« 2015/9/19 ヒトコマ | トップページ | 2015/9/20-ヒトコマ »

2015年9月19日 (土)

歳時記で見るエコハウス(秋)




はや秋の風が本当に心地いい水俣エコハウスです。

来館者の方々も、皆さん「風の通りが気持ちいい」とおっしゃいます。

エコハウスのあちこちで秋の季語が見つかります。

Img_1001
「二色の絵具に足るや秋の雲」 -招波 (季語:秋の雲)

Img_1009

秋の空は抜けるような青と白い雲、その二色で事足りる感がありますね。

そこにエコハウスの白壁が加わって、秋の情景も深まるようです。

Img_0982

朝顔は夏のイメージがありますが、秋の季語なんですね。

立秋以後は花は小さくなり日ごとにか弱くなっていきます。一回り小さく色も薄くなった朝顔が一つ咲いていました。

「朝顔の紺の小さき暮らしかな」-岡本猿人

Img_1003


無花果の実が色づいてきました。

Img_1006


濡れ縁の側で枝葉を広げるエコハウスの無花果。

「手がとどくいちじくのうれしさよ」-山頭火

その気持ち、よく分かります!

Img_0991

エコハウスの菜園の裏側にひっそりと咲く彼岸花。

燃えるような、寂しいような、里の秋のような花ですね。

水俣の作家、石牟礼道子さんの句、

「ふくろうのための彼岸花夜さり摘む」

Img_1004

|

« 2015/9/19 ヒトコマ | トップページ | 2015/9/20-ヒトコマ »

エコハウス歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1381430/61678160

この記事へのトラックバック一覧です: 歳時記で見るエコハウス(秋):

« 2015/9/19 ヒトコマ | トップページ | 2015/9/20-ヒトコマ »