« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月27日 (木)

年末年始についてお知らせ

みなさん、こんにちは

今年もあと数日になりましたが、やり残しはありませんか

たくさんのご来館ありがとうございました

Cimg1164_1227


エコハウスは

     平成24年12月29日(土)~

           平成25年1月3日(木)

                 年末年始の為休館します

平成25年1月4日(金)から通常通り開館します

Cimg1165_1227

Cimg1166_1227

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

冬のイベント クリスマスオーナメント作り

みなさん、こんにちはヽ(´▽`)/

12月に入り今年も残り少なくなりましたが、いかがお過ごしですか

エコハウスでは冬のイベント

「身近な素材が生まれ変わる!クリスマスオーナメント作り」を行いました

オーナメントを作る時間を利用して薪ストーブでどんぐりぼうろを作りました 

Img_081101

どんぐりにはたくさんの種類があり、いろんなドングリを使って作ってみました

シイの種類(マテバシイ)がアクが少なくてお勧めです

Img_081702

Img_084006

子供も大人も大好評でした

みなさんも下処理は大変ですが、興味と時間のある方は作ってみて下さい

美味しいですよ

オーナメント作りでは、松ぼっくりの大きいのを使って色々な種類のどんぐりや木の実を使ってツリーやリースを作ったりしました

こんなにいろんな種類があることを初めて知りました

木の葉を見ただけでどんぐりが実っていることが分かるようになりましたよ

Img_082103

またペットボトルの底を使ったものや段ボールにチラシや包装紙などを貼ってオリジナルのオーナメントを作ったり、

卵のパックを使ったサンタさんなど何個も作り夢中になっていました

Img_083204

親子で参加していただきましたが、騒ぐこともなくとても楽しそうでした

Img_083305

自分が作ったオーナメントを自慢しあっていましたよ

Cimg1045_2


出来上がったクリスマスオーナメントは手作りの流木ツリーに飾りました

Img_085807

最後に、一人ひとり今日のイベントについて感想を発表し、作った作品を披露してもらいました

みなさん「楽しかったです」と口を揃えていらっしゃいました

子供たちの表情を見れば、それがすごくよく伝わってきました

私たちも嬉しくなりました

Cimg105608

お土産のどんぐりぼうろです

身近な材料を使って自分で作ったものは愛着もわき、そういう楽しみ方を大切にする

生活をしてもらえたらいいなと思いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

寄せ植え講習会に参加しました!!

みなさんこんにちは(o^-^o)

先日11月24日(土)エコハウスを休館して花の寄せ植え講習会に参加しました

講師は「趣味の園芸ビギナーズ」の講師でもあります

“大出 英子”さんです

Rimg0032_01

大出さんは、両親ともに園芸家という家庭に育ち、小さい頃から植物と一緒に暮らしてきたそうです

東京農業大学卒業後、英国王立園芸協会Wisley Garden Student Courseで、イギリスの園芸文化やガーデニングを学ばれました。

帰国後、東京農業大学大学院修士課程を経て、大手ゼネコンで緑化技術や汚染土壌の浄化技術など環境改善技術の研究開発にたずさわり、現在は、目白大学短期大学部生活科学科准教授でもいらっしゃいます

講演では、イギリスやフランスなどガーデンの様々なガーデンの写真と一緒に、ヨーロッパ(特にイギリス人)のガーデンに対する考え方をお話してくださいました

日本人の考え方とは異なる部分も多く、日本で言う「イングリッシュガーデン」というお花がたくさんあるお庭と、本当のイングリッシュガーデンは違うということ

実際のイングリッシュガーデンは、自然そのままの風景を活かした緑豊かなお庭、お花がたくさんあったり、華やかなイメージとはかけ離れていました

(イメージとしては、日本庭園と近いかもしれません・・・)

Rimg001505

また、お花を活けたり飾ったりするときも、買うことはあまりせず、自分の庭で採れたものを使うという考えが基本ということでした

大出さんもおっしゃっていたように、「育てるだけでなく、暮らしの中に植物を」という考え方が当たり前にあるのでしょう

日本もつい最近まではそのような考え方が当たり前だったのかもしれませんが、今では消費型生活スタイルが進み、田舎のおばあちゃんのような暮らし方の中にしか残っていないのかもしれませんね

そして、みなさん自分のお庭を自慢をしあうことが日課とのこと

それだけ、自分のお庭に愛をもって手入れをされているんでしょうね

また、そういう仲間がいることによって、刺激もあり自然に囲まれた楽しい生活ができるのだと思います

大出さんがイギリスで一番苦労したことは、「植物の名前を学名で覚える」ということだそうです

日本では、学名で知っている植物はほとんどないと思いますが、イギリスでは子供のころから学名を使って植物を覚えるそうです

なので、日本の花を海外の人に伝えようとしても、なかなか伝わらないということになりますね

もうひとつ感心したことは、花屋さんや植木屋さんでは、種類別、さらにどんな環境に適した植物かという種類別に分類されて並べてあるということ

 (日当たりが良い場所に向いている植物、乾燥した場所に適した植物、湿地に適した植物・・・など)

このように分類してあると、買った後のこともイメージしやすいのでとても助かるな~と思いました

日本でもこのような売り方をしたら、売上も上がりそうですよね

Rimg001303
(※写真はイギリスで苗を売っている様子です。それぞれに説明が書いてあるそうです)

そんなふうに、ガーデニングをしながら自分なりの楽しみ方を見つけられたらいいなぁと思いました

講演のあとは、各グループに分かれ、寄せ植えの実演です

まずは、大出さんの植え方デモンストレーション

Rimg004206

あざやかな手さばきで、次々に花を植えていきます

私たち管理人も寄せ植えに挑戦しました

Rimg004802

今回は、こんな種類の花を使用しました

Rimg0027

先生の植え方を見ているときは、そんなに難しそうには見えなかったのですが、

いざ、自分でやるとなると、花を配置する感覚や微妙なバランスを調整するのがとても難しかったです

グループで一つと、個人で一つ、計二つのプランターに寄せ植えをしました

Rimg002104_2

注意点としては、水のやりすぎは禁物

根っこは呼吸しているので、過度に水を与えすぎると酸欠状態に陥ってしまうそうです

これまで、興味はあったものの「寄せ植えって難しそうだなー。どうやっていいかわからないし・・・」と諦めていましたが、講習を受けたことで、気軽に楽しみながら始められるような気がしてきました

今回、私たちが寄せ植えしたプランターは、エコハウス玄関に飾ってあります

お花がひとつあるだけで、玄関の印象がグッと変わりました

Cimg1022_07

これからは、注意点に気を付けながら、花が活き活きと育つようにお手入れを頑張りたいと思います

みなさんも是非一度、エコハウスに遊びにきてみてくださいねヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »