« 不法侵入? | トップページ | ちょうな、がんどうのこ、きかいじゃくり、よき…呪文ではなく…② »

2015年7月21日 (火)

ちょうな、がんどうのこ、きかいじゃくり、よき…呪文ではなく…①

ご近所の方が昔の大工道具を見せてくださいました。

昭和30年代、集団就職の「金の卵」で東京へ出て、大工をされていたそうです。

その頃まで、今みたいな電気を使う道具はなくみんな手でやっていたそう。

P1010510


こちらは、「手斧(ちょうな)」、材木の荒削りに使われていました。

一度見てみたいと思っていたものなので、実際見せてもらい嬉しい管理人。

00000181
平成21年の水俣エコハウス建設時の写真でも見つけました。

「手斧立て」といい、大工が工事に取り掛かる最初の日に、安全を祈願して行う儀式だそうです。

00000200

儀式として関係者が一人ひとり、梁を手斧ではつって(削って)いったそうです。自分の足をはつらないよう気を付けて…

皆さんが削っている立派な木材は、今はこうなってエコハウスを支えてくれています。

P1010521
これらの梁、上下には丸太の丸みがそのまま残っていますね。

それをこちらでは「べんこ梁」と言われますが、漢字を知りたくて検索しても出てきません。

同じものを「太鼓梁」と言うようですが、それの方言でしょうか?ご存知の方は教えてください!

手斧の柄の独特の曲りは、立木の時から蔓で縛ってクセを付けておくそうです。道具作りはいい仕事をするための土台だったことを感じます。

今はほとんど使われることはない道具たち、それらを使う技も失われていくのでしょうか?

P1010512

これはまた恐ろしげな。エコハウス畑への侵入者が持っていた?

いえいえ、これは「よき」といいます。

P1010524

こちら、薪割り用のエコハウスのよきです。

大工さんのと刃の形が違いますね。

P1010527

先ほどの「べんこ梁」は、そのまま壁の外へ抜け、エコハウスの長い庇を支えています。

斜めに落とされている部分など、以前は機械がなかったので、この「よき」を使っていたと話されていました。大きな丸太から、よきや手斧で削っていっていたのですねえ。

すみません、また長くなり写真が入らないので、いったん切ります(^^;

|

« 不法侵入? | トップページ | ちょうな、がんどうのこ、きかいじゃくり、よき…呪文ではなく…② »

伝統構法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょうな、がんどうのこ、きかいじゃくり、よき…呪文ではなく…①:

« 不法侵入? | トップページ | ちょうな、がんどうのこ、きかいじゃくり、よき…呪文ではなく…② »