« 涼体験と灼熱セミナー | トップページ | 管理人Kの建もの探訪 後篇 »

2013年8月18日 (日)

管理人Kの建もの探訪 前篇

熊本市南区の某所にある建設中のお宅。
この周辺地域は古き城下町が残る、とても景観の良い場所なのですが
木造、土壁、込み栓を使った建て方…どこかで見覚えがありませんか?

Dsc_6038

水俣エコハウスを設計したすまい塾古川設計室(有)の古川さんのご自宅です。
帰省がてら水俣エコハウスに届いたハガキを届けに事務所へお伺いしたところ、
現在建設中のご自宅を見せていただきました。


1階部分の西側です。
天井が水俣エコハウスに比べるとかなり低いのですが、圧迫感は感じません。
梁は1階と2階のところどころに古材が使用してあります。

Dsc_6016

北・南側に家が建っていますが、風の流れを考え
南西に設けたL字型の開口部(ブルーシート部分)から北側3畳の和室、
そして2階北側の窓を風が吹き抜けるような造りになっています。

Dsc_6037

Dsc_6028

2階東側にも高窓があります。

Dsc_6025

2階は梁を見せるため、勾配屋根に沿って斜めに天井を張り上げていくようです。
水俣エコハウスと同様で天井裏の換気口に網が張られています。
(※天井を張り上げると内部が見れないので貴重なショットかも…?)

Dsc_6026

Dsc_6023_2

Dsc_6024

後篇へ続く…

|

« 涼体験と灼熱セミナー | トップページ | 管理人Kの建もの探訪 後篇 »

エコハウス徒然草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 管理人Kの建もの探訪 前篇:

« 涼体験と灼熱セミナー | トップページ | 管理人Kの建もの探訪 後篇 »