« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月27日 (火)

イチジク収穫

ここ数日、熊本県内は集中豪雨に見舞われましたが
水俣市は時折強く降った程度で特に被害はなかったようです。

お盆を過ぎてからも猛暑が続いていましたが
時折吹く風はやや冷たく、館内もだいぶ過ごしやすくなってきました。
そのせいか、秋に熟すはずのイチジクが一気に熟し始めました!

Dsc_6058

水俣エコハウスの初代管理人さんがイチジクの木を植えて3年半…。
振り返る限り、こんなにたくさんの実が熟したのは今回が初めてのようです。

スーパー等で売られているものよりも小ぶりですが
甘みも強く、とてもおいしかったです

夏野菜の収穫もほぼ終わってしまったので、
次の秋・冬野菜に向けて準備を開始しようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

8/30(金)の見学について

いつも水俣エコハウスのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

お盆も過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか?
残暑どころか猛暑お見舞い申し上げますと言いたくなるくらいですね(笑)

水俣エコハウスも外は37℃、室内は35℃ですが
お盆を過ぎたあたりから風向きが変わり、心地よい風が入ってきています。


さて、タイトルの件ですが研修で水俣エコハウスを使用するため
8/30(金) 13:00~17:00は見学ができません。

予めご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

管理人Kの建もの探訪 後篇

土壁は城南中学校の土壁体験で中学生が塗り、約1ヶ月が経った頃です。
良い感じにヒビが入っています(中塗りの際にこのヒビがとても重要になるのです)。

漆喰の試し塗りをしたお風呂場。管理人Kもやってみたかった…(笑)

Dsc_6033

1階中央部の古材です。含有率も1週間毎に測定しています。
7月下旬は雨続きだったせいか数値も上昇しています。

Dsc_6030

Dsc_6031

最後は基礎を中心に見ていきます。
建物は地盤強度を測定した結果「独立基礎」を採用しています。
もし沈下した場合でも建物自体をジャッキアップして修復を図ります。

Dsc_6034

また、基礎は鉄筋ではなく「竹筋」コンクリートになっています。
「鉄筋でなくて大丈夫なの!?」と思いますが大丈夫なのです!

床下は大人一人が這って入れるくらいのスペースを確保しています。
水俣エコハウスと同様に動物等が入らないよう網を張るとのことでした。

Dsc_6035

いかがだったでしょうか?

毎週でも見学に行きたいくらい、たくさんの知恵や技が生かされています。
本来はブログに載せている以上の説明をしてくださったのですが、
途中から夢中になって見てしまい…2割程しか伝えきれていません
建築ジャーナルにも連載されていますので合わせてご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

管理人Kの建もの探訪 前篇

熊本市南区の某所にある建設中のお宅。
この周辺地域は古き城下町が残る、とても景観の良い場所なのですが
木造、土壁、込み栓を使った建て方…どこかで見覚えがありませんか?

Dsc_6038

水俣エコハウスを設計したすまい塾古川設計室(有)の古川さんのご自宅です。
帰省がてら水俣エコハウスに届いたハガキを届けに事務所へお伺いしたところ、
現在建設中のご自宅を見せていただきました。


1階部分の西側です。
天井が水俣エコハウスに比べるとかなり低いのですが、圧迫感は感じません。
梁は1階と2階のところどころに古材が使用してあります。

Dsc_6016

北・南側に家が建っていますが、風の流れを考え
南西に設けたL字型の開口部(ブルーシート部分)から北側3畳の和室、
そして2階北側の窓を風が吹き抜けるような造りになっています。

Dsc_6037

Dsc_6028

2階東側にも高窓があります。

Dsc_6025

2階は梁を見せるため、勾配屋根に沿って斜めに天井を張り上げていくようです。
水俣エコハウスと同様で天井裏の換気口に網が張られています。
(※天井を張り上げると内部が見れないので貴重なショットかも…?)

Dsc_6026

Dsc_6023_2

Dsc_6024

後篇へ続く…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

涼体験と灼熱セミナー

8月4日(日)に「涼体験と灼熱セミナー」を開催しました。

当日は朝から激しい雷雨に見舞われ、
正午過ぎから雨が一時的にあがったものの雷は鳴りっぱなしという
「灼熱」どころではない天候でございました

涼体験ではエコハウスの涼しさ、グリーンカーテン等を体験してもらいつつ
水俣エコハウスの畑で採れた野菜を使った夏料理、
そして水俣産の天草を使用したところてんをふるまいました。

Dsc_5919

13時半からは水俣エコハウスを設計した古川さんの灼熱セミナーが開かれました。

熊本は年間で半年以上暑い日が続くため、
家づくりも夏仕様を重点的に置いた設計にしなければならないこと。
また、風の通り道を作ることで水俣エコハウスのようなエアコン無しでも過ごせる
快適な家をつくることができること。

また、暑さや寒さの感じ方は気温だけでなく湿度も関係していることを
スライドを使って説明していただきました。

残念ながら悪天候により、
水俣エコハウスの温度・湿度を計る実験を行うことはできませんでしたが
参加された方々も熱心に聞き入っていました。

Dsc_5953

天候は悪かったのですが、気温28℃と風も心地よく
濡れ縁で寝っ転がる人もいれば談笑をする人もあり…。
この風景は現代の家屋ではなかなかできない、憩いの場でもあるなと感じました。

Dsc_5928_2

Dsc_5929_2

今回が初めてのイベントだったもので、不手際等たくさんありました。
本当に申し訳ありませんでした。
この教訓を糧にして、秋のイベント以降をより良いものにしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »