« 雨のエコハウス | トップページ | 6月19日(日)不用品譲渡交換会「あれくれこれやる」を開催します! »

2016年5月29日 (日)

地元のこうじ屋さんの麹で・・・

Cimg2914
 
見て下さい、このふわふわ白く、美しく育った麹。
 
地元のこうじ屋さんを初めて訪ねた管理人、
麹やお味噌のこと、お店を構えている地域の移り変わりの様子など、いろいろ興味深いお話を聞かせていただきました。
水俣エコハウスで、「暮らしの教室」的な催しを開きたい(保存食作りとか)、
それには何がいいかなぁと思案中。
購入した麹を使って、試しに甘酒を作ってみましたよ。
 
Cimg2915_2
 
作り方を本で見ても保温器が必要で、炊飯器を持たない管理人は諦めていたのですが、
「そんなものいらないよ!」と教えていただき、びっくり!
 
 
Cimg2917_2
 
ここだけ気をつけて、と言われたのは、よくほぐした麹に混ぜるお湯の温度です。
60℃。
普段ずぼらな私もここはきちんと測りました(笑)
 
 
Cimg2919
 
やわらかめに炊いたモチ米を、温度が一気に上がらないように少しずつ混ぜていきます。
そしてこれで終了なんです!
あとは軽く蓋をして、一晩置いておくだけ。
そうすると翌日には甘くて美味しい甘酒ができたのでした。
 
 
14644787269811
 
なんて簡単!それでこんなに美味しい甘酒ができるとは!
早く教えてもらっとけばよかった・・・(^^;
 
 
Cimg2975_2
 
麹と塩と水を混ぜて、塩麹も仕込んでみました。
こちらも1日1回、5日間くらい混ぜるだけ。
 
昔は山に麹の菌をとりに行っていたそうです。
それだと味噌にしたときにうまくできたり、できなかったり。
今では純粋培養で菌を専門につくる所があるそうです。
 
水俣出身の徳富蘇峰のお母さんは、麹作りが上手で地域の人達に作ってあげていたとか。
「地域に一人は、~名人がおって、お互いあげたりもらったり、そんなふうな暮らしがあったとだもんねえ。
時間も本当にゆっくり流れていた。
そんな時間を見直したい、取り戻したい」
 
お仕事が一段落した午後の時間、美味しいコーヒーを入れて、お話に付き合ってくださるご主人。
「足るを知る」水俣エコハウスの在り方にも通じる、ほっとするひと時でした。
暮らしの知恵や技を地元の方に教えてもらうような、大げさでない場を設けていけたらなぁというのが目標です(^^)
 
 

|

« 雨のエコハウス | トップページ | 6月19日(日)不用品譲渡交換会「あれくれこれやる」を開催します! »

エコな食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地元のこうじ屋さんの麹で・・・:

« 雨のエコハウス | トップページ | 6月19日(日)不用品譲渡交換会「あれくれこれやる」を開催します! »