« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月27日 (火)

薪ストーブ体験会を開催しました^^

Cimg4202

あれれ、ブログのタイトルは「薪ストーブの体験会」なのに、畑の講習会か何かの間違いでしょうか!?

Cimg4198_2
いえいえ、今日は一日を通して、薪ストーブの体験会を行いましたhappy01

エコハウスの来館者でも薪ストーブに関心を持たれる方は多いですが、家に取り付けるとなるとためらうことも多いですよね。

かといって、煙突のある家にのぞきに行くわけにもいかないし・・・

ここはモデル住宅のエコハウスの出番!ということで、薪ストーブの体験会を企画しました。

1枚目の写真は、ストーブの灰受けに溜まった灰を畑にまいているところです^^

Cimg4204

3組7名の参加者にも体験してもらいながら、火を点ける前の作業からスタート!

Cimg4208

お~ついた、ついた!

皆さん関心のある方々だけに、熱心に説明を聞かれ、反応も上々!ありがたいことでしたconfident

Cimg4225

参加者は、「取り付けてみたいけど、実際どうなのか体験したかった。」「電磁波アレルギーでエアコンが使えないから、薪ストーブはどうかなと思って」といった方々。

10時の火つけから、薪ストーブの特徴や普段の手入れの仕方、シーズン後の煙突掃除の方法まで、丁寧に説明することができました。

Cimg4215
さて、暖まっていく薪ストーブを前に、料理の下ごしらえをみんなで^^
そう、薪ストーブは暖房用だけでなく、調理器具としての楽しみ方もあるんですwine

Cimg4245

今回は、天板で野菜の煮込み料理とナンを焼くことにしました♪

1人1枚、マイ・ナンをのーびのーび伸ばします♪

あ、テーブルの上の焼き芋は灰受けの中でじっくり焼いたものですよhappy01

Cimg4254

鋳物の薪ストーブ本体は200℃から250℃で温度を保つようにしています。

天板にやかんやお鍋をかけたり、こうして生地を焼いたりするのにも使えます!

Cimg4261

ダッチオーブンを使った野菜の煮込み料理(トマト味とカレー味)も天板の上で、コトコト。

おいしそうに出来上がりました*^^*

ちょうど時間はお昼! みんなでいただきまーす〇

Cimg4278

調理の待ち時間には、エコハウスの見学も。

居心地の良さが、自然素材や地元の職人さんの手によることに皆さん納得^^

Cimg4274

1日を通して台所や洗面所、子ども部屋などを実際に使うことで、使い心地等を体感してもらえたのも良かったなあと思いました。

見学だけでは分からないこともありますもんね。

Cimg4288

さて、お腹も関心も一通り満足し、火も落ち着いたところで、次の調理体験へ!

薪ストーブの中での調理法です。

Cimg4284

専用のクッキングスタンドを中に入れ、その上にダッチオーブンを乗せ、オーブンのようにして調理ができるんです♪

お鍋の中身は・・・

Cimg4290

美味しそうな匂いと湯気が上ります!

エコハウス製のバジルソースをからめた野菜のごろごろ焼き。

蒸し焼きのようになって、野菜のうまみが際立ちますcatface

Cimg4296

こちらは焼きリンゴ! 甘いいい香り~♪♪

Cimg4280

薪ストーブの一番の良さは、これじゃないでしょうか!

火があるとその周りに人が集まってきて、こんな和やかでいい笑顔の空間が自然とできることconfident

今回の体験会は、薪ストーブと参加者の皆さんとで、とても居心地のいい1日となりました。

また、結果的に「水俣エコハウス体験」ともなっていたことも、良かったなあと感じました◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

庭木を原木に、椎茸のコマ打ちしました!

庭木の2本のクヌギが大きくなったので、昨年の12月に1本を伐採しました。

これは椎茸の原木に使えるではないかflair

食いしん坊の管理人、椎茸栽培の夢が膨らみますlovely

Cimg2898

ご近所の方で椎茸栽培をされている方にお聞きすると、「ちょうどいいサイズ。1本でもできますよ」とのこと!

倒した木から水分が抜けるまで枝葉を付けたまま寝かせておくように、と教えてくださいました。

待つこと2ヶ月、椎茸のコマ打ちをするのに最適な時期(2月)がやってきました!

Cimg4013

男性スタッフのお力拝借punch

90㎝程度の長さに鋸で切っていきます。
直径10㎝程度のものが3本、細めのものが2本とれました^^

Cimg4066
さあ、いよいよ椎茸の種コマの打ち込み作業です♪

Cimg4021

電動ドリルの先に専用のキリ先を取り付け、穴を開けていきます。
一般的に90センチ~1mの長さ×直径10㎝の原木で、40個くらいの種コマを打つそうです。
メジャーで間隔を測りながら、イケイケドンドン!

Cimg4024

こんな感じです!

Cimg4033

交代で管理人も挑戦しました。結構力がいるぞ~

水俣エコハウスに似合うなかなかいい作業風景ですね(笑) 

Cimg4034

初めて目にする椎茸の種コマ。

この椎茸菌が原木全体に広がって繁殖し、やがてぽこぽこと、あちこちから椎茸たちが出てくるのですねえ。

Cimg4043

1人が穴にコマを入れ、もう1人がゴムハンマーでトントンと打ち込んでいきました。

Cimg4067

じゃじゃ~ん!!

あら、これだけ?と思うなかれ!

この5本に100個の種コマを打ち込みましたヽ(´▽`)/

Cimg4069

たっぷり、水やり。稲わらをかけて乾燥を防ぎます。

よく林の中などに原木が立てかけてありますが、その前に「仮ふせ」といって、菌が原木に移って蔓延を始めるように、梅雨前まで寝かせて管理するそうです。

さて、皆さん、無事に椎茸が出てきて私たちのお口に入るのはいつのことと思われますか?

なんとこれから夏を2回越した秋から発生が始まるそうです!

約2年後?!(笑)待ち長いことじゃ~モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!

皆さんも2年後の鍋パーティーのご報告を気長にお待ちください・・・(笑)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

真冬の水俣エコハウスの過ごし方

Cimg0001
何だこれ!? 「ニョロニョロ」がこんな所に!?
湯たんぽと一体化するの図です!(笑)

今冬の冷え込みはとても厳しく、水俣でも度々雪が降って寒さが続いています。

Cimg3915
Cimg3909
雪は楽しいですが、あんまり寒いのは体に堪えますよね。

Cimg3773
立ち寄りのお客さんの定位置は、ここ!
薪ストーブに手をかざし、お喋りする光景は冬の定番(o^-^o)

暖房器具はこの薪ストーブ一台なので、どうしても足元が冷える
⇒でも電気カーペットとかは使いたくない
⇒それで湯たんぽの出番!というわけflair
ストーブの上で沸かしたお湯を入れ足元に置くと、「あったか~い!」

Cimg3780
火鉢です!
頂いた火鉢に薪ストーブで出る灰を溜めて、この冬、初挑戦smile
炭の着火はもちろん薪ストーブ! ガスコンロ等を使わなくてもいいのです。
じんわりと優しいぬくもりに、手をかざすものが1つ増えました〇

Cimg3881
究極の寒さへの対処は、体を動かすこと!(笑)
木々もお休みの冬の間に、剪定に励みます。
冬は室内外の補修、手入れ作業の時期。
季節とともに日々の過ごし方や時間の流れがつくられていく水俣エコハウスです。

Cimg3922
今日も、地域の子達がやってきて、あやとりをしたり宿題をしたり。
冬の静かな時間もなかなかいいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »