« あくまき作りのまき① | トップページ | 市報連載「水俣エコハウス通信-職人さんに聞くー①②」 »

2020年5月15日 (金)

あくまき作りのまき②

さあ、今日は本番です。

Img_3868

朝イチでもち米を灰汁(あく)に浸けます。

普通はその前にいったん水に浸けておくのですが、今回は無洗米を使ったのでそこは省略。

先日ここで作った灰汁と、試しに市販の灰汁と、2種類作ってみることにしました。

約5時間浸けます。灰汁が違うと色も吸水ぐあいも違ってておもしろい。

Img_3869

ザルにあけます。

次に竹の皮を準備します。

Img_3865

この竹皮も田畑さんにいただきました。

1年前に孟宗竹の皮を採って洗って干しておいたものだそうです。

Img_3938

前日に水で戻して、ちょうど良い大きさに切って使います。

Img_3926

広げた中にもち米を入れて包みます。

片方に寄らないように、はみださないように。

Img_3929

竹皮を割いた紐で結わえます。

Img_3915

「きつすぎると、炊きあがった時赤ちゃんの腕みたいになるから、やさしくね。」

「なるほどね~」「これくらいかな?」

Img_3937

包み終わりました。

Img_3939

ここから、本当は外のかまどで4時間くらいかけて炊くそうですが、

あいにくの雨模様のため室内で圧力鍋で炊くことにしました。

Img_3950

約1時間。

Img_4030

あくまきだ!

Img_4034

切るときは竹の皮の紐で縛るようにすると、気持ち良く切れるんですね。

(今まで包丁で切っていました💦)

Img_4042

きな粉とお砂糖をかけていただきました。美味しい~~。

 

それにしても、今回はすべて田畑さんに教えてもらって作りました。

灰汁の濃さも浸けかげんも炊き方も、経験による勘が大事で、即席で上手にできるものではなさそうです。

だからこそ、伝えられていってほしいなと思いました。

Img_4045

田畑千代子さん、何日もかけてていねいに教えてくださって本当にありがとうございました。

お隣は息子さんの田畑課長です。段取りから荷物運びからお鍋の番まで、大変お世話になりました。

Img_3916

またエコハウスで、みんなで作りたいな。

|

« あくまき作りのまき① | トップページ | 市報連載「水俣エコハウス通信-職人さんに聞くー①②」 »

エコハウスで手作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あくまき作りのまき① | トップページ | 市報連載「水俣エコハウス通信-職人さんに聞くー①②」 »