エコハウスで手作り

2017年2月 8日 (水)

棟梁と、手すり作りに挑戦!(後篇)

2回で終わると思っていた手すり作りの報告も3度目、もうしばらくお付き合いください^^;
Cimg6206

水俣エコハウスに帰ってきました!
始めに作っておいた「けん竿」を用いて、柱に取り付け位置を印しました。
Cimg6257
どひゃ~ まさかエコハウスに穴をあけることになろうとは!!!(笑)
責任重大! いけ~
Cimg6278
ドリルで大まかな穴をあけたら、田口さんが鑿(のみ)できっちり仕上げていかれます。
見ていると、でこぼこがさがさだった穴の中の面が、ずばっと狂いなく撃ち込まれる鑿で、あっという間にきれいに仕上がっていくのです。
かっこいい~(゚m゚*)
Cimg6296
「簡単そうに見えることほど、難しい」と、「やってみないとわからない」というのが今回の一番の実感です!
なんでもやらせてくださり、その都度丁寧に教えてくださる田口さんにはもう感謝、感謝です。
Cimg6274
私の好きな1枚(笑)
鑿の並ぶ道具箱も素敵ですね!
Cimg6270
 
これは汚れやすい手すりに、桐の油を塗っているところです。
木のクワの油なのでなめても大丈夫、体にやさしいものです。
Cimg6303
さて、穴のほうはどうでしょう?
こうやって、深さや穴の中の面が垂直かなどを確認しながら、仕上げていきました。
ちなみに、この穴の深さは3.5センチです。
Cimg6308
 
すこ~し、まだ隙間がありますね。
家という大きなものを造る大工さんの仕事は、正直もっとざっと?してていいようなイメージでしたが、大間違い!
こんなに細かなものだとは・・・
ちなみに、大工さんによって、墨付けした線の上を加工する人や、墨の線を残して加工する人など、その人によって違うそうです。
それで、何人かで仕事をすると、家一軒が完成するとき1分(3ミリ)ほどずれが生じるそうです。
それを、建てている途中で、都合をつけて「逃がす」(収める)ということを教えてもらった時は本当にビックリしました!
それくらいいいんじゃないの!?と思ってしまうけど、「やっぱそれだけズレとけば、分かるもんな~」。凄いです。
Img_2051
さて、柱にほぞ穴があいたら、もう最後です。
あの柱と手すりをつなぐ部材をまず打ち込みます。
ホゾとほぞ穴は、「ちょうど良か」固さに加工できていました!
Img_2062
今度はそれに、手すりを打ち込んでいきます!
上と下との2か所を交互に、「はよせんば(早くしないと)、糊が乾くぞ~」とはっぱをかけられ焦りながら(笑)、かなりの強さでガンガン打ち込んでいきました。
Cimg6714


遂に完成です~

色白のヒノキでなかなかきれいです。
でも、面白いくらい目立たなくて、それくらい水俣エコハウスに馴染むものが出来たのが嬉しいことでした。
まさかこんな長いご報告をすることになるとは、「水俣エコハウスには、手作りのものがいい!」と言ったときには思いもせず。
でも、「ほんなら自分で作るや!」と応じてくださった棟梁の一声で、本当に貴重な経験を頂きました。
そして、ほんのわずかでも自分でやってみたことで、水俣エコハウスという、職人さんたちによって造られたものを見る目が改まったことは、思いがけない収穫でした。
話しを聞くだけではわからない世界に少しでも近づき、それを来館者の方々のご案内時に、少しでもお伝えできたらなぁと思います^^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

棟梁と、手すり作りに挑戦!(中編)

「前編」から時間が経ってしまいましたが、手すり作りの報告の続きです!

Img_1979

さて、前回は手すりになる角材に上写真のようにホゾ穴を開け、そこに差し込む部材を途中まで作って時間切れ。

Img_1968

これがその部材。小さいけど、柱と手すりをつなぐ大事なヤツらです。

2つでいいのですが、1つは「失敗したとき用に作っとこうかい」との棟梁の配慮です^^;

Img_1971

前回苦労した「胴付き鋸」で表面に切込みを入れた後は、縦の切れ込みを機械の鋸で入れていきました。何度も歯を墨(線)に合わせてから、慎重に!

Img_1976
面取りカンナをかけます。

今回を通して、いろんな道具や機械に触れさせていただいたことも貴重な体験となりました。

道具の使い方や手入れの仕方を田口さんに教えていただきながら、ふと気づいたことがあります。

生活の中のいろんな道具も、今は「商品」として「完成形」を与えられるのが当たり前。

そうすると、そのモノに手を入れてより良くして使うとか、モノの方を疑うとかいう意識は、私にはなくなっている!

なんというか、頭も手もやわらかさを失って、つまんない人間になってしまっている!

ということでした^^;

差し金(定規の一種)は使っているうちに(定規の)目が不正確になっていくから、叩いたりして直し、常に自分で正確にしておくそうです。

「若いもんはそれも知らんもんなあ」

耳が痛い!既製品の「定規」を疑ったことなんてな~い!

知らないから、やらない、できない。

ちょっとしたことでも、営々と受け継がれてきたことを伝え、教えてもらう機会の大切さを改めて感じました。

Img_1983
 
あ、これが差し金(の小さいの)です。
今度はまた手すりの加工です。
いよいよ八角形にしていきます。

Img_1985

機械カンナで一面ずつ削っていきます。

Img_1988

こんなふうに、台に乗せて削っていけば八角になるという便利な台も、田口さんお手製です。

Img_1992

さて、また違う機械の登場。スライド丸鋸。

手すりの両端も、そのまま平らではつまらないと、斜めに面を落として、「亀の甲羅みたいに」盛り上がった形にすることに。

丸鋸の刃を斜めにして、一面ずつ八回、斜め切り! 息を止めて慎重に~ ああ、難しい!

Img_1999

ちょっとピンボケしてますが…
完成に近づいてきました!

Img_2001

最後に仕上げのカンナかけです。

やっぱり最後は手でかけます。

うう~ん、棟梁、見事な手さばき。しゅるしゅる~とかっこいい!

Img_2003

こちらの方は、そろりそろり!? (笑)

でも全部の面がきれいに仕上がるよう、納得いくまでやらせていただきました。

それによく切れるし、大変でしたが一番面白い作業でもありました^^

Img_2007

さあ、一日半かかって作業場で終わらせる工程がついに終了、手すりが完成しました!
あとは水俣エコハウスに戻って、取り付け作業です!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

お手玉作り

 
この前ご年配の方々が来てくださった時に遊んだお手玉、
知り合いの90歳のおばあちゃんが作ったものを借りてきてたので、自分達でも作ろう!ということに。
 
Cimg4487_3
 
それにはやっぱり雨の日のしっとりしたエコハウスがぴったり。
「晴耕雨読」という言葉が似あう水俣エコハウスです。
 
 
Cimg4491
 
そもそもどうやって縫ってあるんだろ~
借りているお手玉をお手本に、「俵型」を作ってみました。
調べてみるといろんな形のお手玉があり、もう一種類「座布団型」にも挑戦!
 
中身には何を詰める!?
小豆も数珠玉も手元にはないぞ~
 
Cimg4488
 
ひらめいた管理人shine
使い道が思いつかないままとってあった、エコハウスで育てた数年前の蕎麦!
出番がついにやってきました!
 
虫除けにぐらぐら茹でて・・・
 
Cimg4515
 
詰めつめ・・・
 
Cimg4512
 
きゅっきゅ・・・
 
Cimg4518
 
完成です^^
 
しかし作ったはいいけれど、問題は、実際にはお手玉遊びができない管理人💦
3つでやってみようとしてもぼとぼと落とし、かっこわるいこと(笑)
 
皆さん、教えに遊びにきてください~
お手玉だけでなく、昔懐かしいいろんな遊び方も是非、一緒に作って楽しむ時間を作りたいなと思います。
雨の一日も好きになりそう^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)