« グリーンカーテンと畑の続き | トップページ | 野草茶、作ってみる。そこにあるもの。後半 »

2016年5月 5日 (木)

野草茶、作ってみる。そこにあるもの。前半

今日は、五月五日、子どもの日。

七十二候では、「蛙始鳴」~かわずなきはじめる~と呼ばれる時期。

七十二候って面白いですね。日々が楽しくなる。
カエルの鳴き声が聞こえると「あー!ほんとだー!」って思います。なんだか嬉しくなります。
こういうのが「ちいさな幸せ」って言うんでしょうか?^^
あれ、黒板「かわずはじめてなく」と間違ってる・・失敬、書き直します。。うっかり。


二十四節気では、「立夏」。

ついに「夏」という文字が。「夏」がすぐそこまで来ていますね。
最近日差しがぐんと強くなり、草や木、花などの緑たちは、力強さを増してます。
見ているとこちらも元気になります。
水俣の山も日に日に、モリモリもこもこ。玄関のマーガレットもこんなに咲き誇ってます。

Cimg2547

水俣エコハウスではこの時期、連日、畑やグリーンカーテンの設置などせっせと作業をしていますが、雑草たちも元気!どんどん生えてきます。
刈っては生え、刈っては生えのイタチごっこ。
先日、草刈りをしていると、ふと気付きました。

ドクダミ・・ おおばこ・・ ヨモギ・・ なずな・・・   
野草がいっぱい!

お茶にしてみようと思い立ちました。野草のエネルギーをいただこう。

Cimg2152おおばこは、昔から咳止めや下痢止めなどに使われていたそう。デトックス効果も。

Cimg2126ドクダミは、名の通り「毒だし」。わたくしは好きで普段でもよく飲みます。焼酎に浸け込んで、化粧水を作ったりしています。お茶は自分で作るのは初めて!


陰干しをしました。こんなにカラカラに。ちょっと葉っぱがちいさかったかな?Cimg2552_2

Cimg2553おおばことヨモギもこのとおり。
ヨモギも、デトックス効果があるようです。

季節のもの、旬のものに触れるとなんだかそれだけでエネルギーを感じてしまいます。
生命力というか。
単純に「そこにあるもの」が大事だったりするんでしょうね。
無理して手にいれるのもいいかもしれないけど、風土や季節にあったものが「そこ」には合う。

水俣エコハウスでは、そのような感覚に出会う事が多いです。
水俣には水俣のもの。というように。



では、次はこれらの野草を煎じてみることにします!
次回へつづく。

|

« グリーンカーテンと畑の続き | トップページ | 野草茶、作ってみる。そこにあるもの。後半 »

エコハウスでエコライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野草茶、作ってみる。そこにあるもの。前半:

« グリーンカーテンと畑の続き | トップページ | 野草茶、作ってみる。そこにあるもの。後半 »