エコハウス歳時記

2018年6月 9日 (土)

梅の季節ですね

今年は梅が豊作と聞いて、
去年作った梅ジュースは好評だったし、今年もつくりたいね。梅干しも漬けたいね。
では、いざ、収穫sign01
Cimg5889
たわわに実っています。

Cimg5900

Cimg5903
傘に集める作戦sprinkle

Cimg5911
おもしろくて夢中で採りました。

Cimg5912
Cimg5910
梅の香りでいっぱいのエコハウス。

Cimg5998
選別して洗ってヘタをとります。近所の小学生たちが手伝ってくれました。

Cimg6006
梅干し用に樽に塩漬け。

Cimg6007
Cimg6009
裏庭の石を重石に使いました。

Cimg5810
梅ジュースもいっぱいつくりましたheart01 楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

グリーンカーテンをつくりました。

外作業も汗ばむ季節になってきました。
 
今回はグリーンカーテンをつくった様子をお伝えしたいと思います。
 
さて、エアコンのない水俣エコハウス。
 
居間の、軒の出は深く、2mあり、夏の日差しが部屋まで入り込まないつくりになっているのですが、
 
壁面や地面からの放射熱も暑さの一因なんですね。
 
その地面近くの温度を抑える効果のあるらしい、グリーンカーテン。
 
今年は、エコサポメンバー7名の皆さまにグリーンカーテンの設置のご協力をお願いしました。
 
エコハウスは、グリーンカーテンの支柱も、自然素材のもので、竹を使います。
 
① まずは、昨年つかった竹の支柱を外します。土を耕します。
 
Cimg8082
 
② 支柱となる竹を通して支える材が庇にとりつけてあります。その材までの長さを確認しながら、竹を切っていきます。
 
Cimg8193
 
 
③ 竹を材に通して、立てます。
 
Cimg8115
 
 
⓸ 2本ほど竹を横に渡します。
 
Cimg8116_2
 
 
➄ 下から一番上まで麻紐を張ってネット状にします。
 
Cimg8119_3
 
 
⑥ 土に苗と種を植えます。
 
Cimg8126
 
⑦ 切った竹の残りは、畑の支柱として、薪ストーブの焚き付けとしてつかいます。
 
Cimg8129_2
 
 
 
今回植えたものは、ヘチマ、ササゲ、それにきゅうりと空中やまいもも植えました。
 
その間にぽつぽつと 朝顔、フウセンカズラの種を蒔きました。
 
Cimg8130_2
 
完成!
 
さて、作業の後は、かるいお昼ごはん。
昨年度のイベントで作製したお味噌をつかってのお味噌汁と、エコハウスでつくった切り干し大根をつかった煮物、おにぎりをいただきました。
 
Cimg8089
 
作業の後は、一段と風が気持ち良く感じます。
 
 
どんな風に育つでしょうか。空中やまいも、すごく気になります。(みなさん知っていますか?)
成長が楽しみですね!
 
そして夏の暑さも気になります…管理人2人はエコハウスでの夏の暑さを経験しておりません。
 
 
気になる方は、是非エコハウスに足を運んでみてください!
 
そして濡れ縁で心地よい風を感じながらひと休みしていってください!
 
Cimg8198
 
ご来館お待ちしております。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

夏は、暑い!

Cimg4086_2
今日も暑い水俣です!

Cimg4084_2
午後1時、外気温34度、室内は33度です。

エアコンのない水俣エコハウス、風が抜けて気温ほど暑さは感じず、

来館者からは「涼し~。え!?本当にそんな室温あるの?」という驚きの声があがります。

それでも猛暑日の日は室温34度の日もあり、今夏の暑さにはまいりましたヨ。

Cimg4091_2

まいっているのは人間だけじゃないですね。 

草木もぐったり、グリーンカーテンも太陽に完敗?

それもそのはず、この暑さに加え、水俣では1か月以上雨のない日が続いています。

(夕立は1回だけ!)

Cimg4094
古風な扇風機をお供に、「あっち~」と言いながら事務作業に励みます(笑)

Cimg4089_2

赤く燃える唐辛子のように、太陽光パネルのように、私もこの暑さをエネルギーに変換して、せめて心は熱くありたいけれど・・・

とかなんとか弱音を吐いてはおりますが、

Cimg4088
ご覧ください!

裏のコナラの木にどんぐりがついているのを発見!

それに昨日あたりから、エコハウスを吹き抜ける風の涼しさが明らかに違ってきたのを感じます。

この暑さのなかで季節はちゃんと移りゆく準備を始めてくれているのだなあと感心し、うれしくなりました。

暑い夏を「暑い!」と言って、打ち水をしたり、風鈴の音に涼を感じたり、

自然の小さな変化を喜び合ったり、しながら過ごしていると、

なんだか人間くさくて悪くないなあと、私たちが忘れていっているものがここにあるのを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

七夕に向けて

七夕まで一ヶ月、
今年は欲張って、玄関、土間、室内と3本笹を立てました。
 
Cimg3055
 
Cimg3084
 
Cimg3083
 
短冊を用意していますので、ご来館時には是非お願い事を書いていってくださいね^^
もちろん、飾り作りも大歓迎!
 
土壁や漆喰、木が呼吸してさらさらしている水俣エコハウスの室内で、
梅雨のひと時を過ごしませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

お気軽にお越しください

来館された方からよく言われる言葉があります。

「何だか入りづらい」

「家を建てる人が来るところだと思っていた」

決してそんなことはありません。

家を建てなくても、誰でも見学OK!

本よみ場として少しですが本も置いているので本を読みに来るだけでもOK!

Cimg2639
管理人手作りの野草茶やハーブティーを飲みに来るだけでもOK!

Img_0679
エコハウスで採れた種も無料で配布しておりますので種をもらいに来るだけでもOK!

(ヒマワリの種はあとわずかです。欲しい方はお早めに・・・)

Cimg2636
お弁当を持って来て、管理人と一緒にお昼を食べてもOK!

管理人とお話をしたいだけでも、もちろんOK!

Cimg2422

少し入りづらいかもしれませんが、いつでもお待ちしておりますのでお気軽にお越しください。

休  館 日:月曜日、年末年始

開館時間:10:00~16:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

咲くかな?

門松に生けてある梅。

Cimg0756
蕾が膨らみ始めているような気が・・・

Cimg0755


花は咲くのでしょうか?楽しみがひとつふえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

歳時記で見るエコハウス(秋)




はや秋の風が本当に心地いい水俣エコハウスです。

来館者の方々も、皆さん「風の通りが気持ちいい」とおっしゃいます。

エコハウスのあちこちで秋の季語が見つかります。

Img_1001
「二色の絵具に足るや秋の雲」 -招波 (季語:秋の雲)

Img_1009

秋の空は抜けるような青と白い雲、その二色で事足りる感がありますね。

そこにエコハウスの白壁が加わって、秋の情景も深まるようです。

Img_0982

朝顔は夏のイメージがありますが、秋の季語なんですね。

立秋以後は花は小さくなり日ごとにか弱くなっていきます。一回り小さく色も薄くなった朝顔が一つ咲いていました。

「朝顔の紺の小さき暮らしかな」-岡本猿人

Img_1003


無花果の実が色づいてきました。

Img_1006


濡れ縁の側で枝葉を広げるエコハウスの無花果。

「手がとどくいちじくのうれしさよ」-山頭火

その気持ち、よく分かります!

Img_0991

エコハウスの菜園の裏側にひっそりと咲く彼岸花。

燃えるような、寂しいような、里の秋のような花ですね。

水俣の作家、石牟礼道子さんの句、

「ふくろうのための彼岸花夜さり摘む」

Img_1004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

歳時記で見るエコハウス(夏)

P1010537_3
夏です!

気温34度、室内も33度あります;

風が吹き抜けるため体感的に助かっていますが、まだ体も慣れておらず人間はぐったり気味、

そんな暑さの中でも、

「やがて死ぬけしきは見えず蝉の声」 ―芭蕉

P1010533

エコハウスの周りでも、ジージー元気に鳴いています。

冷房のない水俣エコハウス、暑さが我慢できないときに頑張ってくれるのはこの人(?)、

「一力の古扇風機風起す」 ―山口誓子

P1010546

畑では茄子やトマトやキュウリが日差しに負けず実をならせている姿に感謝というのか感心します。

「雑草に交らんと紫蘇匂ひ立つ」 ―篠田悌二郎

P1010539

人間も光合成ができれば、人間界の様々な問題がなくなるのでは、なんて思ったり。

草木や生き物たちの方が、静かに、力強く、賢く、共に、生きているのかもしれませんね。

「初なりの紫紺かしこき茄子かな」 ―日野草城

P1010548

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

歳時記で見るエコハウス(3)

「樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ」 ―日野草城

Kimg1340

梅雨です。

雨の日の水俣エコハウスは、南側の大開口部を庭木の濡れた緑が鮮やかに縁取り、読書に耽りたくなるような静かな時間と雨の音が流れます。

先日家族室に敷いていたカーペットを濡れ縁で手洗いし(重くて大変でした!)、

夏用のい草座布団を出すと、すっかり夏仕様のエコハウスに。

Kimg1336

「夏座ぶとんひとの全く来ぬ日あり」 ―及川貞

雨の日の今日はそんな一日。

来館者はやはりお天気のいい日が多いですが、この穴場的な雨の日のエコハウスにも、

本でも持ってゆっくりいらしてみてください。

最近のエコハウスでは花の植え替えを行っていました。

家周りのプランターや空いている所、駐車場の花壇などに、花いっぱい運動で頂いたサルビアやマリーゴールド、種から育てた向日葵や朝顔などを沢山植えました。

この時期の花と言えば紫陽花。

去年管理人が家から持って来て挿し木して育てた紫陽花が、今年はエコハウスに根付き、まだ小さいですが美しい色を楽しませてくれています。

「あじさいのどの花となく雫かな」 ―岩井 英雅

Kimg1337

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

歳時記で見るエコハウス(2)

春も深まり、初夏へと向かっている水俣です。

水俣エコハウスで見つけた光景を歳時記(俳句の季語辞典)で引いてみる、このコーナー。

春の季語が使える時期もそろそろ最後ですね。

Cimg6888
「小でまりの花に風いで来りけり」 久保田万太郎 

季語の「こでまりの花」は、中国原産のバラ科の落葉低木の花です。

水俣エコハウスのこでまりは、近所のものが咲き誇っているのになぜか随分遅れていたので心配しましたが、こうして咲き始めました。

風も思わずそよぎ寄りたくなるような、美しい白が青空に映えています。

でも、こちらの句の方が、こんないいお天気の昼下がりには、誰かさんの本心にぴったりかも?

「こでまりや盃軽くして昼の酒」  波多野爽波

Cimg6898

「畳目にまぎれて春の蚊なりけり」  岡本眸

そう、もう蚊の出てくる季節となりました。

夏の水俣エコハウスでは蚊取り線香が欠かせません。

しかし、夏に詠むのではなく、「春の蚊」として季語となっています。

ちょうど一匹の蚊が、まだどこか弱々しく管理人のまわりを飛び、ぱちりとやられて畳の上に。

エコハウスの畳の目はとても細かく、蚊もまぎれるのは難しい?

中は藁床なので足触りがとても気持ちよく、来館者も気に入られます。

立夏(五月六日頃)を過ぎればもう夏となりますね。

巡りゆく季節に合わせて表情を変えていく水俣エコハウスの情景を、季語に託してまたご紹介していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧