« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

地元のこうじ屋さんの麹で・・・

Cimg2914
 
見て下さい、このふわふわ白く、美しく育った麹。
 
地元のこうじ屋さんを初めて訪ねた管理人、
麹やお味噌のこと、お店を構えている地域の移り変わりの様子など、いろいろ興味深いお話を聞かせていただきました。
水俣エコハウスで、「暮らしの教室」的な催しを開きたい(保存食作りとか)、
それには何がいいかなぁと思案中。
購入した麹を使って、試しに甘酒を作ってみましたよ。
 
Cimg2915_2
 
作り方を本で見ても保温器が必要で、炊飯器を持たない管理人は諦めていたのですが、
「そんなものいらないよ!」と教えていただき、びっくり!
 
 
Cimg2917_2
 
ここだけ気をつけて、と言われたのは、よくほぐした麹に混ぜるお湯の温度です。
60℃。
普段ずぼらな私もここはきちんと測りました(笑)
 
 
Cimg2919
 
やわらかめに炊いたモチ米を、温度が一気に上がらないように少しずつ混ぜていきます。
そしてこれで終了なんです!
あとは軽く蓋をして、一晩置いておくだけ。
そうすると翌日には甘くて美味しい甘酒ができたのでした。
 
 
14644787269811
 
なんて簡単!それでこんなに美味しい甘酒ができるとは!
早く教えてもらっとけばよかった・・・(^^;
 
 
Cimg2975_2
 
麹と塩と水を混ぜて、塩麹も仕込んでみました。
こちらも1日1回、5日間くらい混ぜるだけ。
 
昔は山に麹の菌をとりに行っていたそうです。
それだと味噌にしたときにうまくできたり、できなかったり。
今では純粋培養で菌を専門につくる所があるそうです。
 
水俣出身の徳富蘇峰のお母さんは、麹作りが上手で地域の人達に作ってあげていたとか。
「地域に一人は、~名人がおって、お互いあげたりもらったり、そんなふうな暮らしがあったとだもんねえ。
時間も本当にゆっくり流れていた。
そんな時間を見直したい、取り戻したい」
 
お仕事が一段落した午後の時間、美味しいコーヒーを入れて、お話に付き合ってくださるご主人。
「足るを知る」水俣エコハウスの在り方にも通じる、ほっとするひと時でした。
暮らしの知恵や技を地元の方に教えてもらうような、大げさでない場を設けていけたらなぁというのが目標です(^^)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

雨のエコハウス

 
今日は雨のエコハウス。少し肌寒く感じます。
太陽に照らされてキラキラ光る緑もキレイですが、雨に濡れる緑もキレイです。
 
Img_0709
 
紫陽花も雨が似合いますね。
 
Cimg2955
雨の日は億劫になってしまいますが、管理人には嬉しい事が・・・
水やりから開放されることそして、
 
Cimg2959
 
切株から湧き出るキクラゲです。
水を掛けると出てくるらしいのですが、それでは喜びが半減してしまいます。
雨の日のお楽しみです。
 
 
あれっ梅雨はどうなるのでしょう?
大量に収穫できるのでしょうか?
それも梅雨のお楽しみという事で。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月27日 (金)

ぬかぞうきん、できました!そして今日は金曜日。

こんにちは!
さきほど、外でお花を植えていたのですが、暑い!!
天気予報は曇りなのに!
しかし、水俣エコハウスの中にいると、風が心地よく、すずしいです・・・。
これも漆喰壁や風を通す造りなどのおかげですね^^

さて、先日、お知らせしたように「ぬかぞうきん作り」をしました。
正直言いますが、事前の申し込みはゼロ・・・涙
しかし、よく立ち寄って下さるご近所のおじさまの奥さんがきてくださいましたー!
ありがとうございます。




まず袋を作ります。適当な大きさに布を切る・・こんくらいかなー?

Cimg2828
Cimg2833
この日も風が心地よく、ゆるりとした空気。
3人でお話をしながら、チクチクチクチク・・・・・・・・
水俣エコハウスで、暮らしの手仕事。とても良い時間が流れていました。

Cimg2834
Cimg2835

わたしたちは、布をひっくり返し、糸を二重にして、なみ縫いをしていき、ひっくり返して袋状にしていたのですが、
奥さんは、布を表のままで、糸を二重にして、なみ縫い。そして、ひっくり返しさらに、そこでまたなみ縫いをされていました。
2回縫うことで丈夫さが増すのです!

奥さん曰く、「これが袋縫いだろ??」

わたしたちは、ハッとしました。「そうなんだー!」
お勉強になりました!

丁寧な手仕事を教わりました。なんだかうれしい。






次に、米ぬかを煎っていきます。
生の米ぬかのままでは、虫が来てしまいます。
この米ぬかは管理人Oの実家で作っているお米の米ぬか。薬を使っていません。

Cimg2838_2
とーーーても香ばしい香りがしてきました!
これがほんっとにおいしそうな香りなのです!みなさんにかいでほしい!
クッキーのようなあま~い香り。
まるでお菓子作りをしているよう。

Cimg2842
できた袋に煎った米ぬかを入れていきます。ふかふかふか。


縫い閉じて、出来上がり!!!
奥さんは、とーってもかわいらしい手のひらサイズができました^^
できたてなので、まだあたたかい。きもちいい!Cimg2841
水俣エコハウス用には、手のひらサイズと両手サイズの大小作りました。
今回は、汚れたら洗えるよう、カバーも作ってみました。Cimg2911


今日は金曜日!!ぞうきんかけの日です。
さっそく新しいぬかぞうきんを使いました。
使い始めは、ぬかの油と布が馴染んでいない感覚がありましたが、使っていくと手のひらの体温であたたまっていくのか、質感がしっとりしてきました。
Cimg2944

Cimg2943_2

ほのかに香るおいしそうな香ばしい香り。。。
今日もぴかぴかになりました!!










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

日々の事

 
あじさいが花開き始めました。
Cimg2878
おや、カタツムリさんがいますね^^



またドクダミを干しました(笑)
Cimg2898
 
Cimg2899 こんなに元気にはえているんですもの。
大好評の野草茶。
先日ヨモギもたっぷり作りました。
季節をいただいてます。



唐芋は芽が力強くなってきましたよ。Cimg2906
いろいろと楽しみです^^
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

薪ストーブに感謝を込めて~煙突掃除とお手入れ~

 
おっ、男前が二人もそろって何をしているのでしょう!?
 
♪チムチムニー チムチムニー チムチーチェリー
♪煙突掃除はいい仕事さ
♪チムチムニー チムチムニー チムチーチェルー
♪あんたと握手はできないけれどね
 
水俣エコハウスに、メアリーポピンズのこの歌が聞こえてくるような、
薪ストーブ手入れの1日です。
 
Cimg2897
 
これが煙突掃除のブラシです。
剛毛のような硬さ!
女3人の管理人では去年は煙突の上部まで押し入れることができず、
今年は市役所の男性陣が助っ人にきてくれました。
これに棒を継ぎ足し、継ぎ足しして、煙突に差し込んでいきます。
 
 
Cimg2799_2
 
こちらは取り外した部分に ブラシを差し込んでいます。
黒くさらさらとした煤が、出てきました!
ほとんど出なくなるまで、何回もやりましたよ。
 
Cimg2800
 
 
煙突の口はこちらのブラシでごしごし。
 
Cimg2803
 
ストーブの内部も歯ブラシを使って、煤や灰をきれいに落として掃除。
隙間などに結構溜まっていたのがきれいになっていくので、思わず「気持ちいい!」と、
本体掃除にもはまりだしました。
 
Cimg2810
 
そういう色だと思っていた外側も、磨けば落ちてもとの鋳物の色が出てくるのに気づき、こちらもせっせと磨きます。
 
Cimg2889_2
 
緩んでいた扉の紐も専用ボンドでとめて補修も済ませ、
最後に油をつけた布で磨いてお手入れ終了!
 
Img_07011
 
う~ん、今年はいつになく、黒くどっしりと落ち着いた薪ストーブのかっこう良さを取り戻し、
思わず見とれてしまいます(笑)
水俣エコハウスの玄関で皆さんをお出迎えし、
冬の寒い心を(?)あっためてくれる君に感謝しています!
また来冬もよろしくお願いしますね(^^)/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

今年はたくさん収穫できます様に・・・

過ごしやすいお天気が続いている水俣です。

昨年は何者かに荒らされてしまったサツマイモ畑。

今年は無事に収穫できます様に…と願いをこめてサツマイモを植えました。

Cimg2773
Cimg2774
こんなにフニャフニャしていて大丈夫なのでしょうか?

心配ですが、これ以上どうすることも出来ないのでしばらく様子を見る事にします。

Cimg2779
昨年は収穫ゼロだったヤマモモも今年は実がたくさん。

ジュース、ジャム、何を作ろうか今から楽しみです。

そして今年初挑戦の落花生。

5月11日に種を蒔きました。

Cimg2665
今日の様子。白いものがポコッと。

Cimg2782

これからどのようになるのでしょうか?

収穫が楽しみですヽ(´▽`)/

その前に獣から守らなくては!!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

5月21日(土)にぬかぞうきん作りをします!

こんにちは!今日も五月晴れの水俣です。


水俣エコハウスでは、毎週金曜日「はたき掃除」と「雑巾がけ」をしているのですが、床の拭き掃除に「ぬかぞうきん」を使用しています。
中身は米ぬか。
拭けば拭くほど、米ぬかから油が染み出し、自然なツヤが出てきます。
ごらんの通り、水俣エコハウスの床はこんなにピカピカです。
床のみならず床の間もきれいになります。
天然のワックスです。

Cimg2767



使い込んだわたしたちのぬかぞうきん。
もうそろそろ作り替え時です。。
Cimg2765

そこで、突然ですが!!

一緒に昔懐かしい「ぬかぞうきん」を作りませんか?
これを機に自然素材のお掃除道具を使ってみてください!

★日時/5月21日(土) 13時~


★用意していただくもの/
綿素材の布 25㎝×22cm程度を2枚。
布の大きさは
ご自分の手に収まる程度でOK。
目が緩くないもの。使い古した手ぬぐいなど。

米ぬかと針と糸はこちらで準備いたします。

お一人さま、1つ。作ったぬかぞうきんはもちろんお持ち帰りいただけます。
ちょっと早めにこられて、お弁当を持って来てお昼をとっていただいてもOKです。むしろ大歓迎です(笑)
水俣エコハウスお手製の「野草茶」も飲めますよ~。(ヨモギ茶、たくさん作りました!)

人数把握のため、参加希望の際はお電話ください!
℡0966-84-9006

わたくしは、ぬかぞうきんで拭いた後のやわらかなツヤがとても気に入り、おうちでも作って、使っています。おうちの床は無垢材でないですが、心地よいツヤがでています。おすすめですよ。香ばしいかおりも気持ちがいい。

Cimg2766


水俣エコハウスは無垢材を使っています。
自然のままだから、掃除道具も自然のものがいい。
これから裸足が気持ちいい季節です。ほんとに足触りのよい床です。

毎週磨きます!


「ぬかぞうきん」や環境にやさしい暮らしに興味のある方、お待ちしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

今日の収穫~そら豆~

昨日の肌寒い雨の一日とは打って変わって、五月晴れのそらが戻ってきました。

そら?そら、そら、そら・・・そうだ!

そら豆の収穫をしないといけなかった!

Cimg2734
駐車場の隅に作った花壇に苗を植えたのはいつだったか、

少しですがちゃんと実を結んでくれました。

奥に見えているのはエコハウスですよ。

Cimg2733

Cimg2743
中の豆を鞘から取り出すと、鞘の内側はふかふかのやさしいお布団のよう(^^)

Cimg2746
可愛らしいこと!

早速ゆがいて味見、ぜいたくだな~
Cimg2754
乾燥豆や来年用の種にするなら、鞘が黒くなるまで待ってから収穫して干すようですが、

管理人だけで食べるのはもったいないので、このまま干してみることに。

鞘からとった豆はすぐに食べないとあっという間に劣化してしまうそう、干すのも鞘のままです。

みんな皮や鞘にしっかり守られているんですね〇

Cimg2740
そら豆の奥では、初めて挑戦中のスイカの苗が少しずつ伸びはじめていますよ。

目指せ、夏のスイカ割!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

お気軽にお越しください

来館された方からよく言われる言葉があります。

「何だか入りづらい」

「家を建てる人が来るところだと思っていた」

決してそんなことはありません。

家を建てなくても、誰でも見学OK!

本よみ場として少しですが本も置いているので本を読みに来るだけでもOK!

Cimg2639
管理人手作りの野草茶やハーブティーを飲みに来るだけでもOK!

Img_0679
エコハウスで採れた種も無料で配布しておりますので種をもらいに来るだけでもOK!

(ヒマワリの種はあとわずかです。欲しい方はお早めに・・・)

Cimg2636
お弁当を持って来て、管理人と一緒にお昼を食べてもOK!

管理人とお話をしたいだけでも、もちろんOK!

Cimg2422

少し入りづらいかもしれませんが、いつでもお待ちしておりますのでお気軽にお越しください。

休  館 日:月曜日、年末年始

開館時間:10:00~16:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

今日のエコハウス 

新緑の美しい五月ですが、草もどんどん伸びていきます。

駐車場の草もご覧の通り。

今日の作業は草刈りをすることに。

Cimg2602
草刈機があればあっという間でしょうが、ここは鎌で、汗を流しながらせっせと刈っていきます。

時折吹く風が心地よいです。

Cimg2616
管理人Kさんが試している野草茶になるヨモギも結構生えている!

ただの雑草として切って捨てるか、恵みとして頂くか、

こちら次第で180℃の違いだなぁと、今日の収穫に(^^)

Cimg2606
駐車場もきれいになったし、

Cimg2614
ヨモギはお縁で干されています。

皆さんが来館された折にお出しできる分が少し増えそうです〇

ちなみに手前の袋の中身は、今まで干していた乾燥ローズマリーです。

Cimg2618
さて、場面変わって、こちらはなんでしょう!?

去年の冬にご近所の方に頂いて糠の中で保存していた「空中山芋」の種芋です。

すっかり忘れていました!おそるおそる箱を開けてみると、

もやしのような芽が(笑)

Cimg2619

グリーンカーテン用の花壇に仲間入りです。

どんな蔓をのばしてくれるか、そして地中ではなく、空中になるという「山芋」、

果たしてどんなふうに育つのか、楽しみです。

Cimg2620
室内に戻ると、小さな森の中にいるような水俣エコハウス、

皆さんの来館をお待ちしています(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

野草茶、作ってみる。そこにあるもの。後半

こんにちは!
さっそく昨日アップした野草たちを煎じてみました。

さらに水分を飛ばすため、弱火でじっくりホーロー鍋で煎っていきます。

Cimg2575_2

すると、
草の青っぽい香りがどんどんふわっと香ばしい香りに。
ドクダミもあのクセのある香りはなくなりました。
ヨモギを煎ると、部屋中にとてもいい香りが!癒されました。雑草じゃなくハーブですね!

Cimg2582_2
煎る前に、はさみで細かく刻みました。
おおばこは、また違う柔らかい香り。
それぞれこんなに香りが違うんですね。個性を感じました。

すごいなあ、いつも見過ごしていた草なのに。みんな薬効も違う。草って面白い。




Cimg2586_2

Cimg2597
3茶衆、そろいました!


Cimg2596
お待ちかね、味見です!
今日はヨモギ。
どきどきしながら、お湯を注ぐと、じわ~っと良い香りが立ち、ほのかにお湯が色づく。。

ちょっと蒸らして・・・いよいよ・・ごくり!

ぜんぜんくせがない!おいしい!
もっと草っぽいのかと思ったのですが、そんなことない。
じんわりと柔らかい。

管理人、感動です!

水俣エコハウス特製の野草茶ができました。「そこにあるもの」でできました。
これも無駄のない、環境にやさしい暮らしの知恵ですね。

今なら水俣エコハウスに来館していただいたら、飲めるかもですよ。(今回できた量が少量なので・・)

また、草が茂り始めたらまた作ろうと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

野草茶、作ってみる。そこにあるもの。前半

今日は、五月五日、子どもの日。

七十二候では、「蛙始鳴」~かわずなきはじめる~と呼ばれる時期。

七十二候って面白いですね。日々が楽しくなる。
カエルの鳴き声が聞こえると「あー!ほんとだー!」って思います。なんだか嬉しくなります。
こういうのが「ちいさな幸せ」って言うんでしょうか?^^
あれ、黒板「かわずはじめてなく」と間違ってる・・失敬、書き直します。。うっかり。


二十四節気では、「立夏」。

ついに「夏」という文字が。「夏」がすぐそこまで来ていますね。
最近日差しがぐんと強くなり、草や木、花などの緑たちは、力強さを増してます。
見ているとこちらも元気になります。
水俣の山も日に日に、モリモリもこもこ。玄関のマーガレットもこんなに咲き誇ってます。

Cimg2547

水俣エコハウスではこの時期、連日、畑やグリーンカーテンの設置などせっせと作業をしていますが、雑草たちも元気!どんどん生えてきます。
刈っては生え、刈っては生えのイタチごっこ。
先日、草刈りをしていると、ふと気付きました。

ドクダミ・・ おおばこ・・ ヨモギ・・ なずな・・・   
野草がいっぱい!

お茶にしてみようと思い立ちました。野草のエネルギーをいただこう。

Cimg2152おおばこは、昔から咳止めや下痢止めなどに使われていたそう。デトックス効果も。

Cimg2126ドクダミは、名の通り「毒だし」。わたくしは好きで普段でもよく飲みます。焼酎に浸け込んで、化粧水を作ったりしています。お茶は自分で作るのは初めて!


陰干しをしました。こんなにカラカラに。ちょっと葉っぱがちいさかったかな?Cimg2552_2

Cimg2553おおばことヨモギもこのとおり。
ヨモギも、デトックス効果があるようです。

季節のもの、旬のものに触れるとなんだかそれだけでエネルギーを感じてしまいます。
生命力というか。
単純に「そこにあるもの」が大事だったりするんでしょうね。
無理して手にいれるのもいいかもしれないけど、風土や季節にあったものが「そこ」には合う。

水俣エコハウスでは、そのような感覚に出会う事が多いです。
水俣には水俣のもの。というように。



では、次はこれらの野草を煎じてみることにします!
次回へつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »