« 2015/9/27-ヒトコマ | トップページ | 元通り »

2015年9月27日 (日)

みなまた環境大学じっくり編 Aコース

9月19日(土)~21日(月)にかけて、水俣エコハウスをベースキャンプに、みなまた環境大学じっくり編のAコース(水俣自然学校)が開催されました。

水俣の源流域の山から無人島の恋路島まで、自然の恵みに生きる人と場所を巡り、五感で感じたことを物語にするワークショップです。

作家の本木洋子さんと一緒に、日中は水俣の山と海、そこで営まれる暮らしを体感「し、エコハウスに戻って、その日キャッチした言葉を振り返ったり、魚をさばいてご飯を頂いたり、ゲストを囲んでの夜の時間など、エコハウスの空間が大いに生かされ、楽しまれていました。

水俣自然学校の方に提供していただいた写真も交えて、ご紹介したいと思います。

Img_0988_2

参加者の7名が各自エコハウスに到着後、さっそく自己紹介。

皆さん、山口、福岡、八代からと参加されていました。

Imgp2322
エコハウスから水俣市の久木野へ移動し、山の暮らしを歩いて、見て、聞いて、体で出会います。

Imgp0063
2日目はお弁当を持って、恋路島探検へ出発です。

青い海ですね、気持ちよさそう!どんな発見があったでしょうか。

Img_1018

外をたっぷり楽しんだ後は、やっぱりエコハウスのお縁でほっと一息。

Imgp2491

今度は裏のお縁で、自分達で釣ってきた魚を夕飯のためにさばきます。

ガラカブが釣れたようですね~。

Img_1020_2

魚づくしの夜に皆さんお腹いっぱいの大満足!

夜のエコハウスは雰囲気がまた格別、格子網戸から外に漏れる灯りも美しかったですよ。

Imgp0083

こちらは最終日のお昼ご飯、

シロゴ、アカモク、切り干し大根の卵焼き、ニラの花のおひたし、久木野産大豆のカッチリ煮豆、具沢山のお吸い物、イワシのスリミ揚げ、レモン・ユズ・カボスを添えて~

調味料以外は全て水俣産だそうです。おいしそうですね!

Imgp0078

さて、山に海に、そこから頂く幸を満喫した最後には、「仕事」が待っていますよ。

創作ワークショップ「あなたの、水俣ではじめての物語をつくる」時間です。

なかなか物語を書いたりすることはありませんもんね、結構苦戦されたようです。

とはいえ、皆さん2泊3日に水俣をたっぷり詰め込んで、参加者同士で仲良くなったり、楽しまれているのがよく感じられました。

エコハウスがその受け皿の「帰ってくる家」として活躍しており、管理人としても嬉しい限りでした。

今後もこのようにエコハウスが活用される企画が増えていけばと思います。







|

« 2015/9/27-ヒトコマ | トップページ | 元通り »

その他イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みなまた環境大学じっくり編 Aコース:

« 2015/9/27-ヒトコマ | トップページ | 元通り »