« Newコンポスト!! | トップページ | 春 »

2013年3月31日 (日)

みなまた環境大学

みなさん、こんにちは

 

桜もあっという間に満開になり、早くも緑の芽が顔を出しています
 
毎日、うぐいすの声も聴こえてきて、春だなぁと改めて感じます

水俣エコハウスでは、31619日に「みなまた環境大学」が開講されました

同時期に開かれる国際ワークキャンプのメンバーも加わり、日本・韓国・ロシア・ドイツ・フランス・ポーランド・イギリス・タイから、総勢15名の参加者が集まりました

「みなまた環境大学」では、主にエコハウスのバンブーゲート製作、

石積みコンポスト製作、竹炭作り、水俣病資料館の見学やディスカッションなど盛りだくさんのスケジュールでした

参加者は、エコハウスに体験宿泊をして、居心地の良さを感じてもらいました

みなさんぐっすりよく眠れたと嬉しそうに言っていました

17日は、篠節子さんによるエコライフセミナーが開かれ、水俣エコハウスの説明・見学をしていただきました

Img_1462_2

Img_1472_3

Img_1486

世界各国の人たちがいるので、それぞれの考え方や国の違いから様々な意見や質問があり、自分にはない視点から考えるという良い機会になりました

 

Img_1493


Img_1503


「水俣病がなかったら、この水俣エコハウスというものは別のかたち(スタイル・コンセプト)のものになっていましたか?」
 
「耐震性の心配は?」といったような質問が出ました

夜には、「地球一個のくらし」というテーマで、それぞれの暮らしとエネルギーについてのワークショップが開かれました。

 

Img_1527

Img_1531

 

住んでいる国やライフスタイルは違っても、エネルギーを減らしていきたい!という想いはみんな共通しています

そのためにはまず、自分たちが日常の中で普段どのくらいのエネルギー、電力を使っているのかを知ることが大事です

Img_1534

 

そこで、エコハウスにあるすべての電化製品をみんなで協力して調べていきました

普段何気なく使っていますが、ワット数を見ることはほとんどないので、高出力の製品などを発見することができました

Img_1543


Img_1545


集めたデータは後日まとめて、エコライフづくりの参考にする予定です

 

また、「どんな家が快適だと思いますか?」

「どんな気温・体感温度が心地よいと思いますか?」といった質問に対して、
 
みんなおもしろい答えをたくさん出してくれました

Img_1551

 

18日の夜は、水俣病患者で漁師でもある、緒方正人さんをお迎えしてディスカッションが行われました

Img_1581


緒方さんは、30年前に水俣病申請を取消し、そこから「いのち」について考え、人間社会の中での葛藤、様々なものと戦ってきたそうです。

日本語でのディスカッションも、言葉にするのにはなかなか難しい内容だったので、英語で通訳が必要な外国人参加者にはもっと苦労したかと思いましたが、

みんな一生懸命耳を傾け、それぞれの気持ちを言葉にして伝えていました

Img_1579

Img_1584

ここに集まった人たちは、年齢も住んでいる場所もバラバラですが、「このままではいけない」と何か共通する想いをもっているように感じました

Img_1586

Img_1590


それぞれが持っている素直な気持ちや想いを、他の人と共有できる場所はほとんどないので、

このエコハウスでの時間は一人ひとりにとってとても貴重な体験になったのではないでしょうか

そして、このような場が今の時代にもっと必要なのではないかなと思いました

みなさん、どうもありがとうございました。

Img_1599


|

« Newコンポスト!! | トップページ | 春 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みなまた環境大学:

« Newコンポスト!! | トップページ | 春 »