« 看板作り‐その後 | トップページ | 本当の完成! »

2016年2月10日 (水)

えつり(竹小舞)ワークショップに参加してきました![後半]

こんにちは!
なんだかぽかぽかあたたかな天気の水俣です。
寒かったり、暖かかったり・・な冬です。


さて、先日のえつり(竹小舞)ワークショップの後半です。

腹ごしらえを済ませ、休憩の間に、建築途中の園舎の見学をさせていただきました。
「すばらしい・・・」もう、この一言につきます。

わかたけ保育園はエコハウスに比べて規模が大きいため、構造はプレカットですが、
ドイツ製のフンデガーという特殊な機械でプレカットされています。
パネリードという特別の釘を使用し、柱の何本もの梁との仕口は金物(釘)を見せないようにしてあります。

九州ではこのフンデガーがあるのは、なんと宮崎の2社のプレカット工場だけ。
水俣の材を宮崎にもっていき、3次元(!)で製図してプレカットしたそうです。
プレカットの施工図は施工者・構造設.意匠設計が何回もやり取りをして、
最終図面だけ80枚以上あるそうです。すごい!

まさに構造設計の技ですね!
そして職人技の数々・・。
私は、建築に関しては素人なのでまだまだ勉強しなくちゃいけませんが、話しを聞くととてもワクワクしました!奥深いですね。
樹齢75年のヒノキの柱、樹齢100年の梁は、とても立派で頼もしかったです。
Img_1730






その後、講師の日高さんによる竹のお話。

竹はぐんぐん伸びます。ちゃんと切ってあげないと山が荒れてしまいます。
昔から竹は人の生活によく取り入れられてきました。そのため適度に切られていたのですね。
エコハウスでもよく竹はワークショップなどに使うのですが、とても万能。
もっと活用できたら、山もお手入れされますね~!


秋冬に切った竹は、水気が少なくカビや虫が付きにくいので、利用するときはこの時期に切る。とは聞いたことはあったのですが、さらに、新月の夜がいいとのことでした。
月明かりも関係あるのですね~勉強になりました。

一件のお家のえつりに使われる竹の数は、なんと約300本なのだそう!!
そして、さらに一本を4分割などに割って使うらしいのですが、
この割る作業がこれ↓


道具をくいこませて・・・

Img_1735


竹をとんとんすると・・・!?道具が下に降りてきてます!Img_1736


Img_1739
これは、初めてみたし、ど肝ぬかしました!
こーやって割るとは!
職人さんはすごいですね!


さて、
作業場に戻ると、土壁の土が運ばれてきました!
粘土質の土とわらを入れて、寝かせたもの。田んぼの土のようなにおい。
自然素材です。見てるだけで心地よい。。

人間の知恵ってすごいですね。Img_1742



予定より時間に余裕ができたので、実際に土壁を塗らせていただけるようになりました!

職人さんに手本を見せてもらい、いざわれら管理人も挑戦!

管理人0さん、もう夢中!Img_1756_2



あれ~?見るのと実際にやるのとじゃ全然違う!!むずかし~!
うまくなめらかに塗れず、ぼてぼて・・。そして、想像以上に土が重い。

職人さんはほんとにすごいな・・・。

Img_1760

たのしくなり、夢中で、気付いたら二人とも洋服に土がべっとり。
でも、なぜか、晴れやかな気持ちでした(笑)
頑張った勲章!!


とても良い経験になりました。
わかたけ保育園さんありがとうございました。

|

« 看板作り‐その後 | トップページ | 本当の完成! »

漆喰土壁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えつり(竹小舞)ワークショップに参加してきました![後半]:

« 看板作り‐その後 | トップページ | 本当の完成! »