« 住まいのお手入れ-障子の補修編 | トップページ | バンブーゲート完成 »

2016年3月24日 (木)

みなまた環境大学~国際ワークキャンプ

毎年恒例、

「みなまた環境大学じっくり編」と「国際ワークキャンプ」の一連の活動として、

水俣エコハウスのバンブーゲートの制作が現在行われています。

参加者は日本、中国、タイ、ベトナム、メキシコ、イタリアと、世界中からこの水俣に集まっていますよ。

環境大学期間中は水俣エコハウスに体験宿泊しました。

Cimg1807
さて、こちらが去年の参加者が作り、一年間エコハウスの門として来館者を迎えたバンブーゲート。

Cimg1804
最初の作業はこのゲートの解体です。

Cimg1823

Cimg1851
う~ん、頑丈に埋められた孟宗竹の柱、引っこ抜くのに一苦労!

抜けたときは、思わず拍手が。
一年に今しか見れないゲートのないエコハウスです!

Cimg1856_2

「みなまた環境大学」ではその他に、

水俣病資料館の見学、水俣湾埋め立て地に市民が育てている「実生の森」の市民一斉活動への参加、

エコハウスの夜の時間に「これからの時代をどう生きようか」ディスカッションなどなど、

水俣で環境について学び、体験し、考える時間がありました。

その後宿舎を移動、現在は自転車でエコハウスに通い、バンブーゲートの作成に励んでいます。

Cimg1896
設計士さんのアドバイスを受けながら、自分たちで考え、試行錯誤しながら作っています。

Cimg1911
昨日は雨に濡れながら、黙々と作業…

風邪引かないか心配でしたが、

Cimg1945
今日はいい天気にまた自転車で元気に通ってきて、ほっ。

柱も立って、屋根を支える部分もちゃくちゃくとできていくのを、

近所の子供たちが見学。見守る背中がいいですね~(笑)

終始明るい声が聞こえ、おもわず管理人もにこにこ〇

次は屋根を作って行きます。

Cimg1916
台風でも大丈夫なように強度を高めるにはどうしたらいいかな~と、

去年はなかった斜めの止めもいれて、完成です!

今日の作業はこれまで。

Cimg1943
ん???

それにしても、この重たい屋根を一体どうやって、支えの上に乗せるのだ・・・・(@_@)!!!
皆さんが帰ってから気づいたことは、

なんと去年はそこが問題となり、直接屋根に割竹も差し込んで作っていったということなのです!

でも参加者も自覚があったのか、「どうやってこの立派な屋根を上げるか、一晩寝ないで考える」という言葉を残して帰っていっていたな・・・

これはもう、今夜のひらめきに期待するしかないですね!(><)










|

« 住まいのお手入れ-障子の補修編 | トップページ | バンブーゲート完成 »

その他イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みなまた環境大学~国際ワークキャンプ:

« 住まいのお手入れ-障子の補修編 | トップページ | バンブーゲート完成 »