわずみ液をとります

Cimg0848_1030

固まってきたらザルに移して出来上がりです

 

Cimg0846_1030

豆腐、おからの酢の物、ひじきと野菜とおからの炒め物、呉汁、ざぜん豆、煮干しの佃煮

お釜で炊いたご飯を昼食に食べました

Img_0716_1030


Img_0724_1030

最後に感想や反省を出し合いました

各自ですり鉢を持参した方がもっと早く大豆を潰せた

豆腐を作っていく中で大変な手間と時間がかかり食への感謝と職人さんの苦労を改めて感じることが出来た

家族で参加すると男性が力仕事と役割分担が出来て共同で作業が出来ることが良かった

かまどで料理をしてみて昔は大変だったなぁと思った

子供たちがいつもは残すのに完食したので親がびっくりした

大豆ひとつからこんなにたくさんの料理が出来ることを知ることが出来た

失敗しながら何度も作って挑戦してほしいなど

たくさんの意見が出されました

家庭では簡単にミキサーを使ったりガスで調理できるので

皆さんも興味がある方は是非挑戦されてみて下さいね

外でかまどを使って作業するので天気が心配でしたが、

雨が降らずに良かったです

では次回もお楽しみに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »