« 紅葉 | トップページ | 干し柿 »

2014年12月10日 (水)

薪のこと

エコハウスで使用する薪は市の公園を管理する際に出る桜などの木枝です。

1年以上寝かせてそのまま使える大きさに切ってある薪が運ばれてきて、きれいに縁の下に入れてあります。

管理人は薪を集める心配をすることもなく、薪割りをする必要もなく有り難いばかりなのですが、先日来られた方が薪ストーブを家庭で使うには薪が年間3トン程も必要で、そこをクリアするのが難しいとおっしゃいました。

Cimg5069


向かいの工事現場から、ストーブ用にと生木の材の切れ端を袋一杯いただいたのですが、そのままにしておくと雨に濡れて腐ってしまうので外に出す作業をしました。

Cimg5144


積んでいくには小さいものばかりだったので、枠を作りながら入れ込んでいったのですが、これだけで半日かかってしまいました。

Cimg5147

Cimg5160


こういう作業も繰り返して薪を集め蓄える、しかも3トンともなると…と、その手間と大変さに思いを致した次第です。

ちなみに、薪は風通しのいい野外に積んでカバーをかけ、最低1年くらい乾燥させた広葉樹(ナラ、カエデ、クヌギ等)が最適だそうです。乾燥させすぎても燃焼速度が速くなりストーブに良くないとのこと。

本格的に寒くなってきました。薪ストーブの側から離れられなくなりそうです!

|

« 紅葉 | トップページ | 干し柿 »

薪ストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薪のこと:

« 紅葉 | トップページ | 干し柿 »