エコハウス普及イベント

2017年7月29日 (土)

1日1組泥だんご作り体験第1回

Cimg0068

w(゚o゚)wいきなり始まってますが(笑)、夏休みの泥だんこ作り体験の受け入れが始まりましたよ!

初回はお母さんと1年生の娘さんのお2人でした^^

Cimg0070
今まではボールの芯(土壁の材料と同じ泥+砂+藁すさ)に漆喰を塗るところから体験してもらっていましたが、今年は芯を球体に削る作業も体験してもらうことに^^

「結構重くてかたいんだ!」 真ん丸になるよう、ガリガリ削っていいよ~

Cimg0071
上手に扱ってますね~

飛び出てきた藁すさをバナーで燃やして焼き切っているところです。

Cimg0073

室内に移動して、早速下地の荒い漆喰を塗っていきましょう~

Cimg0079_2
指とペットボトルを利用したヘラを使って塗りつけていきます。

(おや、横のこの大きな手は誰のだろう??)

Cimg0086_2
荒漆喰が乾いてきたら、お猪口のふちを使って、表面をきれいにしていきます。

この下地の漆喰塗りをいかにきれいに仕上げられるかが、ピカピカshine泥だんごへ到達するためのキーポイントなのです!

(横に座る作業着の主は何者!?)

Cimg0089_2
みんなで真剣に取り組みます!

(この大きな背中の主は誰なの~??)

Cimg0092_2
表面にがさごそするところがないよう、仕上がってきました!

Cimg0094_2

下地塗りが完成したら、いよいよ仕上げ用の漆喰ペーストを塗っていきます♪

この横の方、ずいぶん引っぱりましたが・・・(笑) 

笑顔で見守るお兄さんは、水俣エコハウスの左官仕事を担われた溝口工業の溝口さんです。
この日は初回ということで来てくださいました^^

Cimg0098

プロはやっぱり違います!

先ほどの下地の仕上げなど、そこまで完璧にきれいな表面になるんだ!と、恥ずかしながら教える側の管理人がビックリw(゚o゚)w

Cimg0106_2
白い漆喰に色粉を混ぜて、青や黄色赤色もできるんです^^

さあ、ここから集中して磨きをかけていきますよ~

Cimg0108_2
「お母さんの方はどんなかな?」

「いい感じ~◎」

Cimg0115_2
・・・きゅっきゅっ・・・きゅっっきゅっ・・・ 

「あ~何か音がするよ!」

「光り始めてる証拠だ~」

・・・きゅっきゅっ・・・きゅっっきゅっ・・・ 

Cimg0121_2

「ボールよボール、お答えなさいcatface

私は魔法のボールを持つお姫様、あなたの運勢を占ってあげましょうcatface

なーんて気分になるような(笑)、ピカピカshineの泥だんごが完成しました!!!

1組の受け入れということで、ゆっくり真夏の水俣エコハウスを体感しつつ

(「風が通って涼しい~」「エアコンは疲れるので、一部屋でもなしで過ごせるといいな」)、

楽しみながら伝統的な漆喰仕上げの土壁や左官の技法に触れてもらえたようでした^^

これからあと5組の受け入れがあるので、それぞれどんな声が聞けるか楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

イベント「布ぞうりをつくろう!」の2日目を開催しました^^

Cimg9375_2
本当に梅雨に入ったの!?

梅雨時季でも気持ち良く過ごせる水俣エコハウスを体感してもらおうと企画した今回のイベントですが(笑)

Cimg9287_2

でも風がそよぐ室内で、着古したTシャツを布ぞうりに変身させる「布ぞうり作り」を楽しむ空間が今回も生まれました♪

Cimg9256_2
一日目の六月三日は、ぞうりの土台を編むところまでを行いました。

そのぞうりの裏に飛び出た紐(写左側のぞうり)を、箸を使って布の中に押し込み「しまつ」する作業から始まりです!

Cimg9264_2
今回のメインは、鼻緒作りですo(*^▽^*)o

まずはビニールロープを布で巻いて縫い留め、鼻緒の中に入れる芯を作ります。

布で巻くことで足触りがぐっと違ってきます。「手間だけど、こういうひと手間が大事」という先生の言葉に納得。

Cimg9279_2
親子でのご参加^^ 

お二人とも作ることがお好きだそうで、親子で素敵だなあと思わずパシャリ♪

鼻緒にする布を選んで筒状に縫う作業は、「宿題」として皆さんお家で作ってきて頂きました。

Cimg9297_2
エコハウスチームは4人がかりで、一足と取っ組み合い!?

参加者の皆さんはお一人で一足仕上げていかれるのを「すごいね(゚ー゚;」と言いながら(笑)

Cimg9331_2
さあ、いよいよ、鼻緒をぞうりに取り付けていきますよ!

Cimg9333_2
ここでもお箸が活躍です(笑)

箸で布の隙間に鼻緒を押し込み、何回か編みこんでいきます。

Cimg9325_2

皆さん熱心に先生の説明を聞いて…と書くとなにか真面目な感じですが、

今回はお二人の講師と参加者の遠慮のないやりとりが見ているだけで楽しく、笑いが絶えない会でした。

生粋の水俣弁がポンポン飛び交います(笑)

Cimg9347_3
どうかな~ 足に当てて調整しながら・・・ 

Cimg9353_2
じゃじゃ~ん!!まあ~もじょかよ~(可愛いの水俣弁(笑)) 

あの親子のお二人の「作品」ですshine

Cimg9366_2
じゃじゃじゃ~ん!!まあ~こりょあ良か!

色とりどりの皆さんの布ぞうりの完成ですヽ(´▽`)/

布ぞうりのお店屋さんの軒先みたい!

Cimg9369

自分だけの布ぞうりを持って皆さんで記念写真♪

これからの季節、体もお家の床も気持ちよく使っていただだけると思うとまた嬉しいです。

二回に渡った今回のイベント、

講師の萬谷さんと前田さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!

今後も水俣エコハウスをいろんな角度から体感してもらったり、住まいのことや暮らしのことをちょっと立ち止まって見直すような場(機会)をつくっていきたいと思っています^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

イベント「布ぞうりを作ろう!」を開催しました!

Cimg8887_4
6月3日、先週の土曜日に今年度初のイベント「布ぞうりを作ろう!」を開催しました。

古着のTシャツを布ぞうりに生まれ変わらせるのを楽しみながら、

来館者が驚かれる風通しと、土壁や木の自然素材によって、梅雨時季でも気持ちよく過ごせる水俣エコハウスを体感したもらいたいと企画しました^^

布ぞうりは健康にも良く、履きながら床の掃除にもなる優れもの。

水俣エコハウスにもぴったり^^

Cimg8890_3
エコハウスの紹介のあと、早速講師の萬谷まゆみさんと前田さんの手ほどきを受けながら、布ぞうり作りのスタートです!

Cimg8906_3
持参いただいたTシャツ三枚を先生に見ていただき、「これはオッケー」というものを、紐にするために裁断していきます。

というのも、実はTシャツなら何でもいいというわけではなく、表地と裏地の編み方が異なるものでないと布ぞうりに変身できないのです!

Cimg8897_3
その「選ばれし」Tシャツ君を約7センチ幅に裁断した布を、グーンと引っ張って伸ばすと…

あら、不思議、くるん♪と丸まって、布ぞうり特有の丸みのある編み紐に!

Cimg8909_3 

エコハウスチームでも一足挑戦punch

ぐーん、ぐーんと、伸ばして紐にする感触がなんか楽しい^^

Cimg8933_2

さて、一足分の紐ができたら、醍醐味の編む作業に。

手軽に家庭でできるようにと考えられたワイヤーハンガーを利用して作業していきます。

Cimg8932_2

4本のビニールロープに、1本の布紐を渡すようにして編んでいきます。

Cimg8936_2
途中で色の違うTシャツで作った紐を足したりして、皆さんそれぞれの色形のものができてきましたo(*^▽^*)o

Cimg8972_2
Cimg8987

今回、大きなテーブルをどかし、皆さんおもいおもいに床に材料と体?を広げて作業しました。

エコハウスの無垢板の床も喜んでいるようです^^

Cimg8994

編み終わったら、ぞうりの裏にビニールロープを上から下へと潜り込ませます。

この時、活躍したのが、紐通しの道具でした。

Cimg8979_2

こんな感じです!

Cimg8991

濡れ縁に座って作っておられる姿が、なんだか「水俣エコハウスの風景」って感じで、思わずパシャリhappy01

Cimg8993

素敵♪

手作りの針山と一緒に、こちらも思わずパシャリhappy01

今日の作業はここまで!

2週間後の次回に、鼻緒を作って完成させます。

皆さんその間に裁縫の宿題もあるんですよ(笑)

今回、これまでのイベントとまた一味違う層の参加者やざっくばらんとした雰囲気に、

私たちも新鮮かつ楽しい時間を体験させていただいています。

皆さん、どんな布ぞうりが出来上がるのか、次回のご報告をお待ちくださいヽ(´▽`)/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

「1日1組限定!薪ストーブを体験しよう(ピザ作り)」を開催しました!

こんにちは!
先日、今年度2回目となる「1日1組限定!薪ストーブを体験しよう(ピザ作り)」を開催しました!

3月2日(木)、5日(日) 10:30~13:00
2日間で7名のご参加をいただきました!

電気や地下資源を使わない薪ストーブは、暖房だけでなく、調理にも活用できます。
薪ストーブの自然の暖かさや心地よさを体感してもらいたいと思い、
1日1組限定でピザを作り、ゆったりと過ごしてもらいました!
各ご家庭の美味しいピザができました(^_^)

さっそく、生地作りからはじめますよ!

Cimg7120
レシピを見ながら、ビニール袋に材料を入れて、もみ、捏ねます。
(材料は、各ご家庭で用意していただきました。)

Cimg7251
おお、力強い!捏ねるのがお上手です!職人さんのようですね!捏ねて、捏ねて、

Cimg7125
まとまってきたら、ボールに移して、表面がなめらかになるまで捏ね、丸くまとまったら発酵させます。

Cimg7260_2
ラップをかけ薪ストーブのそばで発酵させました。

Cimg7134
発酵を待っている間に具材を切りましたよ。とっても上手にお野菜を切っていますね!(^^)

Cimg7267_2
具材を切り終わった後は、エコハウスを見てもらったり、

Cimg7188_2
外に出て畑やお庭を見てもらったり、

Cimg7146
2階の子供部屋で絵本を読んだり、

Cimg7269

これは、温度計?…薪ストーブをじっくり観察して下さったり、皆さん自由に過ごしました!

Cimg7152_3
生地が倍くらいに膨らんだら、ガスを抜きます。グーでパンチ!よいしょ、頑張れ!!

Cimg7280

生地を丸くのばしていきます。皆さん、コツを掴んでとても上手です!

Cimg7162
具材をトッピングしていきますよ~!

Cimg7283_2
どんどんトッピングして、ボリューム満点、てんこ盛り!(^^)、この時点で、かなり美味しそう~♪ゴクッ

Cimg7170
火加減を見ながら、おき火で、弱火でじっくり、じっくり焼いてきますよ~。

Cimg7178
じぃっと見守られながら、焼いています(^^;

Cimg7182
Cimg7291
アツアツのピザのできあがり~♪ 上手に焼けました~!


Cimg7187
「いただきまーす。パクッ、おいしい~!」、「まだまだ食べれるよ~!」
おいしい笑顔を見れました、良かったぁ~、ホッ(^^)

私たちまで、おすそ分けして下さり、ありがとうございました!
とっても美味しかったです(^^)

今回、薪ストーブ体験ということで、ピザ作りを楽しみながら、
薪ストーブを間近で見てもらったり、近くで炎を眺めたり、暖まりました(^^)

ご家族との大切なひとときをエコハウスで楽しく自由に過ごしてもらえて良かったです!(^^)

参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

「竹遊び~門松の竹を使って」開催!(後半・竹の木琴編)

こんにちは!


桃の節句も過ぎ、日中の日差しも随分と暖かくなりました。


からすのえんどうに菜の花、なずなにハコベ、よもぎも、勢いよくもりもりと生えてきています。

本日3月5日から二十四節気は「啓蟄」
虫たちも目覚め始めます。気持ちのいい時期ですね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、先日、「前半・竹ぽっくり編」をアップしました。
今回は、「後半・竹の木琴編」です。
みてください!この子どもたちの真剣な眼差し!
Cimg7001_2


よいしょ!よいしょ!
お父さんと共同作業!
「お~!やったー!」切れたら、大歓声~!



Cimg7002_2今回は、大人も使う機会が少なくなった、のこぎりやノミ、金づち、ナタなどの大工道具を使いました。
建築士会の方にサポートしていただき、安全に作業をすることができました。


竹に切り目を入れ、ノミと金づちで割れ目を入れて・・・
Cimg7017_2


ぱかーん!くりぬけました!
これができると、竹で器を作ることができますよ!
植木鉢のように植木を植えても、素敵かも^^
Cimg7013_2


おやおや??一仕事終えた子ども達。なにやら、竹くずで作りはじめていました^^
「これ、お箸になるよー!」
創作意欲がかきたてられたかな?
Cimg7036


さて、竹の木琴、形が見えてきました!
ヤスリで表面をきれいにし、切り目を入れて、紐を張ります。
これが本体。
Cimg7039


次に、鍵盤を作ります!
なたを使って竹を割ります。
刃を竹にあて、上から木片で叩くと、少しずつ割れるので、比較的安全かも。
Img_2086_2



長さや幅で音階が変わります。
長さが同じでも、幅が変わると、これまた変わる。

竹によっても音が違う。乾燥具合でも違う。
今回はあえて、正解などを作らず、好きな音を思うままに作ってもらいました!

ドレミ♪ドレミファ♪になった!すごい!
Img_2092

鍵盤が決まったら、ヤスリをかけ、先程張った紐に挟んでいきます。
もう木琴になってきましたね!
Cimg7063
Cimg7058_2



出来ました~!ぴーす!
みんなそれぞれ違う形に、違う音!

軽やかな音が響いていましたよ^^Cimg7079
これが作れたら、何でも作れそう!

子どもたちが集まって、わいわい賑やかなイベントになりました。
そして、子どもたちの感覚はやっぱり面白い。竹の残りをもらっていった子もいましたよ。
なにするのかな~?


今回もたくさんの参加ありがとうございました!








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

「竹遊び~門松の竹を使って」開催!(前半・竹ぽっくり編)

こんにちは!

晴れた日の昼間は、日差しが暖かく春の気配を感じる水俣です。
ハコベや菜の花まど草たちも元気になってきました^^
さて、26日にちようび、
春のイベント「竹遊び~門松の竹を使って」 竹ぽっくり・竹の木琴作り を開催しましたよ!
竹ぽっくり作りと竹の木琴作りの2チームに分かれ、同時進行しました。


今回は親子での参加が多く、大人5人子ども7人というとても賑やかな回になりました!
親子で工作できるようなイベントにしたかったので、とても嬉しかったです。


可愛い参加者ちゃん達^^
Cimg6993


さて、今回のブログは前半。竹ぽっくり作りのほうをお送りいたします。
後半は竹の木琴!お楽しみ~!



のこぎりに、電動ドリル、ナタ、のみ、金づち・・なかなか触れる機会の少ないいろんな道具を使いました。
安全第一!怪我のないよう大人たちが見守り、手助け。
軍手も忘れずに!
ちっこい可愛い軍手☆
Cimg7053

ギコギコギコ!
(自分から)「わたし切りたい~!」
もうちょいだよ~!ガンバレ~!
最後まで自分で切ったよ!!
Cimg7009

次は電動ドリルで穴あけ。
ちょっとみんな初めは音にびっくりしたのか怖がっていましたが、できました!
Cimg7057

あとは、紐を編みます。紐といっても、材料はハギレです。0円!
手作りならではの味と色。
見た目も可愛いので、インテリアや色んなものにも使えます。
お母さんのひざの上で一緒にあみあみ。
Cimg7073

一足早く作り終えた「竹の木琴チーム」も交えて、みんなで紐編み。
足の指で端っこを挟んで編んでいます。
Cimg7088


開けた穴に編んだ紐を通して。。
Cimg7092


長さを調節して出来上がり!
紐の長さはだいだい、乗ってみて自分の腰あたりに合わせるとよいですよ。
Cimg7095

さっそく出来上がった竹ぽっくりで遊んでいました!
ぽくぽくぽくぽく。
みんな上手い。
Cimg7098
よいしょよいしょ!
足指しっかり踏みしめます。
Img_2099

自分で作った竹のおもちゃ!
たくさんあそんでね~!
Cimg7097






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

春のイベント「竹遊び~門松の竹を使って~」を開催します!

こんにちは!


まだまだ寒いですが、二十四節気では「立春」。

今週末は寒くなる・・・との天気予報ですが、水俣エコハウスに庭には、確実に「春」がやってきています。ちょっとご紹介。


菜の花が咲いていました^^

Cimg6678


年末に作った門松作りで使った梅の枝。
大事に水につけておきました。
すると、
Cimg6700
少しずつ、蕾が膨らんできましたよ。

話しがそれました!(笑)


今日は大事なお知らせがあるのです!
つい春の訪れに心が躍ってしまい~!


気づけば、毎月何かしらイベントを開催している水俣エコハウス。
少しずつでも、いろんな方に水俣エコハウスに親しんでもらえたら、と思い、やっています^^

そして、
水俣エコハウスを通して、
あたりまえに続く日々の中で、環境のことや自然のこと、暮らし方、住まい方をちょっとふと考えてみるきっかけになるといいなとの思いもあります。



今月末です。

2月26日(日)
「竹遊び ~門松の竹を使って~」
13:00~15:00


昨年作り、飾り終えた水俣エコハウスの門松の竹を活用し、
竹のおもちゃを作ります。
「竹ぽっくり」と「竹の木琴」の2種類ご用意しました^^
参加費は無料ですが、事前に申し込みが必要です。
どちらか作りたい方を選んでください。

親子で工作してみませんか?

(のこぎりなど道具を使います。中学生以下の子どもには大人同伴でお申し込みください。)

Cimg6361



・〈初級者編〉昔懐かしい「竹ぽっくり」作り・
使う道具:のこぎり、電動ドリル、はさみ
(★道具を使います。大人の方はしっかりと注意し子どもの安全を確保していただくようお願いします。)
Cimg6563
私はちいさいころ、よく缶詰のカンカンで作っていました。
世代などで、懐かしい~!と感じる人と感じない人が分かれるようですが・・・。
竹に足をのせ、ひもを持ち、ぽっこぽっこ歩くおもちゃです。

足の裏も刺激され、歩くたび自然と力が入り、足指が鍛えられます。
バランス感覚も鍛えられます!
下駄をはかなくなった現代。鍛えることもなくなったのではないでしょうか。

大人がやると、足の裏がとても痛い!でも、なんだか癖になる・・・・。少しやると体が温まります。

はぎれを割いて、ひもをあむところから作りますよ^^
Cimg6586





・〈上級者編〉音がかわいらしい「竹の木琴」作り・
使う道具:のこぎり、ナタ、やすり
(★道具を使います。大人の方はしっかりと注意し子どもの安全を確保していただくようお願いします。)

Cimg6631

竹をくりぬき、土台を作り、さらに竹を割ったり、竹を切ったりして、自分で音を調節しながら鍵盤を作り、そして組み立てます。

鍵盤の幅や長さが不ぞろいでもOK!
自分の好きな音を見つけましょう!
びっくりするくらいかわいらしい音がなります。

竹ってこんなにきれいな音がするんだ、竹ってこういう細工ができるんだ、、と竹のおもしろい性質を感じてほしいです^^




成長が早く、どんどん伸びて山を荒らす竹。適度に切ることで、山の手入れにもなります。
性質を知り、活かし方が分かれば、もっと身近に竹を活用することができるんじゃないかなああ~?と思いました。お箸や器や・・・(私がそうでした。)
遊ぶおもちゃも自分で作れば、愛着もひとしお!

「竹ぽっくり」作りの方がまだ余裕がございます^^
お気軽にお問い合わせください!

水俣エコハウス(10:00~16:00月曜日休み)
水俣市月浦250-16 0966-84-9006




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

「味噌作り体験会」を開催しました^^

 
1月28日(土)の午後に「味噌作り体験会」を開催しました!
自然や地域の環境のなかで培われてきた、住まいを含めた暮らしの知恵を見直そう、という水俣エコハウス。
そこに直結する催しを提供したなあと思って企画した今回の「味噌作り」。
地元のこうじ屋さんの緒方さんと一緒に開催することができました!
 
Cimg6391
 
前日から大豆をたっぷりのお水につけて当日を迎えました。 
 
Cimg6392
 
午前中、大豆を火にかけ、ホイップクリームのように出てくるアクを取りながらやわらかくなるまで茹でる。
が、イベント開始時間が近づいても、どうもまだ固い気がしてドキドキ。
緒方さん、早く来て~(笑)
 
登場した緒方さん、「ちょっと固めだけど、大丈夫でしょう。これでいきましょう!」
ということで、イベント開始です。
 
Cimg6399
今回は5組の募集に対して本当にたくさんの申し込みがありました。
自分がそうだったように、「やってみたいけど自分一人ではなかなか踏み出せない」という方が多いことを実感しました。
写真右の背の高いお兄さんが緒方さん、ご家族でされているこうじ屋さんの4代目になられるそうです!
 
T_2
 
まずは米麹(こうじ)を台に広げます。
皆さん興味深々!
Cimg6413_2
 
「へぇ~ こんな感じなんだ!」
是非香りを匂ってみてくださいという緒方さんに、皆さん手に取ってくんくん。
あまぁい、いい香りです。
 
Cimg6426
麹をよくほぐしていきます。
今回、米麹と麦麹の違いを知っていただこうと、両方を使って合わせ味噌にしました。
真っ白で乾いた感じの米麹と比べ、麦麹はくすんでぺとぺと(べとべとではなく)した感じです。
「麦麹の方が香りが強く、米麹味噌は甘みが強くなります。
好みに合わせて麹を選んだり、混ぜたりするといいですよ」
Cimg6422
ほぐした麹にお塩を投入!
またよく混ぜます。
皆さんの手がいっぱい伸びて動いて(笑)、「手仕事」という感じですね~
Cimg6429
さて、お次は茹であがった大豆の登場です!
Cimg6433
大豆はよく潰しますよ~
Cimg6437
ん?みんなで頭を寄せて何か秘密の会議??
いやいや、皆さん体重をかけて「一心に大豆を潰すの図」です(笑)
ちょっと硬めだったので時間がかかりましたが、みんなでワイワイ盛り上がりました!

Cimg6447_2
大豆が潰れたら、先ほどの麹にお塩を混ぜたものを加え、よく混ぜ込んでいきます。

Cimg6456
よいしょ、よいしょ!なかなかの力仕事だ~

Cimg6449
まとまらない時は大豆の茹で汁やさ湯を加え調節しながら混ぜていきます。この茹で汁を加えるのは、お味噌に色を付けるのが目的だとは初めて知りました。

西の方(水俣も)は色を付けないさ湯を加えるのが多いそう。地域による文化の違いがこんなところに現れていて、面白いなあと感心。

Cimg6462
お~だんだん粘土が出来て・・・、いやいや、お味噌になってきました!

Cimg6465
どどど~ん!!これが今回の全量です。

「なかなか上手、いい感じですよ」と緒方さんに合格をいただきました^^

Cimg6469
喧嘩しないよう(笑)みんなで等分して、持参の容器に詰めていきます。

Cimg6475
詰め方にもコツが!

空気を抜くように容器の隅から詰め、表面にお塩をぱらぱら。ラップをして出来上がりです! あとは、カビが出たら取り除くなどしながら、お味噌として使えるようになるまで3か月、首をなが~くして待ちます。

Cimg6495_2Cimg6499
イベントの最後に、出来立てのもの(上の真ん中)と、水俣エコハウスで作ってちょうど3か月たったお味噌(上の両端)と、緒方さんのお味噌(手前の3つ)を、見比べ、香り比べ、食べ比べしました^^

右の米味噌、2年後にはこんな黒いくらいの色になるとは、びっくり。こうやって比べてみると違いがよく分かって面白いですね◎

参加者と緒方さんとの質疑応答の時間もとれ、皆さんご満足の様子。

やはり講師の方がいてくださると、一つ一つの工程の意味や、プロならではのお話が聞け、説得力と安心感が違います。

またやらないんですか~?と聞かれることも多く、地域のその道の方々とつながって一緒に今回のような場を開いていけたらと思いました。

緒方さん、参加者の皆さん、素敵な水俣エコハウスの1日をありがとうございました^^/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

「ミニ門松つくり体験会」番外編

 
「ミニ門松つくり体験会」では、参加者のミニ門松つくりと並行して、
水俣エコハウス用の門松もスタッフで作製しました。
 
Cimg5728
 
ミニ門松よりぐっと難易度もアップ!
斜めに切るのも一苦労!?
 
Cimg5815
 
賑やかにみんなでいいですね^^
斜めの切り口も、節付きの「笑い竹」になってて、愉快に福を招いている感じ!
 
 
Cimg5814
 
近所の方に事前に習って何度も練習していた「男結び」の出来はどうかな~
上から3周、5周、7周と巻いて、男結びで留めます。
「七五三」ですね^^
 
Cimg5854
 
まあ、立派な門松の完成です!
今年は上達して、昨年よりきれいにできました~
毎年続ける大切さをこんなところでも感じました。
 
作り方も何も知らずに一昨年から始めた水俣エコハウスの門松つくり。
地域でみんなで作るという機会もなくなっていくなか、自分が関わる場所や仲間と挑戦してやってみるというのはなかなか大事なことになってくるかもしれませんね!
今年も残り少しとなりましたが、皆さんのご来館を門松共々、お待ちしています!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

冬のイベント「ミニ門松つくり体験」を開催しました。

19日の日曜日に、「ミニ門松つくり体験」を開催しましたよ!
市報に募集が載ってすぐに定員になった人気の催し。
なかなか自分では作りださないけど、機会があれば手作りしたものを飾ってお正月を迎えたい、という方が多いことが分かりました。
 
これ、当日よりも前日までの準備が結構大変なんです。
 
Cimg5722
 
ん?何をして遊んでるんだろう、このおじさま達は??
 
Cimg5725
 
遊んどらんわい!!
ミニ門松の土台になる太い竹を切っています。
 
Cimg5731
 
どど~ん!
竹林から伐り出すところから、今回も建築士会水俣芦北支部の皆さんや近所の方が手伝ってくださり、用意することができました。
 
Cimg5718
 
他の材料(松・梅・南天)も山に取りにいったり、取ってきていただいたり。
どれも今年はきれいなものばかり◎
 
Cimg5720Cimg5735
 
さあ、これで参加者の皆さんをお迎えすることができます^^
 
Cimg5767
 
当日はいいお天気に恵まれました。
まずは皆さん外に出て、竹を切る作業から開始です!
 
Cimg5762
 
う~ん、斜めに切るって難し~
でも、お母さんやお父さんに手伝ってもらって挑戦!
 
Cimg5787
 
えいや!?
切り落とした記念の決定的瞬間です(笑)
 
Cimg5795
 
さて、中の細竹を6本斜めに切って、太い竹に固定するところまで終わったら室内に移動。
飾りつけを行いました。
 
Cimg5793
 
皆さん思い思いに飾っていかれます。
 
Cimg5800
 
今年は皆さん大胆な飾りつけで、予定時間より早めに完成しました。
去年はじっくり時間をかけてされる方が多かったので、こんな違いも出てくるんだなと面白かったです。
 
Cimg5809
 
わ~、華やかで美しいですねえ!
一気に気分もお正月♪
 
Cimg5738
Cimg5808
 
完成した後は、薪ストーブの灰受けでじっくり焼いておいた焼き芋を頂きました^^
う~ん、美味しそう!
この唐芋もエコハウスの畑で苗から育てたものなんですよ(自慢げ)
 
今回も皆さんに喜んでいただき、好評のうちに終了するこができました。
大事に持って帰られる後姿に、それぞれのお家で飾られ、お正月が迎えられているところを想像し、あったかい気持ちになりました。
水俣エコハウスで行う催しが、皆さんの暮らしやお家に色を添えるものでありたいなと、改めて思いました^^
ご協力いただいた皆さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!!
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧