« 冬支度整いました! | トップページ | 季節のいろ。 »

2016年11月19日 (土)

味噌作りに挑戦!

Cimg4716
 
おやや??
甘いいい香りがエコハウスに漂います。
このふわふわと雪のような繭のようなものは何でしょう??
・・・答えは、米麹(こめこうじ)です^^
 
住まいは暮らし方とひとつ。
「味噌部屋」という貯蔵庫もある水俣エコハウス、味噌作りに挑戦しました!
 
Cimg4712
 
麹を購入した水俣の「緒方こうじ屋」さんに教えていただいた割合、
「大豆750g、天然塩500g、麹2.5㎏」でやってみましたよ。
緒方さんは、今は珍しい木の室(むろ)で麹を育てておられるこの道の3代目。
お話しを聞いていると麹にかける熱いおもいが伝わってくる、まさに「職人」さんです。
 
Cimg4720
 
一晩水に浸けて膨らんだ大豆を圧力鍋で柔らかくなるまで湯がきました。
 
Cimg4729
 
大豆が熱いうちに手で潰していきます。
これがなかなか気持ちがいい!
 
Cimg4731
 
よいしょ、よいしょ。
ビニール袋に入れて潰してみました。
 
Cimg4733
 
催しで味噌作り体験をしたいと考えているので、あの手、この手、どんな方法がやりやすいか試しながら、楽しみながら^^
 
Cimg4737
 
ほぐした米麹に塩を加え、よく混ぜ合わせ、
 
Cimg4739
 
潰した大豆を投入!
粘土くらいにしっとりなじませるということなのですが・・・二人がかりで混ぜ込んでもボロボロするばかりで、ぜんぜんまとまってくれません(゚ー゚;!
焦り心配になっていく二人・・・
 
Cimg4742
 
どうも大豆の茹で方が足りなかったようなのです。
先の写真で、親指と人差し指で大豆を潰して硬さを確認していますが、実はこれ、親指と薬指、もしくは小指で確かめるそう!
それくらい柔らかくするということ。
やりながら、硬すぎたんだなと感じはしていたけれど、時すでに遅し!
 
Cimg4744
 
緒方さんに電話でアドバイスしていただき、さ湯を加えて(多分普通よりかなり加えて)なんとかまとめました^^;
ちなみに、大豆のゆで汁を加える文化は関東の方のもので、味噌に色をつける意味があるそうです。
東西や各地域でそれぞれのやり方が出来上がっていったわけを知るのも面白そう。
 
Cimg4749
 
もうこれでよか!と半ば投げ出し(笑)、丸めて容器に投げ込んで詰めていきました。
投げ込むのは、決してストレス発散のためでなく、空気を抜くため。
表面に薄く塩を振ってビニールで覆い、重石をして、完成です!!
 
Cimg4750
 
ちなみにこちらは麦麹さんです。
米麹、麦麹両方やってみたんです。
初めての体験で、量も多くうまくまとまらなかったこともあり、へとへとの二人(笑)
でも、毎日のように使い食べながら、一度も作ったことのなかったお味噌。
「家」も「食べ物」でも、絶対必需品の身近なもののことを実はよく知らない、作れない、
そんな現代で、いい香りを漂わせ、よいしょよいしょと手作りに挑戦することは、やっぱりいろんな気づきと感動を生んでくれます。
小さなことを、小さな足もとで、楽しんでいきたいものです^^
3か月後の報告をお待ちくださいヽ(´▽`)/
 
 
 
 

|

« 冬支度整いました! | トップページ | 季節のいろ。 »

エコな食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 味噌作りに挑戦!:

« 冬支度整いました! | トップページ | 季節のいろ。 »