« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

水俣エコハウスの垣根から

はや10月もおしまいですね。

水俣エコハウスでは、落ち葉の季節がやってきています。

これから落ち葉を掃いたり、薪ストーブを付けたりと、冬の方が開館作業に時間がかかります。

Img_1533

今日は、水俣エコハウスのコンセプトである「自然に対して何も足さない、何も引かない。

土と煙に還る」ことについて、作業をしながら感じました。

たいしたことではないですが、

例えば落ち葉も、

Img_1535
グリーンカーテンの所の土の状態がよくないので、冬の間に、エコハウスで出るお茶がらや掃いた落ち葉を入れて混ぜ込んでみようと始めています。

去年管理人のIさんがプランターで一冬やったら、ほくほくの土に変身していました。

マジックみたい!

分子や原子のレベルまで化学して「改良」する人間とは違い、

木が落とした葉っぱが土をつくり、それで草木が成長し、それがまた・・・というシンプルな自然の営みは、改めて考えると不思議と驚異に満ちています。

Img_1649
突然ですが、こちらは6年前の完成したばかりの水俣エコハウス。

Img_0819_2

こちらは今年のエコハウスです。

何か違いに気が付かれますか?

そう、垣根の樹木たちがまぁよく茂って成長しています!

Img_1537
水俣エコハウスの垣根は、虫が付きにくい効果もあり、イスノキ、マサキ、アラカシ、サザンカと混植してあります。

すっかり成長して支えの竹や柱は役目を終えていたので、今日取り外しました。

ここでまた、「自然に対して何も足さない、何も引かない。土と煙に還る」ことについて感じることが。

というのは、

Img_1546

支柱の木と竹を、釘で留めてあったのですが、それを抜くのがなかなか大変。

錆びついてなかなか抜けない上に、釘の頭もなくなり、くぎ抜きが使えない!

水俣エコハウスの建物は、伝統的構法によって、金物の留め具を一切使ってありません。

木は木で組んで留める。

燃やすことも、落ち葉のように土に返すこともできない錆びた釘を手に、住まいが役目を終えたあとのことまで考えて造られている水俣エコハウス(や伝統構法)の意味に、改めて納得したのでした。

Img_1549

古くなってよく乾いている竹は薪ストーブの焚き付け用に。

木の支柱もいい薪です。

垣根を支えてくれた後は、あったかい炎となって私たちを憩わせ、空へと還っていく。

本当に「何も足さない、何も引かない」、なのにこんなにいろんな「働き」となってくれている。

昔の人の自然に対する感謝の念が深いのは、そんな働きのおかげで生きていることを、日々実感する暮らしだったからなのですね。

今年も、薪ストーブに火が入りました。

Img_1527

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月29日 (木)

秋の1日、畑日和

Img_1506
今日も外は秋晴れのいい天気。

エコハウスの中は肌寒いので、午前中は外で畑作業。

27日には待ちに待った恵みの雨が降りましたね。

Img_1500

なんだかお化けのようなおもむきさえ漂うピーマンさん、

本当にたくさんの実を、長く食べさせていただきました。

今日遂に引っこ抜く。

「ありがと~」とお礼を言いながら・・・

Img_1503

堆肥を入れて耕し、高菜を撒きました。

ちょっと遅いので芽が出るかどうかな・・・

あと一畝あいているので、

水俣といえばの「サラ玉ちゃん」を植えたいなあと思っています。

Img_1502   

別の畝では、冬野菜がすくすく。

Img_1504

かわいいミニ大根さん!

間引いて一本にしました。

間引き菜もおいしくいただきます。

一軒の家に小さな畑や季節があり、

住む人が食べる分の野菜を楽しみながら作る、

それが当たり前にできる地方の暮らしは、

実は「最先端」にいるのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

水俣生まれ!地粉のうどん作り体験

こんにちは!
こちら水俣はほんのり木の葉も色付き、金木犀の良いかおりが風にのっかって鼻をくすぐります。
嗅覚で季節を感じることができる、この感覚!私はだいすきです。
しかしながら、まだ日中のひなたは暖かいというか、暑かったりなのですが・・・。

さて、10月25日にちようび。
水俣エコハウスでは、「うどん作り体験」イベントを開催しました。

今回はこどもさんが多く、とても賑やか。水俣市内からさまざまな方々が参加してくださいました。
うどん作り開始。まずは管理人がお手本を見せます。
こどもさん、小麦粉まぜまぜに興味津々!!!身を乗り出してみてます。顔に粉がついちゃうよ~。

Img_1406_4

小麦粉は、水俣の「長崎」というところで作られた地粉。地元の材料で・・エコハウスと同じです。
直に小麦粉に触れることなんてなかなかない。こんなに柔らかくって気持ちがいいんだね。
ほわりほわり。。地粉だからでしょうか。ほんとに癒される手触り。

粉に空気を入れ、手の暖かみで馴染ませます。
そして、3回ほどに分けて酢とぬるま湯を混ぜたものを注ぎ、こねないように混ぜる。
寝かして少しこねる・・
「粘土みたいでたのしーい!!」
そして、寝かせる・・・
Img_1412

Img_1436
薄くのばして・・・よいしょよいしょ!

おっきな包丁で切ります。
「あー!太くなっちゃったー!」
まあまあ、それも味です。手作りですもの。
出来始めてきました、「わたしの、ぼくの、うどん!」
Cimg7644


茹でるのは、ガスを使わず釜土で。機器の頼らない・・エコハウスと同じ!

釜土、お湯の準備。
建築士会さん、市役所の方々に手伝ってもらいました。心づよい!ありがとうございます。
Img_1439


うどんさん、お湯の中でゆらゆらいっぱい踊ってきてね。あちち、あちち
Img_1443



食べるときのうつわは、間伐材の竹でひとつひとつ手作り。使った後も竹炭にして有効利用。むだなく最後は煙と土に戻ります。・・エコハウスと同じ!

茹であがったうどんを、竹のかおり残る特製のうつわに分けます。
Img_1446

地元の材料で、自然にやさしいエネルギーを使って、自分たちの手で出来上がったうどん。
ちょっと形はいびつだけど、それ以上に思いがつまったうどん。
味は格別です。

粉のかおり、味と楽しん頂けるように「ざるうどん」と、これまたひと味ちがう暖かいいりこだしの「かけうどん」、こどもさんにも喜んでいただけたらと、「からいも入りカレーうどん」の3地種類を用意しました。
どれも好評でよかった!ちゅるちゅるもぐもぐ。

Img_1452



食べた後、みなさんと一緒にエコハウス内を探検。
木の温かみ、職人さんの細やかな技の数々、環境に沿った家のつくり。
ここちよさを体いっぱいの感じていただきました。
今回、「エコハウスは前から気になっていたんだけど・・」と初めてエコハウスに来たという方もいらっしゃいました。こういうことを機会にきてくださってありがたかったです。
Img_1468


振り返って、
何度も試作をし、前日準備からうまくできるかな?などドキドキでしたが、おかげさまでスムーズに進めることができました。
みなさんの楽しそうな表情を見る事ができたし、エコハウスにもっと興味をもってくれたようだったし、いろんな話もできて、とてもよかったです。
みなさんの貴重なご意見、ご感想をお聞きすることができました。

これからも、もっとエコハウスに楽しくここちよく触れ合っていただけるよう、いろいろ考えていきたいと思います。

参加してくださった方々、関わって下さった方々、本当にありがとうございました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

落ち葉のきせつ。

連日秋晴れのみなまた。

空はすっかり高くなり、澄み渡った淡い青。秋空が広がっています。
日中はまだぽかぽかあったかい日もあるけれど、もう秋なんだなとしみじみしてしまいました。

ほろりはらり、水俣エコハウスの周りに落ち葉が落ちていたので、ちょっと掃き掃除をすることにしました。

あか、きいろ、ちゃいろ・・すごく色がきれい。
虫食いあったり、なんだかかわいい。

思わず拾って並べて写真を撮る。
Img_1340

家庭菜園のトマトも赤くなって落っこちそうなのがいくつかあったので、摘みました。
コロコロかわいかったので、これまた写真を撮る。

Img_1339
かわいいやつめ。

さて、秋といえば、食欲の秋、読書の秋などいろいろありますが、芸術の秋でもあります。
落ち葉で何かできないものか。こんなにかわいいんですもの。
なにか作れないかな。。
昨日の影の模様も然り、ここには自然が作り出すいろんなカタチや風景があります。
創作意欲をかきたてられます。

エコハウスでなにか「足るを知る」面白いことができるといいなと考える管理人Kでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

秋のエコハウス~自然の影遊び~

Img_1330
秋晴れが続いていますね。

さらさらと光りと風が気持ちのいい日曜日のエコハウスです。

Img_1227
外はまだ暑いほどですが、室内にいると肌寒く感じられるように。

水俣エコハウス一番人気の南側の大開口部も、開けっ放しの夏から、

硝子戸を通して射しこむ陽光がこれからの季節を思わせるようになってきました。

カメラを持って見まわっていると、

Img_1194
光りと影がつくる面白い模様を見つけました。

Img_1219
玄関に置いている紅葉の苗が落とす影。

Img_1231

その玄関を入ると、上がり框の桜の古材と漆喰壁に織りなす影。

その光の出どころは…

Img_1202

土間の窓に付けたグリーンカーテン用の竹格子を通して入る陽でした。

Img_1204
エコ釜土に乗せている羽釜のふたも縞々模様。

思わず他にも何かないかな?とあちこち見まわってしまいました。

漆喰の壁で、影絵遊びをしても面白いかもしれませんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

水俣高校生(建築コース)見学会(続き)

話しが変わるようですが、水俣にあるわかたけ保育園さんで現在新しい園舎つくりが進行中です。

その設計をされているのが篠さんで、新園舎も水俣エコハウスの要素がたくさん詰まっているそうです。楽しみですね~

先程の杉の樹もその園舎に使われます。

そういう中で、今回の高校生見学ツアーも実現したのですね。

ちなみにその山主さん、土壁の土も裏山から採って作られているそう、

それも見学してきたそうです。

R0040585

R0040584

エコハウスでは、新園舎の設計図を見たり、

Img_1296


建築コースの皆さんが制作される保育園児の椅子について、あれこれ熱心に議論。

あっという間に2時間がたっていました。

Img_1315

高校生から見たら、水俣エコハウスのような家はどんなふうに感じるんだろう?

〝今どき〟の家じゃないし…と気になっていた管理人、

二階の客間でくつろいでいた男の子が、「ここ、気に入った!」、

感想文を書いていた女の子が、「こんな家に住みたい!」

と、てらいなく言った明るい姿に、とても新鮮なものをもらいました。

Img_1307

是非、なにもない一日を過ごしに、また訪ねて来てくださいね。

若々しい風をエハウスに運んでくれて、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水俣高校生(建築コース)の見学会

今日のエコハウスは大賑わい、

水俣高校電気建築システム科、建築コースの3年生14名が先生たちと見学に来られました。

午前中は、百年生きた杉木の伐り出しを山で見てきたそうです。

そんな機会に出会えるなんて、うらやましい!

写真を提供していただいたのでご紹介。

R0040551

山の説明…どんなお話しを聞けたのでしょう。

R0040562
その百年ものの杉をまさに伐っておられますね。

樹の中央に黒い線が入っているのがご覧になれるでしょうか?

雷が落ちた跡だそうです、すごい。雷が落ちた木は家を建てるのには縁起がいいそうです。

R0040565
百年生きた木は、人が生きる場となってさらなる百年を大切に使われることで

生き続けるんですね。

R0040571
最後に記念写真をパチリ。

さて、エコハウスにやってきました。

はじめに、「環境省エコハウス事業」の水俣エコハウス担当だった篠さんから、水俣エコハウスができるまでや、その特徴などのお話を聞きました。

Img_1263

Img_1276

それからあちこち見学です。

Img_1286
ここの木組みはどうなってるんだろう?

Img_1305
この倉庫はみんなの先輩が作ったもの。

当時中に名前を書いた小学生が今では高校生ということで、

先生たちは歳月の流れを(年を?)妙に感じておられました(笑)

Img_1301

本当に明るく元気のいい皆さんです!(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

2015/10/11-ヒトコマ

イベントの準備のために久木野の愛林館へチョットお出かけしてきました。

写真などで見ることはあっても実際にこういう景色を見るのは初めての管理人。

記念にパチリ。

Img_0074

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

グリーンカーテン撤去

グリーンカーテンを撤去しました。

設置はとても時間がかかりますが撤去はあっという間。

Img_0068
今年はフウセンカズラ、アサガオの他にゴーヤも植えてみましたがどれも育ちが悪い。

長雨の影響もあると思いますがそれ以上に土が悪い。

悪いことが重なって種も僅かしか採れず・・・

Img_0064
来年に向けて土作りからスタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

すくすく

9月の24日に大根、人参、カブの種を、27日にホウレンソウの種を植えました。

大根とカブは芽が出るのが早いこと、

3日ほどで芽立ち、今はこんな姿です。

Img_1157
大根さん

Img_1156

こちらはカブの畝です。

これに比べて人参は芽が出るのが遅いんですよ!

後から植えたホウレンソウの方が今では追い越しています。

Img_1155
人参さん

Img_1154

ホウレンソウ

人や他の動物に限らず、野菜(植物)たちも、

生まれたての姿というのはちいさくてかわいいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

水曜日。週いっかいの大掃除。

水俣は、朝晩はだいぶ寒いくらいで日中は暖かく、風が心地よいです。秋めいてきました。

ここ最近、どこからか、ポン!パン!と山にひびく鉄砲の音がするのですが、イノシシさんなどをおどかして、追い払っている音なのだそう。

今日、びっくりすることにエコハウスの前の道路を大きいイノシシさんが走って行っているのを見ました。重たいどすどすとした足音でした。

写真とれなくてちょっと残念。

そんな水曜日。

エコハウスでは、毎日の掃除もしていますが、毎週水曜日、場所を決めて大掃除をします。

今回は、「家族室」です。

エコハウスの特徴ともいえる南側の大開口部。

雨戸から網戸、ガラス戸を丁寧に拭きます。頑張りすぎておなかが覗いてしまいました!

Img_1145


網戸もふきふき。

広い濡れ縁、これを機会に拭きあげる。ぞうきんが真っ黒になればなるほど、楽しい!

Img_1146

Img_1148

室内の普段拭かないようなところを重点的に拭き、箒で仕上げ。

掃除は楽しいです。新聞紙や水で十分きれいになります。

エコハウスが喜んでいるようにも思いました。いつもお世話になっているので恩返し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

障子の補修 つづき

先日の補修はこのような感じに仕上がりました。

Img_0060

そして本日は補修に使用する糊を作るところからスタートです。

Img_0051
板を見つけてきてその上でご飯をスリスリ?ゴリゴリ?

少し粘度が高いような気がしますが正解が分からない・・・

Img_0057
いろんな切り絵を作り貼ってみました。

ウサギ。

Img_0052
葉っぱ。
Img_0062
えっ!これは?
Img_0058
エコハウスに来館されたらどこに貼ってあるか探してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

秋のイベントを開催します

来たる10月25日(日) 10時~13時に、水俣エコハウス秋のイベントを行います。

秋といえば食欲の秋!

水俣産の地粉を使って、手打ちうどんを体験します。

うどん作りといえば一晩寝かせたり時間と手間がかかりそうなイメージがありますが、

今回体験する作り方は驚くほど簡単。

管理人が教えながら一緒に作っていくため、ただいま練習を重ねています。

Img_1102

Img_1106


Img_1107

Img_1109

当日に実際にいらしていただきご自分で体験していただきたいので、あえてコメントは付けないでおきますね(笑)
でも、やっぱり切るところが一番のポイントかつ楽しみだと思います!

当日は、簡易かまどでお湯を沸かして茹で、竹の器でざるとかけの両方を楽しんでいただく予定です。

秋の気持ちのよい風と光の流れる水俣エコハウスで、ご家族やご友人と一緒に頂く手打ちうどんは、美味しくきっといい思い出になると思います。

皆さんのご参加をお待ちしております。

お問い合わせ、申し込みは水俣エコハウス・電話0966-84-9006まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »