« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

込み栓 縁の下の力持ち!

 水俣エコハウスは伝統的構法によって建てられているのが大きな特徴です。

しかし建築や大工さんの仕事のことは全くの素人の管理人、

金物は使わず木と木を組んで建てられていると人に説明しながら、実際には柱や梁がどのように接いであるのか、どうやってこの家が建っているのか細部のことは分かりません。

建てる過程を見学できれなどんなに良かったかと残念に思っていました。

最近、金物を使う在来構法に木組みの伝統を生かし,木をふんだんに使った丁寧な家造りをされるところと知り合いになり、

墨付けからされる大工さんに現場でいろいろ教えていただいたり、

エコハウス建設時の棟梁田口さんにもお話を聞かせてもらったりしています。

ぽんぽん出てくる大工さん用語や大工さんの頭(空間把握がすごい!)についていけず、

本を読んだり、何度も尋ねたり・・・

その奥の深さにすっかりはまってしまっています。

職人さんの手による長い伝統が生んだ家つくり、そんな昔ではない時期まで当たり前だった構法も、今では理解されていないことが多いようです。

それは伝統構法に限らず、家つくり全般についてかもしれませんね。

ここで働くことがなっかったら私もその一人でした。

水俣エコハウスに使われている技を、理解の範囲で少しづつ紹介していきたいと思います。

Kimg1428

まず、驚いたのは「込み栓」のお話しです。

固い樫の木で作られたこの栓、

留め具としての金物を使わない伝統工法では、木と木をつなぐ部分に差し込んで両者を留める、木の釘のようなものでしょうか。

Kimg1427
こちらは、2階の床を支える梁が柱に継いである箇所です。

込み栓の頭が5本見えますね。

実はこの込み栓、ただ穴を開けて中のホゾ(相手側の突起)に貫通させてあるだけ(下図の右側のように)と思っていましたが、(図は、写真の柱と梁を上から見た断面)

Kimg1431

なんと、(この箇所では)込み栓が梁にささっている位置と、中のホゾを通るときの位置は、1分(3ミリ)、柱側にずらしてあるそうなのです!

そのことで、梁を柱の方にぐっと引き寄せる力が生まれると聞いてビックリ!!

水俣エコハウスには800本もの込み栓が使われていますが、みんなただささっているだけではなく、家が立ってる間、毎日木と木を引っ張っていてくれているのか!と、感心して頭が下がりました。

それに、材料の段階で、建った時の全ての部材の位置を把握し、印をつけていかれる大工さんの凄さを思いました。

1分くらいなら、打ち込む時もすっと入っていくそうですよ。

ここで使われている「継ぎ手」(木と木を横方向につなぐ場合の継ぎ方)については、

次回ご紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木)

七夕飾り

エコハウスの玄関内に七夕用の笹を置き、少しずつ飾りを作り、来館者にも短冊を書いてもらっています。

Cimg7616


これは何を使った飾りでしょう?

そう、鉋屑です。紙テープのようなながーいものを大工さんにもらった管理人、ひらめきました。

これぞエコハウス七夕飾り?

水俣エコハウスの天井裏には、建てるときに出た鉋屑が不織布の袋に入れて断熱材として敷き詰められているんですよ。

Cimg7621

自然素材は無駄になるものは何もない、そして最後には煙か土に還る水俣エコハウスです。

Cimg7618
皆さんも短冊に願い事を書きにいらしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

唐芋畑

水俣エコハウスの冬の楽しみ、薪ストーブでの焼き芋

Cimg4881

Cimg4883

その季節が終わり、余った唐芋を捨てるのも忍びなく、

植えておいたら芋の苗にならないかかしらと、半ば冗談のつもりでプランターに埋めました。

4月中旬のことです。

Cimg6777

それがやがて芽を出し、伸び始め、本当に植えられるんじゃない…?

Cimg7591

しかし植えるスペースがないではないか!

ここから唐芋畑作りが始まりました。

駐車場の花壇を広げて花用に確保、土が悪く花が育ちにくかったスペースを芋用に使うことに。

Cimg7134

花壇を少し広げるのも一輪車2杯分の石ころをふるいで取り除き大変でしたが、そこは割愛・・・

Cimg7448

市の公園係りさんに持ってきてもらった土に牛糞堆肥と苦土石灰を撒いて耕し、

毎日降り続く雨が止むのを待ちました。

さて、宿泊体験のモニターさんが来られた先週末、そのご家族の日頃の行いがよっぽどいいにちがいなく、雨が見事に上がり、エコハウスでの体験を楽しんでもらいました。

その時に一緒に唐芋の植え付けも行いました。

20150621_100307

中学生と小学生の娘さん、管理人に「曲がってるゾ」と言われながら二人並んで畝を作ってくれました。

Cimg7594

水俣や天草では唐芋の茎を「唐芋ん(の)つら」と言いますが、

そのつらを節の下で切って、ただ土にさしていくだけです。

これだけで根を伸ばしてつき、やがて芋になるなんて、土と植物の力は不思議ですね。

Cimg7556
根が横に広がって芋がたくさんなるように斜めにさしていきます。

二人とも普段やらないことが楽しいと言ってくれ、エコハウスでの週末を楽しんでくれたようでよかったです。

次の日葉っぱがくたっとなっていましたが、、また雨も降り、

今日見ると小さいながらしっかりと立ち上がっています。

Cimg7587

ぐるっと季節が巡って収穫までいき、ここで採れたものの焼き芋が口に入ったとき、芋が繋ぐ一年間が実感できそうです。

女の子たちもその時にまた訪ねてきますと言ってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

エコかまど、そして宿泊

水俣エコハウスの玄関の隅に「エコかまど」(ロケットストーブ)が置いてあり、来館者にも興味を持たれる方が多いです。

去年入った管理人はまだ使ったことがなく、その機会をうかがって(?)いました。

さて、今年度から宿泊体験を始めることになり準備を進めていますが、事前に管理人も体験してみようと、エコかまどでご飯を炊き、宿泊するという夢(?)がかないました。

そのご報告です。

雨ばかりの毎日、軒先でご飯を炊きました。

Cimg7457_2


おお、すごい炎、少し気合を入れ過ぎました。

数分で火は燃え上がり、空気口の蓋を外すと一気に熱が本体に移動、炎も落ち着きました。

Cimg7459_2

この状態で、ぼこぼこと沸騰するまで12分程度でした。

それから待つこと3分。

火から降ろして蒸らし、ドキドキ、羽釜の蓋を開けてみると・・・

Cimg7463_2

ぴかぴかのご飯が炊きあがっていました!

焦げもせずに美味しく炊け、実家の掛け干しのお米も喜んでいるようでした。

Cimg7509_2

畑からキュウリを採って来てサラダにし、

今夜はカレーライス、いただきます!

14346042730171_2

それにしても、エコかまどの有能さには驚きました。

少しの薪で力を発揮し、手軽に使えます。一緒に体験した友人と自分達で作ろうという話しになりました。

Cimg7467_2

ご飯を食べたら、夜の静かな時間が訪れました。

肌寒いくらいの気候で、晩の格子網戸は体験できませんでしたが、

オレンジ色の灯りに木造りの空間が落ち着いた雰囲気で浮かび上がり、

とても贅沢な時間をもらったようでした。

日中はいつも過ごしているのですが、泊まってみって一番感じたことは、木や和紙や土などの自然素材で造られていることによる、目や体や気持ちに生じる「やさしさ」でした。

夜間のゆっくりした状態で、手にも足裏にも視界にも、ごろんと横になっても、触れるのは木。

一人で泊まったのですが、家のどっしりとした安心感を背中に受けながら、ゆっくりと休めました。(一人には広すぎますが!)

「家」とは、人が育つ場所であることを思うと、

このような空間は、やさしい人(家族、子ども)や暮らしをはぐくむのではと、

住まいの方も人を育ててくれるものだと、泊まってみて気づいた気がしました。

だからこそ、おろそかにできないものなのだと。

宿泊体験をされる方々が、水俣エコハウスの提案する居住空間を体感し、

それぞれの暮らし方へのヒントになればと願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

歳時記で見るエコハウス(3)

「樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ」 ―日野草城

Kimg1340

梅雨です。

雨の日の水俣エコハウスは、南側の大開口部を庭木の濡れた緑が鮮やかに縁取り、読書に耽りたくなるような静かな時間と雨の音が流れます。

先日家族室に敷いていたカーペットを濡れ縁で手洗いし(重くて大変でした!)、

夏用のい草座布団を出すと、すっかり夏仕様のエコハウスに。

Kimg1336

「夏座ぶとんひとの全く来ぬ日あり」 ―及川貞

雨の日の今日はそんな一日。

来館者はやはりお天気のいい日が多いですが、この穴場的な雨の日のエコハウスにも、

本でも持ってゆっくりいらしてみてください。

最近のエコハウスでは花の植え替えを行っていました。

家周りのプランターや空いている所、駐車場の花壇などに、花いっぱい運動で頂いたサルビアやマリーゴールド、種から育てた向日葵や朝顔などを沢山植えました。

この時期の花と言えば紫陽花。

去年管理人が家から持って来て挿し木して育てた紫陽花が、今年はエコハウスに根付き、まだ小さいですが美しい色を楽しませてくれています。

「あじさいのどの花となく雫かな」 ―岩井 英雅

Kimg1337

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

畑の野菜 その2

エコハウスの畑、先日紹介した以外の野菜をご紹介

気付かないうちに花が終わり莢(さや)が出来ていました。

ここまでくれば枝豆だとわかります。

Img_0628_2
次は夏みずきキュウリ。

Img_0630_2
それからフルーツトマト。

Img_0633_2
ここからは畑の野菜ではないですが

番外編ということで・・・

無花果。

まだ探さないとどこにあるのか分からないほど小さいです。

Img_0635
最後はやまもも。これもいつ花が咲いたのか気づかず

Img_0636

収穫が楽しみです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

畑の野菜

エコハウス畑

もうすぐ収穫です。

Cimg7320
≪地這えキュウリ≫                                        

Cimg7323
≪ピーマン 京みどり≫

Cimg7326_2
≪桃太郎≫

Cimg7328


 畑の野菜は順調に育っています                                                                                                                     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »