エコハウス普及イベント

2019年8月20日 (火)

土壁塗り体験・泥だんご作りの報告です

7月27日(土)の晴れた日の朝。

皆でいっせいに土を塗りたくる土壁塗り体験と、

 

Cimg3629

Img_0110

 

その土壁と同素材のボールを白・赤・青・黄の漆喰で仕上げた、

滑らかでぴかぴかに光る泥だんご制作。

Img_0194

Img_0210

 

左官さんのご指導のもと、土壁や漆喰に触れるこのような催しを、

先月27日に水俣市こどもセンターで行ないました。

エコハウスでも馴染深い土壁・漆喰に直接触れて体感できる機会でした。

また、今回の会場でもある子どもセンターも漆喰壁が使われています。

Img_0132

Img_0231

 

***

当日の様子・・・

Cimg3615_20190820143801

まずは土壁塗り。

竹の編まれた土台に、藁スサがよく混ぜられた土を塗っていきます。

Img_0096_20190820144201Img_0097

左官さんで今回の講師をしていただいた(有)溝口工業さんに、

これから塗っていく土壁についてのお話を聞かせていただきました。

保護者も含め参加者全員が、講師の説明に集中していました。

それから、足でベタベタ!土を踏みやわらかくします。

Cimg3631

ボールくらいの大きさを握り、えつり壁(土台)につけていきます!

Cimg3634

Img_0126

Img_0142

 

最後の仕上げに、左官さんが土壁を塗る様子を皆で見学させていただきました。

 Img_0158

Img_0155

Img_0161

ざらざらの面を着々と滑らかにする、ずっと見ていられそうな腕前と、

短い時間で完成したその美しい仕上がりに客席からの拍手が起こりました。

 

土壁についての質問も出たり、少しお話をしてから室内に移動していきます。

Img_0134

Img_0093  

部屋に戻り、休憩を終えたあと、これから作る泥だんごの説明を受けます。

上の写真からでは見づらいですが、泥だんごの断面について話しています。

中身は先ほどの土壁と同じ藁スサが仕込んである泥。

そして上に2層の漆喰(中塗りと、色つきの上塗り)が塗られています。

Img_0173

漆喰について知った後、1人1つのボールに漆喰を塗っていきます。

最後に塗る、「のろ」と呼ばれる上塗りの漆喰は塗りムラも出やすく、

固まりやすいので難しいですが、皆さん静かに集中して取り組んでくれました。

Img_0171

全体が馴染んで来たら、コップの縁を使って磨いていきます。

完全に乾く前の漆喰は、磨けば磨くほど光を反射する性質を持っています。

Img_0205

Img_0207_20190820155401

気付けば保護者もスタッフも夢中になって磨いていました。

Img_0214

漆喰を使った、作る人によって表情が全く異なる泥だんごは、

土壁や漆喰を学ぶ教材としても優れています。

泥だんご作りはご連絡いただければエコハウスで体験できます。

またエコハウスを見に来られたほとんどの方は、見学後

ゆっくりお話してくださったり、

部屋の中にいると落ち着くと言ってもらえます。

今回の土壁塗りで体験したような、泥に一度でも触れると誰でも夢中になる

土の魅力や親しみが土壁にあるのだと思います。

ぜひエコハウスに見学にもいらしてください。

Img_0083

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

「土壁塗り体験・泥だんご作り」開催のお知らせ

土と木、紙、藁、そして竹が原料のエコハウス室内も、

少しずつ蒸し暑くなってきました。

エアコンの無いエコハウス。それでも涼しく感じられる工夫の1つが、

赤土と砂と藁スサでできた芯に漆喰を塗る土壁です。

 

吸湿効果を持つ漆喰仕上げの、手に触れるとひんやり冷たい土壁。

そこで今年の夏は、左官職人の伝統工法による「土壁塗り体験・泥だんご作り」を開催します。

Dsc02604

泥だんご作りは一昨年(2017年)と、その前の年(2016年)も行ないました。

土壁・漆喰塗りの技術を応用することで、

光りが反射して輝くきれいな泥だんごが作れるのです。

Dsc02559

***

「ピカピカ泥だんご作り」のブログ記事(2016年)

***

土壁は、竹で編まれた「えつり(竹小舞)」と呼ばれる土台に、

藁が仕込まれている粘土質の土を塗っていきます。

Img_1700

2016年に同じ水俣市内にある「わかたけ保育園」さんで、

竹小舞を編むワークショップが開催されたのですが、

エコハウス管理人も2名参加し、土壁塗りも経験させていただきました。

***

「えつり(竹小舞)ワークショップ」のブログ記事(2016年)

[前半] [後半]

***

今回のイベントを通じて、左官職人の伝統工法とエコハウスの土壁について

知ってもらえたら、そして興味を持っていただけたら嬉しい限りです。

 

---

「土かべ塗り体験・泥だんご作り」水俣市こどもセンター・エコハウス共催イベント

場所:水俣市こどもセンター

日時:7月27日(土)午前9時~12時 小雨決行

参加費:無料(事前にお申込みが必要です)

定員:親子20組程度

問合せ:水俣市こどもセンター(TEL:0966-63-8411)

講師:(有)溝口工業

※当日は、市こどもセンターの駐車場は利用できません。

島巡り駐車場(水俣川堤防下)を利用して下さい。

※詳しくは、こどもセンター、または水俣エコハウス(TEL:0966-84-9006)まで。

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

キャンドルナイト楽しみました

6月22日、夏至の日の夕方

Img_0035

水俣エコハウスではじめてのキャンドルナイトです。

ようこそ~

Img_0038

灯すろうそくは、水俣のはぜのき館の和ろうそくです。

ハゼの実の木蝋で作られています。

Cimg3476

木や竹、野菜を使っていろんな燭台を作ってみました。

Img_0025

もうひと種類のろうそくは、お料理に使った菜種油を固めて作りました。

天ぷらの匂いがしておもしろい。

Img_0029

子どもたちとランプシェードを作ります。

Img_0053

紙はエコハウスの障子紙。和紙は光を柔らかく通してくれます。

Img_0064

さあ、日が暮れました。

Img_0085

おはなしのろうそくにも火をつけて、おはなし会のはじまり始まり・・

Img_0089

Img_0104

愉快なのや怖いのや

Img_0131

ろうそくで照らした小さな影絵もありましたよ。

Img_0012  Img_0008

Img_0144

楽しかったね。またやりたいね。

Img_0094

 Img_0099

| | コメント (0)

2019年5月31日 (金)

キャンドルナイトおこないます

こんばんは。

4

突然ですが、夜の水俣エコハウスです。

6月22日の夏至の夜に

エコハウスでキャンドルナイトをおこないます。

1

電気を消して、和ろうそくの灯りで

夜のエコハウスをお楽しみください。

19053101

お申し込みは水俣エコハウス(0966-84-9006)へ。

| | コメント (0)

2019年3月 8日 (金)

今年も開催しました「あれくれこれやる」

まだ使えるけど、うちではもう使わない…物を持ち寄って譲り合うイベント「あれくれこれやる」
3年目になりました。

Cimg1346_2

毎年決まって出品してくださる方、今年初めて参加してくださった方、
皆さんのおかげで今年もたくさんの品々が集まりました。

Cimg1101

2階の子ども室に並べて、
新しい持ち主さんは来てくれるかな?

Cimg1151

「うちのお人形、さっきの子が持って行ってくれたよ!」と女の子。
そうそう、誰かが大事にしてくれると思うと嬉しいんだよね。

Cimg1268

「家を片付けようと思って出したのに、それ以上にもらって帰っちゃうんですよね~」と笑うご婦人。それもわかります~。

Cimg1201_2

そして、1階の家族室では「マイ箸づくり体験」を開催。

Cimg1162

竹、杉、桧、ヒバから材料を選んで、カンナと小刀で自分だけのお箸を作ります。

Cimg1254

なかなか難しい、けど楽しい!おとなも子どももはまって作りました。

Cimg1206

千代紙でお箸袋も作りましたよ。すてきでしょ。

Cimg1239

エコハウスで育てた(選別にすご~く手間のかかった)ゴマをたっぷり入れたクッキーと

Cimg1339_3

市内の麹屋さんのできたての麹で作った甘酒も好評でした。

Cimg1275

来年も開催予定ですので、ぜひいらしてくださいね。

Cimg1332

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

今年もやります「あれくれこれやる」

Cimg0996

春がそこまでやってきましたね。

Cimg1003

水俣エコハウスでは、今年も不用品譲渡交換会「あれくれこれやる」をおこないます。
3月2日(土)、3日(日) 時間は11時~15時です。

「もう使わないけど捨てるのはもったいない。誰かに使ってもらえたら嬉しいな。」
そんな品物を持ち寄って、お互いにお金を介さずゆずり合うイベントです。

こちらは去年の様子です。

Cimg4478

Cimg4423

 

Cimg4383

大切にしていた物をもう一度活かすために、ぜひいらっしゃいませんか?

「あれくれこれやる」のルールはこちら。

Cimg1012

もちろん、あげるだけ、もらうだけ、見てみるだけでも大歓迎です。


そして、当日は「マイ箸づくり体験会」もおこなっています

Cimg0953

竹、ヒノキ、杉、ヒバの中から好きな材料を選んで、自分のお箸を作ってみませんか?

Cimg0956

参加費無料です。
お箸袋もつくってみよう。

Cimg1006

おいしい甘酒やクッキーも用意して、皆さんのお越しをお待ちしています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

障子の張り替え、やってみた!

Cimg9540


冬めいて来た11月23日、24日、イベント「障子の張り替えやってみよう!」を行ないました。

  1日目

当日の朝、お散歩中の方が「障子かー。子どもん頃は毎年張りよったなあ。」と懐かしそうに声をかけてくれました。

Cimg9389

講師は渕上畳店の渕上学さんです。

Cimg9412

道具も一式持って来ていただきました。

Cimg9415

まず、障子を外しますが、その前に正しい位置にはまっているかを確かめます。
基本は、2枚障子なら右が手前で左が奥。4枚なら真ん中2枚が手前で両側が奥です。でもエコハウスの寝室の障子は逆になっているんですね。
外したら、どれがどの位置の障子かわかるように、上の部分など見えない場所に、鉛筆で番号などを書いておきます。

Cimg9420_2

家族室の大きな障子も外して外へ。

Cimg9425

そして水をかけると

Cimg9430

ぴらぴら~とおもしろいように、はがせます。

Cimg9433

ぴら~ぴら~。

と、こんなふうに気持ち良くはがせるのは、自然のでんぷん糊を使っているからです。
接着剤(化学糊)を使うと粘着力が強すぎて、紙が張りついて残ってしまって、やすりで削らなきゃならなくなったりするそうです。

障子は、「障子紙を張り替えること」が前提です。
だから「はぎやすいように張る」ことが大切なのです。

 

Cimg9442

残った紙や汚れを、ヘラやブラシ、濡れ雑巾などで落とします。


Cimg9539
はがした障子紙。
これ、もう一度張れるんじゃない?というくらいまだまだ丈夫です。

Cimg9535

もちろん日焼けもして穴や補修の跡もついていて、暮らしの歴史が刻まれてて、それはそれで味がありますよね。
水俣エコハウスでは、補修や展示などで再利用します。
でも、障子の張り替えの醍醐味といえばやっぱり…

Cimg9449

Cimg9451_moment

子どもたちの、障子破り!!
(一部のおとなの方も参加されていました。)

Cimg9461

見事にぼろぼろ

Cimg9478

丸洗いしなくても、こうやってスポンジや刷毛で濡らしてもOK。きれいにはがせます。

Cimg9527
きれいになったら室内でひとばん乾かします。
木が反っちゃうから直射日光には当てないようにね。

Cimg9511

その後、室内でお茶をしながら、
渕上さんに、参加者の質問に答えてもらったり、
障子の歴史や和紙の特徴、アレンジ方法などを教えてもらいました。

  2日目

Cimg9545_2

さあ~今日は障子を張りますよ!

Cimg9566


最初に、障子の裏表を確かめます。つるつるした方が表です。エコハウスでは部屋側が表になるように張ります。

水俣エコハウスの障子紙は浮浪雲工房の手漉き和紙。
和紙は、通気性、調湿性に優れているし、自然な色合いが心を和ませます。
今は、破れにくい、水に強い、張りやすいなどのケミカルな紙が多く出回っているけれど、
障子本来の良さを生かすためには、やはり和紙がいちばんです。

Cimg9574

次に、糊を刷毛で練ります。みんなで、ねりねり…。

ではいよいよ、張っていきます。

Cimg9591

刷毛で糊をつけて、最初は緊張しますね。

Cimg9597

少し大きめに切った紙をはって、

Cimg9616

はみだした所に定規を当てて、カッターナイフで切り落とします。

Cimg9641

こちらは、立て掛けず、台の上に寝かせて張るやり方です。

Cimg9649

この障子は糊しろ部分に段差があるので、定規ではなく金属ヘラ(お好み焼きで使うようなもの)で押さえて切ります。

仕上がった障子を正しい位置にはめたら、完成です。

Cimg9661

みなさん、ありがとう。お疲れさまでした!!

Cimg9717

Cimg9712

日本の風土にあった住まいの中で大きな役割を果たしてきた障子。
これからも大切に使い続けていきたいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

イベント「障子の張り替え、やってみよう!」のお知らせ

早いもので、もう11月。今月のイベントのご案内です。

Cimg8938

障子は、日本に昔からある馴染み深い建具です。
かつては、年末には家族で障子の張り替えをして、新しい年を迎えていました。

でも今の若い方たちには、張り替えも、障子自体も、身近でなくなりつつあるのかもしれませんね。
みんなで張り替え作業をしながら、障子の良さを改めて感じてみませんか?

講師は、渕上畳店の渕上学さん。障子や襖(ふすま)の張り替えも手掛けられる職人さんです。張り替え作業だけではなく、障子の歴史や、補修方法、おしゃれなアレンジ方法なども教えていただきます。

日時 11月23日(金・祝)、24日(土) 13時~16時
場所 水俣エコハウス
参加費 無料
定員 10名

 1日目は古い障子紙をはがして枠を洗う作業、2日目は新しい障子紙をはる作業です。
 どちらか1日だけの参加でもOKです。
参加のお申込みは、水俣エコハウスへお電話でお願いします。

こちらは、昨年の張り替えの様子です。

Cimg3564

Cimg3573

Cimg3614

Cimg3666

きれいでしょ~。

そして今年は
Cimg8947
エコハウスでいちばん大きなこの障子を、建設以来初めて(*^.^*)張り替えます。
障子紙はもちろん地元の浮浪雲工房の手漉き和紙です。

ご参加お待ちしています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

イベント「水俣エコハウスのエコライフセミナー」を開催しました

5月26日(土)「エコライフセミナー」を開きました。
講師は、環境省がエコハウス事業を行なった際の、水俣エコハウスのアドバイザーである建築家の篠節子さん。豊富な知識と実践を軽快な語り口で。

Cimg5950_3

まず、「水俣エコハウスはすごい」というおはなし。
この地域にあった住まいであること、自然素材を地産地消していること、伝統技術が継承されていくこと、地域の経済活性化に役立つこと。すごいね。


また篠さんたちは、これからの日本に伝統的木造住宅を残していこうという運動をされていて、水俣エコハウスはその中でひとつのモデルになっているそうです。
そうなんだ、すごいね!


さあ本題。
なぜエコ? 今の日本人の暮らしを世界中の人がしたら、地球が2.7個いるそうです。それはまずいでしょ
じゃあ、どうやって変えていくか?


上手に自然エネルギーを使う住まいや、省エネ機器の利用や、暮らし方の工夫、ですね。
家を建て替えなくても、湿度を調整したり、換気をしたりして工夫できることはあります。

Cimg5952_2


ちなみに家庭での消費エネルギーは、意外に暖房や給湯が大きいそう。
エコダイアリー(環境家計簿)をつけて自分の利用状況を知ると、改善していけますね。



ではここで、
ちょっとしたエコ。
例えば…
 冷蔵庫はガスコンロから1m以上離す。
 お風呂は長時間保温し続けないで、次の人が入る時にお湯を足す。
 夏と冬で寝る場所を替える。 などなども、教えてもらいました。



それではみんなで描いてみましょう!
というわけで、2班に分かれてワークショップ。


Cimg5960_2

今やっているエコ、これからやってみたいエコ。
自分では意識していなくてもエコなことをしていたり、他の人の工夫がすごく参考になったり、わいわいおしゃべりしながらエコライフを考えました。


Cimg5963_2



Cimg5973_4


チームごとに発表しま~す。そして、記念写真。

Cimg5988_2

さあ、描いたエコライフ、今日から実践ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

イベント「本格苔玉作り体験会」を開催しました!

こんにちは

九州が梅雨入り宣言しましたね
雨が続くと気分も気味…
水俣エコハウスでは、5月12日に
建築士会水俣芦北支部青年部主催で
清涼感あるイベント
「本格苔玉作り体験会」を催しました。
Cimg5574

屋外の藤棚の下を会場に
風薫る5月、
Cimg5571_3
天気にも恵まれなんと気持ちのいいこと!
 
Cimg5617

講師の青年部部長のOさん、丁寧に教えてくださり (*^.^*)
Cimg5619_2
和気あいあいとした雰囲気のなか
作業も順調にはかどります
 

苔玉に植え込む植物は、
山あじさい、南天、シダ、モミジ…などなど
 
エコハウスの雑木を植えてみたり、
石をアクセントに植え込む方まで!
何を植えるかは自由です!
Cimg5637
山あじさいを植え込んでいるところです。
Cimg5652_2
2個目に挑戦!
Cimg5641_3
大きさや植え込む植物、植物の植え方など、
それぞれの感性で
オリジナリティーあふれる苔玉ができました

Cimg5628_2

お家にグリーンがあると

和みます~
Cimg5565_2
苔の成長がこれから楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧