« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月28日 (水)

障子の張り替え、やってみた!

Cimg9540


冬めいて来た11月23日、24日、イベント「障子の張り替えやってみよう!」を行ないました。

  1日目

当日の朝、お散歩中の方が「障子かー。子どもん頃は毎年張りよったなあ。」と懐かしそうに声をかけてくれました。

Cimg9389

講師は渕上畳店の渕上学さんです。

Cimg9412

道具も一式持って来ていただきました。

Cimg9415

まず、障子を外しますが、その前に正しい位置にはまっているかを確かめます。
基本は、2枚障子なら右が手前で左が奥。4枚なら真ん中2枚が手前で両側が奥です。でもエコハウスの寝室の障子は逆になっているんですね。
外したら、どれがどの位置の障子かわかるように、上の部分など見えない場所に、鉛筆で番号などを書いておきます。

Cimg9420_2

家族室の大きな障子も外して外へ。

Cimg9425

そして水をかけると

Cimg9430

ぴらぴら~とおもしろいように、はがせます。

Cimg9433

ぴら~ぴら~。

と、こんなふうに気持ち良くはがせるのは、自然のでんぷん糊を使っているからです。
接着剤(化学糊)を使うと粘着力が強すぎて、紙が張りついて残ってしまって、やすりで削らなきゃならなくなったりするそうです。

障子は、「障子紙を張り替えること」が前提です。
だから「はぎやすいように張る」ことが大切なのです。

 

Cimg9442

残った紙や汚れを、ヘラやブラシ、濡れ雑巾などで落とします。


Cimg9539
はがした障子紙。
これ、もう一度張れるんじゃない?というくらいまだまだ丈夫です。

Cimg9535

もちろん日焼けもして穴や補修の跡もついていて、暮らしの歴史が刻まれてて、それはそれで味がありますよね。
水俣エコハウスでは、補修や展示などで再利用します。
でも、障子の張り替えの醍醐味といえばやっぱり…

Cimg9449

Cimg9451_moment

子どもたちの、障子破り!!
(一部のおとなの方も参加されていました。)

Cimg9461

見事にぼろぼろ

Cimg9478

丸洗いしなくても、こうやってスポンジや刷毛で濡らしてもOK。きれいにはがせます。

Cimg9527
きれいになったら室内でひとばん乾かします。
木が反っちゃうから直射日光には当てないようにね。

Cimg9511

その後、室内でお茶をしながら、
渕上さんに、参加者の質問に答えてもらったり、
障子の歴史や和紙の特徴、アレンジ方法などを教えてもらいました。

  2日目

Cimg9545_2

さあ~今日は障子を張りますよ!

Cimg9566


最初に、障子の裏表を確かめます。つるつるした方が表です。エコハウスでは部屋側が表になるように張ります。

水俣エコハウスの障子紙は浮浪雲工房の手漉き和紙。
和紙は、通気性、調湿性に優れているし、自然な色合いが心を和ませます。
今は、破れにくい、水に強い、張りやすいなどのケミカルな紙が多く出回っているけれど、
障子本来の良さを生かすためには、やはり和紙がいちばんです。

Cimg9574

次に、糊を刷毛で練ります。みんなで、ねりねり…。

ではいよいよ、張っていきます。

Cimg9591

刷毛で糊をつけて、最初は緊張しますね。

Cimg9597

少し大きめに切った紙をはって、

Cimg9616

はみだした所に定規を当てて、カッターナイフで切り落とします。

Cimg9641

こちらは、立て掛けず、台の上に寝かせて張るやり方です。

Cimg9649

この障子は糊しろ部分に段差があるので、定規ではなく金属ヘラ(お好み焼きで使うようなもの)で押さえて切ります。

仕上がった障子を正しい位置にはめたら、完成です。

Cimg9661

みなさん、ありがとう。お疲れさまでした!!

Cimg9717

Cimg9712

日本の風土にあった住まいの中で大きな役割を果たしてきた障子。
これからも大切に使い続けていきたいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

薪ストーブ!!

ぐんぐん秋も深まって

そろそろ薪ストーブの活躍する季節です

本格的な出番の前に

ならし焚きをしました

Cimg9017

昨年のことを思い出しながら…

たきつけをいれて…

あったま~れ~

Cimg9198


ひといきつきましょう

Cimg9020

今年も

無事に活用できますように

みなさんもあたたまりに来てください


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

イベント「障子の張り替え、やってみよう!」のお知らせ

早いもので、もう11月。今月のイベントのご案内です。

Cimg8938

障子は、日本に昔からある馴染み深い建具です。
かつては、年末には家族で障子の張り替えをして、新しい年を迎えていました。

でも今の若い方たちには、張り替えも、障子自体も、身近でなくなりつつあるのかもしれませんね。
みんなで張り替え作業をしながら、障子の良さを改めて感じてみませんか?

講師は、渕上畳店の渕上学さん。障子や襖(ふすま)の張り替えも手掛けられる職人さんです。張り替え作業だけではなく、障子の歴史や、補修方法、おしゃれなアレンジ方法なども教えていただきます。

日時 11月23日(金・祝)、24日(土) 13時~16時
場所 水俣エコハウス
参加費 無料
定員 10名

 1日目は古い障子紙をはがして枠を洗う作業、2日目は新しい障子紙をはる作業です。
 どちらか1日だけの参加でもOKです。
参加のお申込みは、水俣エコハウスへお電話でお願いします。

こちらは、昨年の張り替えの様子です。

Cimg3564

Cimg3573

Cimg3614

Cimg3666

きれいでしょ~。

そして今年は
Cimg8947
エコハウスでいちばん大きなこの障子を、建設以来初めて(*^.^*)張り替えます。
障子紙はもちろん地元の浮浪雲工房の手漉き和紙です。

ご参加お待ちしています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »