« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月25日 (水)

「優しい納豆」出来ました!

Cimg6187
 
先日、お味噌用の大豆を薪ストーブで煮ることができるかどうか試してみました。
結果は…食べるには美味しいけれど、丸二日かけても、親指と薬指で簡単に潰せるやわらかさにするのは無理と判明(^-^;
 
この茹でた大豆たちはどうしよう???
 
Cimg6211
 
納豆にしてみよう!
大豆500gに対して、なんと市販の納豆1パックを混ぜて保温するだけ、というとっても簡単な作り方を教えてもらっていたので丁度いい機会です。
 
まぜまぜ♪
 
Cimg6216
 
容器に入れて、
 
Cimg6221
 
湯たんぽ方式でタオルで包み込み、さらに発砲スチロールの箱に入れて保温してみることに。
 
Cimg6222
 
わが子のように大事に(笑)
40℃以上70℃未満を8時間キープするということ。
それにしてもこんな簡単に、大豆を何倍にも増やしてしまえるのか!?
そんなお得なことってあっていいのかしら(笑)
さて、一晩開けて取り出してみると・・・
うん、におうぞ、臭うぞ!
 
Cimg6326
 
市販の物のような強いねばねばはありませんが、混ぜると糸を引き、「優しい納豆」という感じです!
 
Cimg6332
 
 
大豆はご近所の方の安心の手作りのものなので豆自体が美味しく、いくらでも食べてしまいそう。
もう少しねばねばになるものなのか分からないので、教えてくれた方に聞いてみたいと思います^^
納豆もお味噌も身体にいい日本の伝統食品。
気軽に自分で作って楽しんで食べていると、心も体もますます元気になりそうです〇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

お味噌が出来た!!

10月14日に初めて挑戦して仕込んだお味噌。
表面に出たカビを取ったりと月に1度お手入れをしながら、待ってい3か月!
もういいかなと、今日見てみました。
 
Cimg6232
 
じゃじゃ~ん!
おお、美しい!これは見るからにお味噌ではないか!(笑)
右の白っぽいのが米麹で作ったもの、左は麦麹です。
3ヶ月前、その麹の色の違いに驚いたものですが、出来上がりの色も全然違います。
 
Cimg6230
Cimg6231
 
早速食べてみると、うん、美味しい!
米味噌の方が色も上品ですが、麦味噌の方が田舎もんという感じで甘みも強く、私はこっちが好みかな~
これから熟成を重ねると、また美味しくなっていくそうなので、その違いも楽しみながら使っていきたいと思います。
 
土曜日には、水俣の緒方こうじ屋さんにゲストで来ていただき、味噌作りの体験会を行うので、参加者に3ヶ月後の状態をお見せできそうでほっと一安心^^
 
Cimg6234
 
お昼に畑のレタスをちぎって、出来立てお味噌を付けて頂こうっと♪
 
こんなに手軽にお味噌ができるなんて、びっくりです。
やっぱり実際のやり方も、その楽しみも感動も、何でもやってみないと本当には味わえないんだなぁ。
水俣エコハウスがその一歩へのきっかけの場になれるように、と思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

棟梁と、手すり作りに挑戦!(前篇)

Cimg6189
 
こちら水俣エコハウスの上り口です。
お年寄りが来られたときなど、上がり框に腰かけて靴を脱いでから室内へ上がるのにつかまる所がなかったので、手すりを取り付けることにしました。
 
 
Cimg6144
 
市販のものを付ける案も出ましたが、伝統的構法で建てられ、住人が楽しみながら自分で手入れをしていくという水俣エコハウスらしくないかなぁ。
建設時の大工棟梁・田口さんに相談すると、「ほんなら、自分で作るや!」と早速図面を描いて打ち合わせに来てくださいました!
 
Cimg6143
 
握りやすいよう八角に削った木の手すりです。
もちろん釘など使わず、ホゾ(突起)とホゾ穴を加工して柱に取り付けるものです。
 
 
Img_1940
 
あれれ、ここはどこでしょう?
やってきました田口さんの作業場です。
(ちなみに上の写真の機械と刃物は「くりもの」用です)
 
 
Img_1941
 
まずは機械の自動カンナで直角をとりながら材料を削りました。
左側の角材をこれから手すりに仕上げていくんですね。
 
Img_1944
 
「けん竿っていう、これが大事なんだ」と田口さんが木を削って持ってこられました。(写真の下の材)
エコハウスの柱にも、ホゾ穴などの位置を墨付けしないといけません。
その時、手すり側のホゾの位置とずれないように、手すりに付ける線をけん竿に写しとっておくということ。
これを忘れたら、取り付ける時に困ったことになる、というわけです!
 
Img_1949
 
およよ、なんだか真剣に頑張ってますね(笑)
「俺じゃなくて、あんたが作るとたい!」と、
差し金の持ち方や線の引き方から丁寧に教えながら進めてくださる田口さん。
線一本引くのも、ミリ単位以下の世界で正確に引くということは本当に難しい(;゚∇゚)
見るのとやるのは大違いとはこのことです!!!
 
Img_1953
 
この道具は「けびき」と言って、ホゾ穴の線を引くのに使いました。
平行な線(印)を付けることができます。(細かい説明が難しい・・・)
もちろん田口さんの手作り。
 
 
Img_1951_2
 
手すりの方のホゾ穴は素人には難しいということで、機械であけいきました。
でも今は木を木で組むことが少なくなっているので、こういう機械を使うことも減っているそうです。
機会がないということは、技術や道具が使われず、使える人がいなくなっていくということで、なんだか悲しいうような気もしました。
(建具屋さんはまだまだ使っているそうです!)
 
Img_1955
 
さあ、一番苦労して手間取った、同付鋸(どうつきのこぎり)です。
柱と接する面を作るので、隙間ができないよう、とにかく「まっすぐ」!引かないといけないのですが、それが本当に難しい!!!
当て木をして、それに鋸の歯がぴったり(田口さん曰く「吸い付くように」)付ける、そして鋸を引いていくのですが、切る以前に、当て木に歯がぴったり付かない(;д;)
刃先をくっつけようとして力が入り、1ミリくらいだけどどうしても手元の方に隙間ができるのです。
 
Img_1957
 
練習あるのみ! 練習の後↑(笑)
感覚を(少しですが)つかんだ時の嬉しかったこと!
田口さんがされるのを見ると、もう見事としか言いようがない。
でも、いともやすやすとされるので、自分でやってみなかったらその凄さは分からなかったので、本当に貴重な機会を頂いています。
 
結局ここに時間がかかり、続きはまた後日。
無事完成したとご報告できるよう、頑張ってきます(^^)/
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

冬のエコハウス

こんにちは。久しぶりのブログ更新です(^^;

寒い日が続いてますね。皆さん、いかがお過ごしですか~?(^^)

来館者が減る冬は、外作業に精を出して頑張ってますよ~!

Cimg5978

さるすべりを剪定したり、

Cimg6155
よいしょ、藤棚を剪定したり、なかなかのちから仕事です!

Cimg6015_2
可愛いお花を植えたり、

Cimg6079
畑は、ほうれんそうの種を蒔いたり、野菜の苗を植えました。

Cimg6131_2
室内では、バジルの種の袋詰め作業など。バジルの良い香り~!うっとり。

Cimg5984
剪定した後は、薪ストーブの焚き付けに使います(^^) 

焚き付け用がたくさん採れましたよ!

是非、薪ストーブに暖まりに来て下さいね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

2017年もよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます!!

ぽかぽか良い天気~青空広がる水俣です!Cimg5961




本日から開館しております。

Cimg5963
これからも「皆さんに親しんでいただけますよう」に、イベント、
そして「エコハウス」としてのあり方など、いろいろと考えていきますよ!
昨年は本当にたくさんの方が来館してくださってにぎわいました。ありがたや~
ご近所の方も声をかけてくれる方が増えてきたように思います。嬉しいことです。

今年もよろしくお願いいたします^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »